スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
久々にサイババの夢を見た。
今朝の5時過ぎとかですが、さっき、久しぶりにサイババの夢を見ました。

ホントに久しぶり。



どんな夢だったか詳細はあまり覚えてないのですが、

とにかくどこか広いところでなんとなく待ってたら、

サイババが群衆の中からパッと出てきました。


私もそれを見て、なんとなく待ってはいたものの、サイババの姿を見るのがホントに久しぶりだったもので、

そういう久しぶりなかんじに「あっ!」と軽く驚きました。



サイババは群衆の中から出てくると、ダルシャンを与える気があるのか無いのかよくわからない感じで、ものすごいスピードで移動しはじめて、群衆はあっという間に引き離されてついていけず、

サイババは猛スピードで単独でぶっちぎってその場を移動していました。

何か目に見えない乗り物にでも乗っているかのように。



わたしも反射的にスピードを上げて、同じスピードでサイババを追いかけました。


同じスピードで移動することができて、不規則な動きをするサイババに追いつくことができてはいのだけど、

私はその目に見えない乗り物のコントロールが自由自在というわけでなく、スピードを上げてもサイババなら自由自在に行っている急に止まったり突然まがったりなどの細かい動きがぎこちなくて、

私の下半身がその目に見えない乗り物ときちんと分かれてなくて混じってる感じで、
それがかえって、その目に見えない乗り物を自由自在に操る感覚をもてなくさせてるみたいでもありました。


そういう夢だったので、サイババとの対話という感じでは全然なくて、

単独、群集をぶっちぎって猛スピードで不規則に動き回るサイババを同じようにスピードを出して後を追って動き回っていた夢でいた。


目が覚めて、思ったのは、サイババの夢を確実に見ていたなと、単にそれを思ったけど、

これまでサイババの夢を見たときのような至福とか感動とかそういうのではなくてとてもなんと言うか、動きそのものであった夢でした。



目が覚めてもぼんやりしてたら、どこかの戸をコンコンと軽くノックする音が聞こえたので、

それが現実の訪問者ではなくて何かを促すしるしの音だという風に私は受け取って、

起き上がって水を飲み、今さっき見た夢をここに書き留めました。




明るくなってきた外でツクツクボウシがなく声がする?

と思ったら眼下に見える隣のビルの屋上を誰かがほうきで力強く掃き清める音でした。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2013/04/14 09:40】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
父のアルティとシルディサイババの夢
昨日は降誕祭だったけど、そういえば降誕祭のときに、こんなにいい席に座ったこと無かったな~と、思いました。

今はババの肉体が無いので生きてたころと人ごみの量は比べ物にならないですけど、それでも昨日はホールに入りきらずに、横のプールナチャンドラホールのほうにもあふれた人を入れていたそうです。

おかげで今朝もVIPの?日本在住のインド人の奥さんにくっついてって、普段座れないとこに座らせてもらって、席が確保されてて競争しなくていいからシャンティでした。

一応日本人グループとして入ったんだけど、今日のプログラムの出演者は朝はダルシャンに来ずに特訓してるので、インド人の奥さんのほかは私ともう一人の長期滞在者の3人グループだった。笑

ホールのセキュリティスタッフとしては見飽きた顔が今日はジャンプしてVIP席に座っててちょっと不条理な気持ちだったかも。


そういえば今朝は、父がサイクルワントホールでアルティをするのを見てる夢を見ました。

実際、今日アルティさせてもらうことになってるらしいのですが、なんといっぺんもやったこと無いので、昨日からどうやるのか父もちょっと予習してて、

そのイメージが来たのかな。


夢では、父は右手でアルティの火をぐるぐる回して、同時に左手は単独で自由にぐるぐる回してました。
わーわーわーってかんじで。

なので、あー、ちょっとちがう。。。
と思って、みんなびっくりしてたんだけど、ま、あれはあれでいいか、ということに夢ではなってました。


その後、私はサティアサイババは死んじゃったけど、シルディサイババはまだ肉体を持って生きてる、と思って、シルディサイババに会いに行きました。


シルディサイババのダルシャンのとこに行ったら
シルディババのサマディーのとこの白い像があって、
あ、像だったんだっけ???

と、少し混乱したのですが、

像でも生きてたらしく、そこから意識がこちらに向けられて、何らかの交流がありました。


そんな夢を見た。

シルディババの夢はめったに見ないので嬉しい。


今日は日本の人たちのプログラムの日だし、
なんか吉祥の日でもあるらしいので朝からほくほくしました。




少し時間ができたらシルディ村におまいりに行こうかな。

あ、シルディ村だったら父を連れて行けないことも無い、、、???


ちょっと日程的に厳しいか。


なんか。アガスティアの葉とか見てみたいなーとか父が言ってて、

でも1週間くらいあるなら連れて行けるけど自由な日が2日間じゃ、バンガロールに戻ってこないといけないし、無理だという話をしてて、

でも父はもう70くらいなので、5年分くらいしかないかもなと自分で言っていた。笑

まあ、内容量は少ないだろうねと私も同意した。爆


でもまあ、どんなもんか観光気分の遊びで見てみたい気持ちはあるらしい。
アガスティアの葉たいけ~ん、みたいな。

日本に帰ってからの話の種になりますもんね。



昔いっぺんあけようとしたことがあったんですが、
私が家族みんなの分をオーダーしたんだけど、あれは結婚直前だったな。てことは10年前か。

でも、結局すぐには出てこなくて、半年くらいややこしかったので返金してもらってキャンセルした。


私の葉っぱでは両親は別に見る必要ないけど、弟たちのはあけて、カルマ解消したほうがいいと書いてあったので。


結局その後放置で、

最終的には占星術で全員のをチェックして、やったほうがよさそうなプージャを全員分やって、よしとしました。



まあ父は27日くらいにインドを立つらしいのですでにお土産のことを考えてるみたいだけど。笑
今日が日本の人たちのプログラムの日なので(インドネシアの劇とセットでやるらしい)
楽しみに今日のそのときを迎えようと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/11/24 14:16】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今見た夢
今。ガネーシャぐるぐるとメディテーションツリーとサマディーダルシャンから戻ってうたた寝してたら、

サイババが歌ってる夢を見ました。

ジェイジェイジェイなんとかマイナスボーロ♪ みたいな。



ジェイジェイと神をたたえて歌うことはマイナスをなくす

ジェイジェイと神をたたえて歌うことはプラスもなくす


という意味らしかったです。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/07/09 15:15】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
サイババを囲んでバジャンの夢
サイババを囲んでバジャンをしてる夢を見ながら目が覚めました。

ババは柔らかい感じで幸せそうに笑顔でした。


わたしは、お腹がすいたからなんか食べに行きたいな~、とか思いつつ、バジャンの輪の中に居ました。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/07/04 11:24】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(1) |
そういえば、ババと何かしゃべっていた。
そういえば、今朝ババの夢を見たと書きましたが、そして個人的にしゃべったりはしなかったと書きましたが、そういえばなんかしゃべってたなと思い出しました。

なんか、床にその話題についての説明になるものがあって、
ババはその床の上に立ってそれを示しながら、物事や人生の?緩急について私に説明していて、
ババが言うには4つの「緩」のタイミングがあるとのことでした。


あと、アシュラムにいく夢も見ていて、(これも後から思い出した)

アシュラムの周囲に新しい白い建造物が一続きにずらっと並んでいて、まるで要塞のようでした。

私は、これはちょっとやりすぎだよな~~~、とか思っていました。

そんな夢。



実際は、アシュラムはゴープラムゲートも一般開放されちゃったし、(外から入るだけの一方通行なのかも)
ガネーシャゲートの向かって右側に今新しい通用門みたいなのも作っています。

ババが肉体を離れて、セキュリティーを厳重にする必要性が薄れたので、なんかそういうふうにしはじめたんでしょうね?


サイババ復活説は今も熱狂的な支持者がいるようですが、
ゴープラムゲートのアシュラム側に入ったところに今何か作ってます。

なんだあれは。

少なくともああゆうものを作ったら、ゴープラムゲートを車は通過することはできません。

ああゆうのって、誰がどういう風にアイデアを出して、誰が決めるんでしょうね?


今日、11時くらいに朝昼兼用のご飯をノースで食べてたら、
アシュラム生活、穏やかになったよなあ、という思いが湧きました。


ババが存命のころはまさに生き馬の目を抜くような場面が日々繰り広げられていて、
人々のカルマも猛烈な勢いで噴出しまくっていましたが、

今はアシュラムで私を攻撃する人もいなくなっちゃったし、
と思って。



そして思ったのが、利害関係とかそういうのがあるときに人は攻撃的になりやすいんだなと。

今はアシュラムにおける特権とかそういうのもほとんどないので、
誰も何も競う必要がなくなったんだと思います。



奪うことも奪われることもほとんど何もなくなったので。

基本、何か自分の権利が奪われそうと思ったり、攻撃されてるとか何らかの脅威を感じたら人は攻撃的になるんでしょうね。


どうでもよかったら放っておくもんね。



ババが存命のころは、ババに近づいたり、この世界での地位を確保したいと思う気持ち、そして、それは一部の人のものという感覚があったので、みんななりふり構わず必死でした。


そういう人たちの間での競争心というには確かにあったと思います。


勝てば官軍みたいな感覚。

人間て因果な生き物だなと思います。



私は昔から競う必要があまりない環境にあったので
(長女で、4人弟がいて、兄弟は多かったけどいつもだいたい自分の分は確保されていた。もしくは特別なお菓子とかは私が完全に仕切って分配していた)、そういう競争心とか張り合う感じがよくわからなかったんだけど、

普通はいろいろみんなアグレッシブみたいで。



でもわたしは競うこととか、競わされたりとか、比較されたりとかは好きじゃないというか、そういう世界は意味不明。


まあそれは常に尊重されるのが当たり前の状態だったからなんでしょうけど、
おかげで薄らぼんやりした感じに育ちました。笑


しかし薄らぼんやりも極に至って、ぐるんと裏返って、突如100パーセントアグレッシブになったという。笑

それは表と裏、陰陽のバランスをとるために一通り通る必要があったものだけど、

基本、自分の性質としては基礎はぼんやりした感じだなと思います。


今もいつでも安らいでぼんやりしていたい。


しかしそうもできないのは何の因果か。

これが大人になるということですか?

。。。。。って、何を言う38歳にもなってという感じですが。



今日も曇っててなんだか涼しいです。すごしやすい。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/06/21 17:52】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
久しぶりにババの夢を見た。
本当に久しぶりにババの夢を見ました。

なんかダルシャンの夢で、ババはご老体で、ババの世話をする人がでもなぜか、椅子に座ってるババを遠心力でぐるりと大胆に振り回したので、
ババは遠心力で椅子から浮いて、椅子より外がわに投げ出されそうになっていましたが、落ちはしませんでした。

なので、それを見てて、

「ああっ!なんてことをするんだ~!!」

と思ったのですが、

そしたらババは自分から立って歩き出して、さっき椅子がぐるりと振り回されたところは小さな円形ステージのようになっていて、白い、コットンの分厚い生成りの生地のようなもので、大きな傘のような屋根がつけてあって、

ババはそこに駆けていって、傘のような屋根の下のどこかに飛びついてつかんで、
その勢いで自分から、傘の中心の柱のようなとこのまわりを少し空中に浮いた状態で、傘状のその小さなテントみたいな白い布の小屋がぐるりと回るのと一緒にぐるりと回りました。

ああ、無理しないで、

と、少し心配な気持ちでそれを見たのですが、

ババは小さな子供のようなしつこさで、何度も何度も休みなく執拗にそれをしていました。
で、それをすることを夢中になって楽しんでいるようでした。

そして楽しんでいることを私たちに見せつけたいようでもありました。



そんなババの夢でした。


目が覚めてからババの夢を見たことを思い出したんですが、
直接しゃべったりとかがなかったということもあってか、特に気分的に高揚感が、とかそういうのはなかったんですが、

何せババの夢をはっきり見たのはものすごい久しぶりだったので、「見た」という自覚が残ったというか。

実は昨日もなんとなくババが夢か何かに来てたとは思ったんですが、ストーリーはなくて、
ただ、いたというか。



そして今日のババの夢のあとにもいくつか夢を見て、

それも一種のダルシャンが行われるのを待ってる夢だったんですが、
そのダルシャンでは大量の、本当に大量のクムクムウォーターが流されることになっていました。

クムクムって赤い粉で、クムクムウォーターはだから真っ赤な水です。

それはドゥルガープージャの意味を持つ、ということでもあったようでした。

私たちは巨大な広い会場にいて、
会場の前から後ろにかけて何メートルもの深さの広い溝がしつらえてあって、

たぶんダルシャンのメインの何かは会場の前方のステージのほうなんですよね。


しかしダルシャンが始まると、四方八方から大量のクムクムウォーターが押し寄せ、
それが集まって中央の溝を後ろから前へと流れていく(そしてその先にはそのアビシェーカムの目的である何かがある)
ことになっている、という説明を私たちは受け、

私たちは会場の中央の溝を覗き込み、その深さに驚いて、そこを流れる膨大な量のクムクムウォーターをイメージし、
すごいスケールだなと、それが始まる前からすでに少し圧倒された気持ちで、それが行われるのを待っていました。


そんなクムクムウォーターのアビシェーカム待ちの夢でした。


その後の夢は、


何かみんなで仕事をしてる仕事場があったのですが、
特にすることもなくて人が余ってるみたいだったので、私は裏手の書架兼倉庫みたいな広くて薄暗い部屋に行き、
漫画を読んで休憩していました。

そしたら同じように仕事の一線からは外れたい年配の知人女性2人やってきて、でもその人たちは私のようにあからさまに仕事をサボる趣味はなかったんだけど、でもシャカリキには働きたくない、というので、

誰に気を使っているのか、その薄暗くて広い部屋の中で整理整頓をしたりして、仕事を続行してるという体裁は整えていました。


私は座って漫画を読みまくっていたのですが、
知人の男性がやってきて、私の近くで何をするでもなく、ただ、近くにいました。

私は漫画を読む邪魔だからどっかに行けばいいのに、邪魔なんだけど。と思って、そういったかもしれませんが、
その人は何も言わずひたすら近くにいました。


そのうち、どうでもいい誰にも何も求められていない仕事をして働く体裁を保ってた二人の知人女性が
私が100パーセント休憩しててまったく働いてないことに対して軽く非難してきて何か言ってきたので、

私はなんでこんなとこでそんな意味ないことして働いてんの?で、しかも私に何か同じように働いてる振りすべきだと言ってきてる、ということがおかしくてたまらなくなって、

大爆笑がとまらなくなって、
ものすごい大きなわれるような声でゲラゲラゲラゲラ笑い続けて、夢の中で永遠かと思うくらい長く笑い続け、
そしてその自分の笑い声はどこか遠くでの大きな響きのようにも聞こえたんだけど、

そして自分の大きな笑い声の響き続けているんだけど何か奇妙な静けさの質も同時に感じつつ、目が覚めました。





目が覚めてからの発想なので何か余分なずれたイメージなのかもしれないけど、
とにかく起きてから自然に思われたことを書くと、

ババが自分が楽しくて遊んでるんだ、これをやってるんだ、というのを執拗に見せつけてきた夢は、

ババは自ら輪廻の閉じたサイクルに飛び込んでくるくる回ってるんだと思いました。

それは子供の遊びのように偏執的に熱心に繰り返されていました。



次のドゥルガーへのクムクムウォーターアビシェーカムの夢は、夢の中にいたときはまったく思わなかったんですが、起きて少し思い返しているとすぐに、大量の血が流されて女神に捧げられることが連想されました。



次の裏で完全に休憩してて非難されて、なにいってんだ、と爆笑して、知人がそばから離れない夢は、
まあ何かそのままな感じで受け取りました。

わたしは爆笑しまくりで、笑いがすでに私のコントロールを離れてそれ自体で響いて笑い続けてるようなかんじでした。


それは、いったい何なんでしょう?

たぶん演じることへのばからしさと、それをさも権威のあるルールのように押し付けられようとしてる自分の不条理な状況や、

自分で自分に課してるかせを自分も楽しくないのに、休みたくてこの影の部屋に来て、そこでは誰にも求められてないんだから休めばいいのに、私にも押し付けたい人たちの在り方の不条理さのおかしさとか、ばかばかしさとか、そういったものへの反応だと思います。

ばかばかしすぎる、わらえる、という。



なんにしろ、ババの夢を見た 笑


1月にアガスティアの葉を見て処方されたので依頼してた、私からネガティブを吸い取って廃棄するためのお守り。

それが10日ほど前にきて、
昨日で9日間身につけたのが終わったので、

今日、どっかの水(今はチトラバティ川に水はあるんだろうか?)に、投げてきます。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/06/21 11:11】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ババの夢?かな?
睡眠不足なので、プログラムの練習までに少しでも寝ようと思って寝たのですが、30分で目が覚めました。

どうもなんか変に覚醒状態???笑

これ、今朝も続けて寝れなくて、しょうがないから書いた記事。
http://ameblo.jp/premasaibaba/entry-11243955183.html


しかもいまさっきはサイババの夢を見たのかも。


内容は覚えてないんですが、ババの姿を見てなにかあったのかも。

そんで、その後、私は夢の中でサイバ~バ、サイバ~バと、今日のクワイヤーで練習してるバジャンを歌ってたんですが、

ババに何か証拠を見せてくださいと言ったら、
空全体に広がっている雲が一部分だけ完全に丸くあいて青空が出ました。

なのでそれを見て、周りの人たちもサイババの証拠をはっきりと受け取って、歓喜していました。




そんな夢でした。


この夢見て起きたとき、霊的な明晰夢を見たときと同じく頭がはっきりして眠気が全然なかったので、
もうそれ以上は寝ずに起きることにしました。


ババの臨在を感じます。

テーマ:夢日記 - ジャンル:心と身体

【2012/05/07 14:54】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
同じメロディーが延々流れ続けている夢
このまえ、夢をおぼえてな~い、夢をおぼえてな~い、と書いたら、

その後、明け方の夢のエッセンスはほんの少しだけおぼえていられるようになりました。

相変わらず詳細はばっさり切捨てで忘れてますが。


今朝は久しぶりにサイババに夢で会ってたように思います。
なんとなくしかおぼえてないけど、
なにか話をしたか、なにかをくれてたか、そんな。

それを見て目が覚めてまもなくアシュラムからの
「お~~~む」
というオームカーラの声が聞こえてきたので朝5時少し前です。


その後また長い夢を見たけど忘れてしまって、

おぼえてるのは、何かどこかの立体的な建物の中にたくさんのいろんな女性たちがいて、何か映画のキャンペーンかなにはのいいことを教えてもらえるか見せてもらえるみたいな雰囲気で、

楽しみに順番を待っていた一人ひとりが呼ばれて別室でその何かを体験するわけなのですが、

出てきた人はだれともしゃべらずにみんな静かにしくしく泣きつづけていて、

しゃべらないのでなにが起こったのか、
なにを聞いたのかなにを見たのか誰にもわからないのですが、

その建物のあちこちでそういう、座り込んで静かに涙を流し続ける人が増えてきて、

その様子に、
まだ別室に行ってない女性たちも「だって泣いてるから」と、つられて泣く人が増えてきて、

そこらじゅうあちこちで女性たちがしくしく泣いている状況になっていました。


その間中空中には一つのメロディーが流れ続けていて、
近い音としては、


ラ ソ ファ ソ ラ ラシャープ 上のド ラシャープ ラ ソ


この楽しいんだか悲しいんだかよくわからないメロディーが3~4秒を一回りとして延々とバックミュージック的に繰り返されていました。


私は5歳くらいの年齢の息子と一緒に変な構造のその建物の中の高いところから
下の床の上に降りなくてはいけなくて、

高い場所の狭い段差にいったん息子を立たせて、近くのパイプをつかませて、
私もその段差の上に降りました。

下を見るとそこにも床に座って静かに虚空を見つめて泣いている女性がいて、
降りにくいなと思ったんですが、

人の背の高さくらいあるその床までの段差を、先に私が下に降りて、
下で子供を受け止めようと思いました。


たくさんの人が泣いていたので、
きっとみんな本当のこと(世界の近い姿)を知ってしまったんだなと思いました。


すると空中にナレーションが現れて、


自分が世界から切り離されるからといって、ただ単に切り離されていてはいけない。

世界の人々は病気で病んでいるから力になりに行かなければいけない、


みたいな年配の男性の声が空中に響きました。


そんな夢でした。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/04/16 10:43】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
サイババとともに宇宙との交信ギャグをする夢
今日もサイババの夢を見ました。

そっか~、そんだけ今のわたしって加護&パワー注入ひつようなのね?



ババ~。(こころのさけび)




で、どんな夢だったかというと、
夢の中でダルシャンがあることを知って、

あ、ダルシャン行こう、と思って歩くんですけど足がめちゃくちゃ重くて前に出ない。
でもこういうとき、後ろ向けに歩くと早く歩けることを知っていたので背中を前にして後ろ向けに歩いたらすいすい歩けました。

で、歩きにくいのでしばらくしてまた前向きになって歩いたら今度はだいたい普通に歩けました。


シャ~ンティ シャ~ンティ シャ~ンティヒ

と聞こえてきて、バジャンは終わったみたいだったけど、ババはまだ今から通ると思ってその場所に行ったら
ババが左から右に行くところが見えたのですが、
ババが途中でバタンと倒れちゃって、ローブがまくれ上がり、
白いパンツが丸見えになりました。


ババは倒れたまま動かず、

ああ、パンツが、、、と思ったのですが、
私は群衆整理のために張られたロープの向こうにいたので見てるだけでしたが、
そのうち御つきの人がババのローブを戻して白いパンツとむき出しの両足を隠してくれました。


固唾を呑んでその様子を見てたら、こちらを頭にして倒れてたババが頭を起こしてこちらを見たので、
思わず合唱して軽く腰を落として微笑みかけたら、
ババも子犬のような真っ黒な大きい瞳を見開いて、パアァッと愛くるしく微笑みました。


そしてババはすくっと立ち上がって近づいてきて、

「SAWAKO,あれしよう、あれしよう!」

と言ったので
なんだ???と一瞬分からなかったのですか、

ああ、あれか、と思い出し、

ババと向かい合って
両手をしたから上にVの字に振り上げつつ天を仰いで

「ヒュ~~~~ ヒュ~~~~~」

という奇声を一緒に発しました。


夢の中では以前にババと一緒にこれをやったことがあったらしく。


で、何回かやった後にババがおどけた表情とポーズを決めたまま突っ込まれ待ちで静止してたので

「宇宙との交信!??」

と、突っ込んであげたら、
わたしの背後でそれらの様子を見ていた群衆が大爆笑しました。


で、それに続いて群集のうちの一人が

「そういえば池野めだかは~~~」

と、(池野めだかって、吉本芸人です)その路線の話を膨らまして続けようとしたのですが、


そしたらババは

「森はなんとかなんとか~~」

と、なんかわざと教訓的まじめな話を始めて、
その人の話をさえぎったという。


そんな夢でした。



なんかよー分からん夢。笑




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

【2011/09/26 02:10】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
久しぶりに見たババの夢
今朝は久しぶりにババの夢を見ました。

目が覚めて、あ?ババの夢を見た、と思った次の瞬間夢の内容はほとんど忘れて、
しばらく思う出そうとしたんですけど無理でした。

最近ホントに夢の内容をすぐ忘れます。

現実世界に意識の焦点のほとんどが合ってるからでしょうか。

10年位前に夢と現実を行きつ戻りつしてたころは、見た夢の細部までレポート用紙にびっちり毎回3枚とか書き出せるくらいやけに覚えていたものでしたが。



それはともかく、今朝見た夢で覚えている部分といえば、
ババが、外から中の様子が見えるタイプのワンボックスカーみたいなのに乗ってやってきて、ダルシャンを与える夢でした。

わたしともう一人、右に中年の女の人が居て、
ババがやってきたので

「わ~~、きゃ~~~、ババ~~~~~~!!!!!」

と、大喜びで大歓声を上げて、両手をぶんぶん振ったりしてた夢でした。

ババはこちらを見て、まるで思春期の男子中学生のように少し恥ずかしそうに微笑みました。笑


夢の中では、わたしはババはすでに座ることもできない状態だという認識で、
でも、今、車に乗って座ってやってきたので、まるで以前の、車椅子ダルシャンのころのババのようだなと感じました。



目が覚めてから、なんで今日はババの夢を見たのかな?と思いました。


最近はなにか必然性を感じさせるようなタイミングで夢を見ることが多かったものですから。


でも、必然性があろうとなかろうと、そういう夢を見た日は一日なにか嬉しいです。



ここ数日、シュナをインターナショナルスクールという名のこぎれいなローカルスクールに通わせ始めたので、
朝ごはんを食べさせた後、持たせるお茶とか軽食の用意とかして、スクールバスに乗せる手はずを整えて、
わたしはバジャンの途中からアルティ&サマディへのお参りに行きました。


そういえば今日は木曜日だけどだから夢見たのかなとか思いつつ。


今日のお参りのときに自分の中から出てきた祈りの言葉は
「あなたの意志を実行できる強さをわたしに与えてください」
でした。

道を明らかに示してください、とも。



昨日も思ったんですけど、
やっぱりたとえ単なるお墓といえどもされどお墓。
お参りするとなんかすごくぐっとこみ上げてくるものがあって、
すごいなってかんじなんですけど、

昨日も墓参りした後も軽い酩酊状態な感じで
これはちょっと、、、どっか座ってようかなと思いつつ、結局外でお茶飲んで部屋に帰ったんですけど、

今日もふわ~っとしながら外に出たら知り合いがいたのでやっぱりお茶を飲みに行って。笑

彼女とも「やっぱ、、、サマディーすごいですよね」
といいつつお茶飲んでしゃべってました。笑

彼女もやっぱり今日すごいと感じたみたいで。


しかも人が少なくて、押し合いへしあいがほとんどないから余計にいいですよね。

たまに待ちきれないインド人が列の後ろからぐっぐっと押してくるときはあるけど
昔のように生命の危機を感じるような騒乱はないし。



と、部屋に戻ってパソコンをあけてみると、今朝もはよから同一IPから5つの差出人名で5件の中傷コメント。

。。。今朝の夢のわけはこれか。笑


時々、人間関係とかでダメージを受けた日なんかは夢でババのパダナマスカールがあったりすることもありましたが、まあそれはともかくとして、


最近日本も涼しくなってきたそうで、自称高貴な家柄のとても古くからの、アシュラムのお偉いさんにいっぱい知り合いがいるらしい、プッタに家もあるという帰依者の彼女も体力気力ともに持ち直して元気になられたみたいでバッシング再開なによりです。


いつものごとく削除&ブロックで対応終了ですが、
ほんとはこういうのも書かずに完全無視したいとこですが、
最近はわたしの周辺の人にもいちゃもんコメントやメールなど送ったりしてるらしいことを時々聞きますので、


もし、知らずに受けてびっくりしちゃって、わたしの知らないところで傷ついたりいやな思いをしてる人がいらっしゃったら(たとえばツイッターのフォロワーの人とかでなんかそういう人がいるみたいですので)ほんとうに申し訳ないなと思って、一応このブログでも予防摂取みたいなかんじでお知らせしときます。

もしそのようなメッセージやコメントなど来ましたら、対応はお手数ですが無視&削除&ブロックでおねがいします。
また、そのような時は胸のうちにしまっておかずによろしかったらわたしにご一報ください。

特にわたしから出来ることってないんですけど、状況把握のために。
それか、何か出来ることってあるんですかね?
たぶん、対応としてはブロックしつつ放っておくのが一番と思います。

ちなみにそういういちゃもんコメントはいろんな名前で来ますけど、同一人物ですし、名前も、具体的に誰かもわかっています。
でも別に今のところわたしから彼女に対して何かするつもりはありません。
下手に動いて弱いものいじめみたいになっちゃったら後味悪いんで。


また、彼女からの働きかけにすでに冷静に適切に対応(適当に聞き流したり、削除やブロックなどしたり)してくださってる各方面の方々には感謝申し上げます。


また、よかったらサービスで惑星のプージャとかしますんで、今朝同一IPで5つの差出人名で5つのコメント(「のうなし」とか「ブスさがれ」とか。爆)をくださった、わたしとは違って真の帰依者のMさん、生年月日と生まれた時間&場所教えてください。
ご自分のバーススター知ってらしたら直接バーススター教えてくださってもいいです。

削除するのも手間なんで、幸せでいてほしいわけです。
その助けになるんだったらある程度の自腹切らしてくださいってかんじです。
どんな相手であっても、人の人生にいちゃもんつけてるときはあんまり幸せ感じられてないと思うし。


MさんはわたしがMさんの不調の原因と思ってわたしをたたこうとしてるみたいですけど、
私はMさんの問題の原因じゃないと思うんですよね。

わたしが気になってしょうがないのはMさんが統合すべきMさんの影の要素が何かわたしに投影されてるからと、普通思いますよね。

わたしをつぶす努力にエネルギー注ぐよりも、わたしを超えていく方向に向かったほうがよさそう。


、、、って、ネットの世界って迷宮にはまると抜けるの難しいんですよね。
ぐるぐるまわる想念世界ですもんね。


現実に戻ってうまくリセットできる何かがあればいいんですけど。


高貴なMさんはわたしの下賎な語り口調に我慢ならないらしいんですけど、
そーはいっても
こんなんなんだからしょうがない。笑

すみません。笑


こうしてるあいだに「おまえさんのうんぬん~」またコメントが。。。おまえさんて。。爆

ほんとその無尽蔵のエネルギーは正直迷惑なんでこっちに向けずに発電とかにまわしてください。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

【2011/09/22 20:03】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。