スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
コブラだわ~い。
今日はですね、でっかい蛇、見ましたよ?


お昼ごはんをウエスタンキャンティーンで食べて、
その後芝生のとこにカプチーノ飲みに行ったんだけど、

芝生のとこのコーヒーショップが閉まってたから、N1の近くのコーヒーショップに行ったら、

公衆電話のビルの前の植木に囲まれた中庭みたいなとこ(ラクシュミーテンプルの横)を、

30人くらいのセバダルのおじさんたちが取り囲んでいた。


真ん中の植木の下をみんな探ったり見たりしてたので、

へびかな?

と思って、近くで見てたおじさんに聞いたらそうだというので
(手で鎌首を持ち上げたコブラのしぐさをしてみせたので)

私も見物してみた。


というか、コーヒーショップの店員が店にいなくて注文できなかった。



しばらくして、みんな騒いでるけど進展がないのでつまらなくなって、

30人ほどのセバダルやクーリーたちに混じって様子を見物してたコーヒーショップの店員を見つけて、
店に戻ってカプチーノを入れてもらいました。

こうしてる間にへびが捕まえられたら、この店員、残念だろうな~と思いつつ。

実際、彼は気もそぞろな感じでカプチーノを入れてくれた。笑


カプチーノをもらって、離れたところのベンチで少し飲んでたら、騒ぐ声が大きくなって、みんなわーわー言い出したので、

私もまた見に行った。笑


長い棒や短い棒で10人くらいが茂みから蛇を出そうとしてて、

だれかが大きなゴミ箱を持ってきてました。



それを30人くらいの男の人たちが見ていた。

気がつくと女は、日傘をさして見物しているわたし一人だった。



なんか楽しくなって、

でも、あんなに大勢に追い立てられたら蛇も怖いだろうなと思いました。



そのうち、うねうねとうねる蛇の体と、それを何人もが寄ってたかって何本もの棒で取り押さえてる様子が見えました。


わーい、わーい、へびだーーーー。




思ったよりもだいぶ大きくて太くて長かった。




うねうねと暴れる蛇は、首尾よく大きなゴミ箱の中に入れられ、誰かがあわてて上に2重に布をかぶせて封をしました。

どこか遠くにもってって、放してやるのね。



さすがに、殺しはしないのね。と、思った。

蛇は神様の使いだものね。


(さそりは時々殺されてるの見るけど)




わーーーーやったーーーー。ぱちぱちぱち!!!

と、私の心の中では大きな拍手が鳴り響いていたのですが、拍手は、起こらなかった。




でもみんなちょっと嬉しそうなわくわくした「やりとげた!」というような顔をしていました。


もちろん私も何かすごくうれしくて楽しかった。





あ~~~、大捕り物だった。



よく考えればそれほど大捕り物ではないんだけど、
見てる人たちの人数が多かった。笑



なんか、ちょっとしたことをみんなですごく楽しんだ感じ。


平和でのどかだよな~。。。なんて平和なんだ。




おとぎ話かここは。





ちょっと前は木の高いところに上って降りれなくなった子猫を救出しようとして大騒ぎだったし。



男のセバダルが果敢に木に登って子猫に呼びかけて、

女性たちが下で布広げたりして。




おとぎ話かここは。。。






しかしあの蛇、なんとなく見覚えあるような気がするんだけど。


以前、ラウンドビルディングの建物の樋の穴から出てきてかえるを咥えてたやつじゃあ、ないのかな。



誰かはそれはコブラじゃないといってて、


今日のはみんなコブラだといってたけど、


少なくとも大きさは同じくらい、でかくて太かった。




ああ、ここは動物がいっぱい。

それはインドのいいところだと思う。一緒にみんな、住んでるんだもの。



P9064522_convert_20120907070252.jpg

サルの親子が「未知との遭遇」という雰囲気で、私の住んでるアパートの部屋の中をのぞきに来ました。

なんか遺跡探検しに来た観光客みたい。 興味津々。


P9064523_convert_20120907070332.jpg


「おもしろい?」

中から隠し撮りされているとも知らないで。。。。。笑

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/09/07 03:04】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ねずみと共存
今朝はフルーツカッティングはすぐに終わってしまったので、にんじんや長い豆を切ったりしました。

手伝いに来てる人、ロシア人が多いなあと思いました。
ロシア人は英語がすごくできない人が多いです。
(わたしもあんまりだけど)

なんでかな?

今朝のヴェーダはいつものやつのほかに、
ガナパティスークタムや、イーシャーワーショーパニシャッドもやってました。
これらはほとんどついていけなかったです。

またヴェーダを覚えるのを集中してできるときがくるのかなあ?

ヴェーダを勉強しようと思ったらほかのことをしてたらなかなか集中できないです。
生活がヴェーダだけ、くらいに集中してないと、わたしは他の活動してたら
ヴェーダの練習のできる状態に自分を持っていくのが難しくなります。

他にすることがない、くらいの状態にしないと取り組みづらいような大きなエネルギーをヴェーダは持っていると思います。


今日、出先でいつのまにかかばんの中にねずみが入っていたらしく、
アパートの部屋に戻ってかばんをごそごそしたらねずみが飛び出してきて物陰に隠れました。

ちっちゃいかわいいねずみですが、
そういうのが一匹部屋のどこかにいると思うともう気になっちゃって、
完全に気持ちを持っていかれています。笑

大胆に出てきて走り回って、時々立ち上がって周りの様子を見たりしています。

うんことかしなかったら、そしてモノをかじらなければいてもいいんだけど、
共存は問題が起きてきそうなので、そのうちつかまえて元いたところに送り返そうと思います。

お手伝いさんは毒のビスケットを食べさせろといってますが。

彼女の家には30匹くらいいるらしい。
服をかじるんだって。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

【2012/01/19 01:19】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(3) |
ありめ!
ありのばか~。
夕方パソコン(ラップトップ)をパカッとあけると、パソコンの中からありが行列を作って続々と出てきました。

あー、インドはいやだ、、、。

とりあえず出て行くやつは出て行かせて、しつこく中にいるやつはパソコンをバンバンたたいて追い出しました。

それでもまだけっこう中にいるみたいで、すきまからチラッと頭を出して外をうかがっては中に戻っていくやつらがたくさんいます。

まだ、卵やさなぎをパソコンの中に運び込んではいないようなのでよかったです。(たぶん。。)

夜にダルシャンに行くときに、パソコンの置き場を変えて出て行ったのですが、やはり帰ってきてみるとそこにまたありが集まっていました。

なんでパソコンに入りたがるのでしょう?

端末の差込口みたいなところからぞろぞろ出てくるのを見ると力が抜けます。

と、そうだ、と思っていまさっき、DVDとかを入れるところを引き出してみたら、
ぎゃーーーっ!

ありも一緒に中からどっさり引き出されて下に落ちました。

対処しきれないのでいったんまた閉めて、落ちたありを処分して
(アヒムサなんて言ってられません。残念ながら。)

また開けて処分して→閉めて→開けて処分して
を何回も繰り返して、やっとDVDのところからはありがあまり出てこなくなりました。

いったい中はどうなってるのか、考えるのも恐ろしいです。

パソコンを買ったネットカフェで分解掃除をしてもらったほうがいいのかも。
すきまに挟まって死んでるやつもいるし。(とれない)

ちなみに前使ってたパソコンは、キーボードの下のふわふわしたやつ(シリコンみたいなやつ)をありにみんな食べられてしまってキーボードが使用不能になりました。

ここのありは、硬いプラスチックケースなんかも食い破るガッツがあるのです。。。凶暴。

何ヶ所かかまれました。毒アリです。

しっかし、後から後からいくらでも出てきます。あり。
今この文章を書いてるパソコンですが。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2010/11/16 02:27】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
コブラ?
今朝は空港で、荷物を置いて離れてくださいといわれた夢を見ました。

私のだけじゃなく、たくさんの荷物がそこに並べておかれてチェックされていました。

そのうちチェックされた荷物のうち3つが爆発しましたが、みんな離れていたので被害はなさそうでした。

それからどうしたんだっけ、、、?

その後は、実家に帰ったけど、母が中国に行ってて留守だった、という夢でした。


その後、半円形ですり鉢状のホールの、一番低いところにあるステージにババと、ほかの若い人たちが座ってて、私もそこに行って仲間に加わろうかな?と思ったけど、
とりあえず様子見で、
座席の中央一列目に座った、という夢でした。


最近いろんなことに追われる日々で、今日は日曜日だし(ですよね?)
ちょっとゆっくりしようと思って、朝食をウエスタンで食べて、そのあとは芝生で過ごしていました。


そしたら建物のかげからねずみが走って出てきて止まりました。

一緒にいた人と「あ~~ねずみだ~~~~!」
とかいって、またしゃべってたのですが、しばらくしたら蛇が出てきてて、影に入っていくところでした。


コブラかな???
ラッキーかも?とか思いつつまたしゃべってたら、
その蛇が折り返し出てきて別の穴に入っていきました。

蛇はしばらく穴から首を出して外を見ていました。


さっき走り出してきたねずみを見ると、なぜか死んでて、すでにアリがたかっていました。

さっき元気だったのに。なぞでした。

どこか見えないところで蛇にちょびっとかまれたりしてたのでしょうか?


しかしあれはコブラかな~?
一目見ただけでは私にはわかりませんが、首の下に模様がありそうだったのでもしかしたらコブラかも?


コブラ?


その後はまたウエスタンで昼食を食べ、今来てる日本人が神様系の本を数冊くれたので、
また芝生に行って、薄いやつを一冊読みました。


今朝はババは来たみたいです。
9時10分くらいにアルティになって早くに帰ったみたいです。
【2010/07/04 18:41】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ハリネズミ!?
今日、ガネーシャゲートのところで夜にほかの人と立ち話をしていたら、子供たちが

「ハリネズミ!みて~!ハリネズミ~!!」

とかいうので見たら、確かにそんなシルエットの小ぶりの猫くらいの大きさの動物がタタタタ、と走って、
ガネーシャテンプルの敷地内に走りこみました。


「ええーっ!!?」
と思って、
ガネーシャテンプルの柵に駆け寄って確認してみたら、

「・・・・・毛がぼさぼさのネズミだよ!」
でした。



でも、ものすごく巨大!
そして毛が長い!!


十分びっくりしました。


ガネーシャの乗り物はムーシャカだかムーシカだかいうネズミなので、

「あれはガネーシャのネズミだよ」
ということになりました。



メルヘンですねぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(?)
【2010/05/29 04:35】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
しかえし
夕食をウエスタンで食べたあと、キャンティーンの前のタイルの端に主名と並んで座ってたら、犬が来てくしゃみをしました。

主名に「あんた、ああゆうくしゃみ好きなんやろ」とか「ほら、あの犬があんたのとこに来たで」と、犬をだしに意味不明な絡み方をして主名に「ちがうわー!!」とムキにならせて喜んでたらたら犬に後ろからおしっこをかけられました。

「なにすんねん!」と、反射的に犬をバシッとたたいたものの、しっかりかけられたおしっこはサリーを通り越して完全に地肌まで浸透。
牛ならまだラッキーとかいえるかもしれないけど(言えないかもしれないけど)犬だし単にすごいイヤ。

主名に匂わせたら「わ、、、」という顔をして「虫のにおい。かいでみて」というのでかいでみたらすっごいくさくてのけぞりました。
いやな犬。

でも自分(犬)をダシに何か笑われてるということを絶対察知しての行動だったと思います。
おしっこをする直前、考え深そうな表情をしてましたもん。
いやな犬。
絶対に確信犯。
【2010/03/17 03:39】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
しらみ~
おとつい、朝起きて、まだ寝てる主名を見たら彼の耳に黒い虫が止まっていました。
その虫の立ち位置からして遠くからやってきたというより、主名の頭から降りてきた感じ。

そう。しらみでした。

インドに来てから主名の頭にしらみを発見するのは2回目なのでさして驚きもしませんでしたが、寝てる主名の髪の毛を分けてみると、
あらー、いるわいるわ。

いつの間に、という感じです。

最近主名の髪は長めだったことと、毎日洗ってはいるものの石鹸で自分で洗わせてたので、虫を殺すほどの洗浄力はなかったこと、学校の子供たちにしらみがいること、が、主名の頭でシラミが増えた原因です。

さっそく見えるだけ、10匹くらいつぶして、大きいメスはすぐに分かるのですが、小さいオスは分かりにくいので、髪を短く切り、シャンプーで頭を2回洗ったら、目に見える成虫はみんな死んだみたいでいなくなりました。

しかし、卵だかさなぎだかが髪の根元近くにたくさん付いてて、これはシャンプーでも死ななさそうで、そのうち成虫になりそうだったので、いっこいっこ取ってつぶしていきました。

ぼうずにすれば早いのですが、「ぼうずはみんなが触るからいやだ」と主名が経験上主張するのでしょうがないです。

でもじつは猫のノミ取りとかせみとりなんかの虫取りは好きだったりするので、主名の頭のシラミとりにははまってしまいました。

主名が寝てからもずーっと取ってたらもういなくなりました。

今朝、最後かもしれないいっこをとった後、「残念ながらもうないわ」と言ったら主名は
「ざんねんじゃな~~~~い!」と主張していました。

主名に「(ノミの)たまごっち♪」と呼びかけてたら本気で嫌がられました。


そういえば、主名が飼ってる芋虫はさなぎになりました。

しばらく極端に食べ、まったく動かない時が続いたあと、ある日、いもむしの体の色が黄緑から茶色に変わってきてて、入れ物の中をものすごいスピードでぐるぐる歩き回ってたので、元気だなーと思ってたら、どうやらさなぎになれる棒かなんかを探してたみたいです。
気がつかず、そんなものは用意しなかったので、タイムリミットが来たいもむしは単にコロンとさなぎになって転がっていました。

インドの虫事情でした。。。?
【2009/08/29 16:21】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
へび
昨日、ガネーシャゲートのところにある大きな菩提樹からきれいなライトグリーンの蛇がおりてきました。
明るいきれいな色で、1メートルくらいの長さはあったかもしれません。細かったです。

見てると、そのうち人だかりになりました。

インド人のおばあさんとかは、アルティの火を自分にかけるしぐさをするみたいに、へびパワーを?自分の頭にかけてました。

みんな、きれいねー、と言ってみていました。

サウスのスタッフかなんかのおばさんは「今日、サウスの部屋がオープンするからへびが出てきたんだ」なんていっていました。
サウスの、多分チャパティを伸ばしたりして作る小部屋を新築して、今日、オープンさせるみたいで、バナナの木とか花とかでその部屋が飾られていました。

主名は「へびを見たのは3回目。スリランカと、リシケシと、ここ。」と、指折り数えてご満悦でした。

人だかりで交通渋滞になったので、アシュラムの係りの人が棒でへびを追いやると、へびはまた菩提樹に登っていき、葉っぱの緑にまぎれて見えなくなりました。
【2009/06/13 18:33】 | 動物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。