スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ムンバイシュリニバーサンさんからの返事とサイト
ババのメッセージ、日本人に伝えましたよ!と追っかけブログのサイトアドレスつけてメールしたら

2時間後にはムンバイシュリニバーサンさんから早速返事が。はや~。






Thank you for your efforts. Japan people should be delighted, reading the mercy of SAI.
My loving sai to your Japan community.





With Love & Regards,

"Mumbai" Srinivasan


(ちょっともう今日は日本語訳する気力なし)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------- The Web. Links:

“Previous Sareeram” - The Old Body - (Story of Shirdi Sai Baba, as told by Sri Sathya Sai Baba) :

The link: http://www.ssso.net/bombaysrinivasan-ebook2.htm

Sri Sathya Sai Hrudaya Nivasi – The link: http://www.ssso.net/bombaysrinivasan-ebook.htm

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


なんかこの人のE-ブックみたいなのもあるみたい。

興味ある人は上のリンク見てみてくださいね。

これってこの人のサイト?SSSOのサイト?

どっちにしろ教えてくれたサイトの情報量多すぎて情報処理できてない私。

でもババが唱えるガヤトリーマントラが延々聞けるやつがサイトにつけてあって、こりゃいいわ、とつけて聞いてます。
わたしもつけようかな。

スポンサーサイト

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/03/11 01:50】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
サイババの圧倒的な輝きと栄光
しんじさんのブログの記事を読んで、

なんか、サイババの圧倒的な輝きと、全てであるかんじを思い出して感動したのでこちらにも転載させてもらおうかな。

ありがとうございます。




神の指針 2012-02-10 04:21:57

テーマ:メッセージ(Sis. S.デーワン受記)


私はこのメッセージを、今日の早朝、バガヴァン シュリ サティヤ サイババから、私が眠っている間に受け取りました。

私は夢の中のダルシャンで、人々が、スワミが肉体をお脱ぎになったことを嘆き、悼んでいるのを見ました。

するとそこに、スワミがお見えになりました。

スワミは王様のように黄金のローブをお召しになっていました。

スワミは、百万もの光のように輝いていらっしゃいました。

そして、次のような言葉をお話しになりました。




それは私という存在の、あらゆる神経の中に響き渡りました。

私は目を覚まし、ペンを取って、私たちの愛するバガヴァンがお話しになった、真珠のような英知を書留ました。

どうか、他の人々とも分かち合って下さい。


サイラム。






神の指針



シーマ M.デーワン受記




どこであれ、あなたがいる所にサイはいます。

というのも、私はあなたの真我そのものだからです。

あなたが私を思い出した瞬間、あなたの恐れは消え去ります。

私を無限に愛しようとするあなたの決意を破るものは、この世に存在しません。

私はあなたに、愛の仕事をするために、私の百万もの手を授けました。

善良な人格という鎧を身につけて、あなた自身を守りなさい。

あなたの一つひとつの思いを私に捧げなさい。


その時サイは、その報いとして、純粋な知識の炎と光輝きを備えた知性を授けましょう。

微笑みと共に、あなた自身を私の両手の上に置きなさい。

決して「どうして?」と尋ねないようにしなさい。

そうすれば私は、最もよいタイミングで、あなたが尋ねなかった疑問に答えましょう。


サイは、あなたの一瞬一瞬にいます。

あなたのすべてが私のものになったとき、あなたは私を見るでしょう。


私のやり方を知ろうとしてはなりません。

サイは心を越えています。

あらゆる知性を越えています。

私に対するあなたの愛を信じる時に、あなたは私を見ることでしょう。


あなたは私を探し求めたり、失ったりすることはできません。

私はあなたの意識の源であり、あなたの自覚の源であるからです。

あなたは、「恐れ」を恐れる必要はありません。

あなたに対するサイの愛を思い出しなさい。

そうすれば、真理の力が戻って来るでしょう。

あなたは私を恐れる必要はありません。

私は愛に縛られます。

そして、私の愛を体験する人々自身が、愛の道具となり、愛の溢れる存在となります。

サイは常に至福に満ちています。

あなたが私の真理に献身的に帰依するとき、その至福の流れがあなたに流れ込みます。

私はかつてここに居ました。

私は今ここに居ます。


私は、時の終わりに至るまで、またそれを越えた先までも、ここに居続けることでしょう。

というのも、私にとっては、来ることも行くことも存在しないからです。

いつであれ私は、すべての人の手の届くところにいます。

私の命は愛のメッセージです。

そしてあなたの命は、私の愛を信じ私の愛を生きることのメッセージです。

嘆き悲しんではなりません。

決して動揺したり、落胆したりしてはなりません。

サイの恩寵はあなたと共にあります。

私は、私の命に献身的に帰依する人々の傍にいます。

私があなたを愛するという約束は、

あなたの肉体が生まれる前からの約束であり、

あなたの肉体の死を越えた先まで続く約束です。


あなたの帰依献身の旅を続けなさい。

あなたの霊性修行を続けなさい。

あなたが自分の真我を信じるとき、私は喜びます。

あなたのすべての困難は私のものです。

いかなるときも、正しいことを行いなさい。

けっしてそれから離れてはなりません。


後のことはサイに委ねなさい。

幸せでいなさい。

あなたが幸せでいる時、サイは幸せです。

私はあなたを、今この瞬間に祝福し、

善良さと、優しさと、単純さと、信仰と、愛と、忍耐を授けます。


テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/02/11 17:10】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
なおみさんのブログ紹介
インド人の方と結婚され、7~8年前からプッタパルティに住みながら2人の娘さんの育児に奮闘中のなおみさんのブログです。

なおみのブログ

はじめに書かれたおばあちゃんの亡くなった時の記事に感動。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/01/12 14:19】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
リンクのお知らせ
最近は早寝早起きです。

もしやこれって時差ぼけ?

でもそうならナイスな時差ぼけだ。



今朝はアパートの部屋でおにぎりを作って3つくらい食べてコーヒーを飲んでアシュラムに行きました。

ヴェーダチャンティングの途中から行ったんですが、
今日はテキストを持ってなくて、ルッドラム、プルシャスークタムのあとはシクシャヴァリが唱えられていて、
シクシャヴァリはわたしはテキストがないとついてけないので、持ってくればよかったなと思いました。

サマディーダルシャンは一応まだクリスマスバージョンらしく、わたしもインドでは外人なのでクリスマス優待として前のほうのいい席に座らせてもらいました。

でも前に座った人がすごいでかい髪型の人だったので何も見えませんでしたが、
別に何も見なくていいのでそこに座っていました。

今年のクリスマスの装飾は手作りのものが多くて、
手作りじゃなさそうなものも実は手作りで模様が張ってあったりして、絵もいろんなのが一杯描いてあって、
クリスマスのこの数日間のために払われた労力はそれこそ見返りを考えていてはできないなといった感じです。


サマディーダルシャン(つまりサイババの墓参り)の後は頼まれ物を買いにショッピングセンターに行き、その後八百屋でフルーツとミルクを買いました。

私の後ろにレジに並んだおじさんがいらちというか、気を利かせて、
わたしのかごの中の小粒のライチを、レジの人が重量を測りやすいように、後ろから手を伸ばしてビニール袋の中にまとめて入れていっていました。

むむ?このひとはいったい。。。。なにもの??


と思いましたがやってもらって見てました。

そんでそのうしろのおじさんは私の向こうのレジの人に指示を出して手際よくやらせようとしてて、
わたしのフルーツ類が量り終わった後、わたしの清算前に、はかりに自分のトマトを入れたので、
レジのお姉さんは大混乱してました。

お金を払ってレシートを見てみたらやっぱりおじさんのトマトも私の買い物の合計金額に入っていたので
レジのお姉さんに言って返金してもらいました。

お姉さんは悩ましげな顔をしていました。笑

いったいあのおじさんはなんだったんだろう、、、アシュラムスタッフ?一般人?


ホットチョコレートをショッピングセンター横の広場のベンチで飲んで一休みしたあと、


荷物がわりと重かったのでサイクルリキシャでアパートに帰ってきました。




子供なしのプッタパルティは時間が穏やかに過ぎていきます。
子供っていかに強烈だったことか。





右のリンク集に、サイババつながりの知人、風至さんのサイト「透視カウンセラーの休日」をリンクさせてもらいました。

透視カウンセラーの休日


サイババについて話すことも多いのですが、

私の場合はサイババ体験(当ブログ右のカテゴリー「サイババ体験談」)が先にあって、そんでそれがどういうことなのかを理解したくて本とかを読んでいったり、
私は基本的にどこにもはまれないんだけどだからどこにでも入れるので、
サイババワールドの世界観がどうなってるのか知りたくて、はまるってどういうことかを体験するためにあえて自分からはまってみたりしたかんじで、
今でもサイババを理解するのは簡単じゃないし、なかなか腑に落ちないというようなことを言いました。

風至さんは
「僕は感覚的に凄いエネルギーにぶち当たる経験したから、感覚的にババを信頼しています」
とのことで、
ババを頭で理解は不可能と判断したし、できる人がいたら教えて欲しい、とのことでした。

そこらへんのことは風至さんはご自身のブログの中でも触れてらっしゃいます。

わたしはというと、ためしにはまってみたところ、サイババははまり続けてOKだと、理性的に思いました。
やはりボスの中のボスなので、というか、こういう霊性のいろんなとこに行ったりしてみましたが、根本的にステージがまるで違う感じがするので、
バガバットギータでも、クリシュナに集中することの特異性と合理性が解かれているし、わたしはクリシュナは直接的な意味でサイババとクリシュナが同じだと思っているので、
サイババに集中することがどんだけ強力でまっすぐなやり方かというのをよく思います。

だからサイババを理解することはいまだにできないし、これからもほんの極小の部分で共鳴した分だけ感じることができるだけで私はサイババを永遠に理解できないんでしょうけど、
彼に集中して彼に自分を溶け込ませることがわたしは理性的に納得できて、彼に対して自分を手放していこうと決めることができました。

でもそれはやはり最初に経験を与えてもらったからだとも思います。



何年も前にアシュラムでちょくちょく会ってた変わった人がいて、
来てる人って大体変わってはいるんですけど、

その人はすごーーーーーーーーく遠い星から来てる人らしく、笑
地球上に同じ星出身の人を誰も見つけられないとかいっていました。

彼女の元にあるとき私は白い狼の姿で現れて、彼女の痛いところをがぶっと噛んではぺっと捨てるのを繰り返したらしく、かっこよかったといわれました。。


その彼女も、サイババに帰依するのがなんか良さそう、と思ったらしく、
「じゃあ、帰依。笑」

と、帰依することにしたらしい。笑



なんかわたしも根本的にそういうノリです。



じゃあ、帰依。笑






でもそしたら、開かれた世界は予想をはるか超えて深遠で広大でした。

ナイス、帰依。笑

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

【2011/12/26 15:29】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
知人のブログ「ヴェーダ/マントラ」の紹介
知人のしんじさんがブログを書いてるのを今日知りました。


こちらクリック↓
ヴェーダ/マントラ


しらなかったなあ。

サイババ好きの方にとってはハイクオリティの内容となっていて興味深いです。


個人的に何かよかった記事「私はどこにも行っていません」を
「ヴェーダ/マントラ」
から下に転載させていただきます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





「私はどこにも行っていません」





(日本時間2011年4月26日2:00 amにシーマ デーワン女史が受け取ったメッセージ)




バガヴァンがいつもあなたと共にありますように。


ババ様はこれまでも、あなたと共にいらっしゃいましたし、これからもいつもあなたと共にあり続けます。


スワミは、いかなるアヴァターも残さなかった真理の富を残されました。


最後の呼吸まで決して終わることのないこの世の義務に焦点を当てる一方で、私たちはスワミを、私たちの背景として持ち続けなければなりません。私たちの最前線として、私たちを守る屋根として、また私たちのビジョンとして保たなければなりません。ハートが清らかで、利己心がない限り、私たちの行く手は明らかになります。


私たちの意思決定に困難が生じるのは、頭と心の間の糸が弱くなって、都合の良いことをするように、私たちを引っ張るからにほかなりません。この容易さへの誘いを断ち切って、真実のもの、正しいもの、魂のこもったもの、さらにはババが私たちに教えたような愛を放つものへと導かれることができるかどうかが試金石となります。








私は今朝、スワミを子供部屋でお見かけしました。スワミはそれが全く普通の日であるかのように椅子に座っていらっしゃいました。私はスワミにお尋ねしました。


「私はこうしてスワミを見ているのに、なぜこれほどまでに胸が痛むのでしょう?」


スワミは微笑んで、お答えになりました。


「私でさえ、帰依と信仰と忍耐があるところでは、私自身の肉体に執着してしまいます。あなたが私に執着するだけ、私もあなたに執着します。私は、私自身をあなたに示さなくても、あなたを見守ることはできますが、私はあなたに私を示します。


ときには思いの中で、


ときにはビジョンの中で、  


ときには言葉によって、 


またときには、あなたが私を見ているような姿で、


私がこうしたすべてをあなたに示すのは、私もまた私に対するあなたの帰依を楽しんでいるからです。


あなたが喜びに満たされれば、私のハートも弾みます。


あなたが泣くときは私も泣きます。


そしてあなたが微笑むときは   


私は、あなたで私を満たします。







「私はあなたを信じています。    


あなたが知ることができるよりも深く、


私は何年間も泣きました。それは私が、あなたが私の中にあなた自身を置いたことを知ったからです。       


また、あなたの心が揺らぐときにさえ、  


あなたは私の所に駆け付けて、あなたをあなた自身から救って下さいと私に頼みます。


私はいつもあなたを救ってきたし、これから先もいつもあなたを救うことでしょう。あなたの人生の一瞬一瞬において、私は一歩あなたの先にいることを覚えておきなさい。


あなたがそのことを十分に知って、その力を活用するならば、 


あなたは目標に到達するでしょう。


そして私の意志が輝いて、信仰と帰依と共に道を歩いて、私の仕事を完成した歓びをあなたに与えることでしょう。








あなたはあなたを信じなければなりません


あなたが私を信じたように。


あなたはあなたの中の清らかさを愛さなければなりません。


あなたが私の清らかさを愛したように。


あなたは悪いことは何一つ起きないことを知らなければなりません。


私がどこに行ったというのでしょう?私がいったいどこに行くことができるでしょう? 私はあなたが私の中に留まると同じだけ私もあなたの中に留まります。


それは、存在の最初から私が意志していたことであって、


時間の最後まで、そしてまたすべての時間が始まるまで、


あなたと私の絆は保たれます。





あなたは私のものです。決してあなたは、それを忘れてはなりません。
私はいつもあなたのものです。
私があなたのものであることを覚えていて、私たちが一つであることを祝っていることを、たとえあなたが忘れたとしても・・・。
あなたが、疑うことなく私に近付くのと同じだけ、
あなたが私の純粋さに身を委ねて、それをあなたのものにするのと同じだけ、
あなたの中に私がいることを確かめて、それが本当であると認めるのと同じだけ、
あなたがそれをするのと同じだけ、
それだけあなたは、全宇宙が私の姿であることを知り、
全宇宙が私の身体であり、私の意志であって、

この軌道にやって来るあらゆるものが、私の意志によってそこに置かれ、あなたに対する私の愛によってそこに置かれていることを知るでしょう。








あなたは苦痛を味わっています。それは、あなたの心が、私の身体がこれで終わりだということを信じ始めたからです。そのためにあなたは泣き、落胆し、絶望的になっています。


しかし、あなたの本心は、いつまでも黙っていないということを覚えておきなさい。


私があなたの中に仕込み、この宇宙全体に仕込んでおいた真理の言葉は、秩序のある統合された宇宙によって翻訳され、あなたの存在のすみずみまでがその力を放射して、心を至高の仕事に連れ戻すことでしょう。その至高の仕事をたどる筋道のヒントを、私は、この世界のいたるところに残しておきました。







私はどこにも行っていません。


それが絶対の真理であると知りなさい。


私はあなたがいる所にいます。


私は今も、そしていつまでも、一瞬一瞬を見守っているにもかかわらず、もしあなたが自分自身を忘れたならば、私を見ることはできません。







歓びの内にいなさい。


私があなたに恩寵として贈った私自身の至福をとらえなさい。


涙は弱い心の道具です。


それはあなたの杖にはなりません。またそれは、あなたがそれを通して物事を見るべきメガネでもありません。


一つひとつすべてが私のものです。


そして私はすべての人のものです。


.清らかな心と愛に満ちたハートをもった献身な帰依者たちは、時折り私を呼び求めることでしょう。


彼らだけが、その純粋さの力によって、再び世界が私の姿を見るようにすることができます。


そして、私は再び、両手いっぱいの贈り物を持ってやって来ます。


あなたは私を信じなければなりません。というのも、何であれ私が言ったことは無駄にはならないからです。


何であれ私が言うことは真実になります。


いつも私を覚えておきなさい。


私があなたの前にいることを知りなさい。


感情からあなた自身を解き放ちなさい。


そして、私が戻って来るのを待ちなさい。




テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2011/09/21 01:59】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
透視の知人のサイト紹介
サイババつながり?の、透視の知人、風至さんのブログです。

透視カウンセラーの休日


ブログしようかな~、みたいなことを言ってらして、始める前から言われても~、どんなのになるか分からないし、リンク願いは
とりあえず拒否って進行状況を見てたんですけど 笑

さすがに職業がら 興味深い記事を書いてきてるので紹介させてもらいました。


3月末にサイババが危篤になって死亡説も流れ、プッタパルティの街が大騒ぎになった日にちょうど風至さんとスカイプしてたので、
「街がこんなことになってるんですけど、ババはどんなか見れますか?存命なんでしょうか?」
みたいに聞いたらこころよく見てくれて、

反応が弱いながらも存命のようです(どんな言い方だったかは忘れましたが)というのを聞いて、
安心してその日は眠りにつくことができました。


最新記事は妖精ですか。

妖精じゃないけど、
わたしは西宮のごく普通の住宅地で子供時代を過ごしたんですが、あるとき家の前の細いどぶの水の中をオオサンショウウオが流れていったのを見ました。

あれはなんだったんだろう。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2011/08/06 04:19】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(1) |
知人のブログ「まいにちVegi」のご紹介
知人kcm-29さんのベジタリアン料理ブログ「まいにちVegi」です。


まいにちVegi


毎日の料理が負担にならない簡単な菜食のおかずや、食材など、あれやこれや、、、

ということで、ブログを拝見するとこんな私でも「これ、作ってみようかな?」と気軽に思わせてくれる、
一見敷居が低そうなハイテクブログです(!?)

ほんと、料理したくなりました。

味噌も、つくりたくなった。

インドでも作れますよね。味噌。


ネハ#12441;ネハ#12441;和え[1]
「まいにちVegi」より、ネバネバな具材ばかりを和えた「ネバネバ和え」

キノコこ#12441;飯[1]
おなじく「まいにちVegi」より 「簡単キノコご飯 」


料理か~。

ついでにフードマントラのご紹介。。。(←あ、食べるほうに回った!)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(カタカナはあくまで参考程度)

唱えるときは普通、最初に「OM」と言ってから唱え始めてます。

http://www.sathyasai.org/devotion/prayers/brahmar.html
(↑インターナショナルサイオーガニゼーションのサイトを参照させていただきました。音声もあります。)

Brahmarpanam Brahma Havir (ブラムハールパナム ブラムマハヴィル)
Brahmagnau Brahmana Hutam(ブラムハーグナウ ブラムハナーフタム)

Brahmaiva Tena Ghantavyam(ブラムマイヴァテーナ ガンターヴャーム)
Brahmakarma Samadhinaha (ブラムハカルマ サマーディナー)

Aham Vaishvanaro Bhutva(アーハム バイシュワーナロー ブットヮーー)
Praninaam Dehamaa Ashritaha (プラーニナム デーハマー シュリタハ)

Prana Pana Samayuktah(プラーナー パーナ サマーユクタハー)
Pachamyannam Chaturvidham(パチャーミャンナム チャトゥルヴィダム)



※Brahmaはブラムハーと発音したり、ブラムマーと発音したり、人によって違いますが、ブラフマーではないと思います。
hmと続くときにはmhと入れ替えて発音する法則がサンスクリット語にはあるそうです。

このマントラは食前のマントラとして有名ですが、
実際、あらゆる場面に対応する根本的なマントラなんだろうなと思います。

特に前半、なんもかんもみんな神様だよ!みたいなマントラですもんね。

このマントラ、後半は視点が変わるからぞくっとします。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

【2011/07/17 03:18】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ありがとうございます。いつのまにか紹介されていました。
こんな非公開コメントをいただきました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

サイラム


こんなの見つけました。


http://news.ameba.jp/20110509-197/

http://www.myspiritual.jp/2011/05/post-3063.html

この二つのサイトは連動しているみたいなのですが。

(以下略させてもらいました)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



知人に、だれかが「紹介されてますよ」と、コメント欄に書いて教えてくれましたと言ったら

知人は

「みたよ。凄いじゃん」

わたし

「そうですか?」

知人

「下の『あわせて読みたい』で、ダライラマ訪日と同時紹介だよね」

とのこと。。。。それは凄い。笑



(ちゅうかまあ、よく考えてみると当然、サイババのお葬式ありきなわけなのだけど。)




まあ、とにかく、教えてくださった方、ありがとうございます。





そういえば今日の午前に、プッタパルティのインド占星術師のところでちょうどダライラマの話しをしていたところでした。
チベットに行ったことあるの?とか聞かれたので、

「チベットはないけど、インドのレーには行きました。あそこにはたくさんのチベット人が住んでてチベット寺もたくさんあって。。。」みたいな。

ダライラマには2回あったことあります。1回はインドのダラムサラで、2回目は東京で。

ダラムサラでは握手しました。

とか何とかそんなような話。


占星術師はダライラマは世界中の国のトップと直接会ってる。みんな彼のエネルギーが好きだから。
とてもいい人物だ、みたいなことを言ってました。

ダライラマが何度か夢に出てきて何か教えてくれたりしたことがあるというと、
占星術師は
「だからわたしはこの質問をしたんだ。何かが私にこの質問をさせたんだ!」
みたいなことを言っていました。笑



今日は朝から活動的にしていました。

でも今日の朝は曇ってて涼しくて、ここ数日猛烈に暑かったので、神の意思と恩寵を強く感じました。

天気が曇ってるだけで恩寵を強烈に感じるなんてどんな過酷なとこなんだここは、ともいえるし、
なんてすばらしい、いちいち神を実感できる場所なんだここはとも言えるし。


恩寵の中にいることを感じると最近はあっけに取られるばかりで具体的な反応が出てこないことが多いです。


昼にアシュラムのウエスタンキャンティーンに子どもとともに行きました。

子どもが「へびへび」というので「どこよ?」と見たら、
キャンティーンの前の大きな木の根元の茂みの辺りからへびが顔を覗かせていました。

うわっと驚くとまもなくヘビは顔を引っ込めて隠れました。

あの顔はコブラだったような気もします。


自分としては今朝からいろいろ活動してて、そういうことも考え合わせて、
へびが神の承認の姿とも思えました。

「それでいいよ」「ここにいるよ」みたいな。


コブラだったら危ないし、一応近くのセバダルに報告して、
その後3人のセバダルが棒を持ってそのあたりを警戒してましたが、その後は出てこなかったみたいです。



と、これをアシュラムの芝生のところで書いてるんですが、
そうしているあいだにも
今まで見たことのない奇妙な形状の小さな虫がさっきサリーの上に乗っていて、
今はやっぱりはじめて見る、極小で極彩色なクモがサリーの上に乗っていました。

深い紫ピンクと蛍光色の水色のクモ。


子どもは

「今日はいっぱい不思議なもの見るね」

と言いました。



私もそう思う。



17日のブッダプールニマにはなにかプログラムをするのでしょうかね。
仏教系の国の人たちがけっこう来てて、
日本人もけっこう来てて、

数日、昼は閉めてたウエスタンキャンティーンも今日から20日までは昼もオープンするみたいです。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

【2011/05/15 19:41】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ブログ紹介「心を浄化して幸せになる方法」
水井伸輔さんがご自身のブログ心を浄化して幸せになる方法(←クリックして飛べます)で、子連れインドサイババおっかけブログの体験談を紹介してくださいました。

この体験談を読む少し前にお友達から同じような体験を聞かれたそうで、それに関する考察も興味深いです。

水井さんのブログの中の、テーマ「コダイカナルの星~サティアサイババ訪問記」では数年前にコダイカナルにサイババに会いに行った時のことが書かれてあり、
当ブログに来てるような方がたには興味深い内容だと思います。


コダイカナルいいですねー。
今年はババのコダイカナル滞在があればいいなー。

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2011/01/07 13:55】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ブログ紹介
日々マーヤーと戦っているアナタ。
どうせだったらマハーマーヤーにお願いすると、向こうからやってきて覚醒させてくれるそうですよ。

マハーマーヤー、て、女神、シャクティ、、、っつーことでよろしかったでしょうか?

参考ブログ

リアルワールド

カテゴリー「マザー」参照。
【2010/04/09 04:10】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。