スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
メディスンブッダマントラリトリート再び
前にも同じ動画紹介しましたけど、



The Medicine Buddha Mantra
- chanted before Bhagawan Baba in the Tibetan Buddhist Chants For Universal Peace 2009 programme

|| TADYATHA OM BHEKHANDZYE
BHEKHANDZYE MAHA BHEKHANDZYE
RANDZA SAMUGATE SVAHA ||

Chanting of the Medicine Buddha mantra with a pure heart and intent is a powerful method not only for healing oneself and others, but also for overcoming the 6 enemies of man:
Desire, Anger, Greed, Pride, Attachment and Jealousy.

This powerful mantra has the ability to purify negative karma. By chanting this mantra several times, one will not be reborn in the lower realms.


テヤタ~ オ~~ム べ~カンゼ~~
ベ~カンゼ~~ マ~ハ~ ベ~カンゼ~~~
ランザ~ サ~ム~ガ~テ~ ソ~~ハ~~~~~


5月5日にまたこのメディスンブッダマントラのリトリートをシンガポールでするようです。

遠方から遠隔参加可です。

参加希望の方はフェイスブックのページをご覧ください。

http://www.facebook.com/events/292443307502182



わたし前回はラーメーシュワラムのホテルで一人リトで108回だけ唱えたけど、

今度もやろうかな。


申し込んで名前を告げたりしたら、前はUSAのチベット仏教の高僧のとこにその名前送って祈願してもらったりしてたんだと思います。

わたし思うに、たぶん今度もそうと思います。


自分のため、人類のため、さまざまな存在のため、地球のためはもちろんのこと、

誰か病気の親しい人がいたら参加者は病気の人の名前も送ったら
リト中にそこのみんなが祈ってくれるんだと思います。


前回は特別に日本と日本の人たちのためにみんなで時間をとって祈ってくれたそうです。



こないだのスマトラの地震は彼らはどうだったんだろう。。。
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2012/04/28 03:09】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(1) |
マントラと呼吸の早さ
ここしばらく混乱が多いので、むかし夢でサイババにもらったマントラでも唱えてみるかと思って、108回を3回くらい唱えてみました。(108回→ほんの数分)

毎日唱えろって話なんですが、めんどくさがりで。。

というかそういう系の修行のメンタリティがなくて。


そしたら最初の108回で呼吸の仕方が違うみたいで、すぐに全身細胞活性シャワーみたいになって、

息が深くまで、吸ってるかどうかわからないくらいゆっくり入ってる感じ?



サイババのとこに来る人とか、スピ系の人、いろいろ瞑想とかなんかの団体に入ったりして経験してる人多いと思うんですが、

私そういうのがないのでいいのかなんなのか。


かっこよくいえば?自分とサイババだけですが、
間にもうちょっとなんか具体的に欲しいようなときもあるけど、

たぶんなくていいんだろうとは思います。


いろんな人に関わってくと、サイババにたどり着いてサイババがクリシュナそのものだとまともに認識できるにはふつう、クリアーしなければいけない、サイババとその人との間のものがすごくたくさんあるみたいで、

サイババを認識することが人生の唯一の目標ではないと思うんですが、どのようにサイババを認識しているかということがひとつの目安にはなるんじゃないかと感じています。

認識するだけじゃなくてたぶん実際に動いていく必要もあるんでしょうねきっと。?


認識したら動いていかざるを得なくなるような。


どうなんでしょう。




テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2012/04/25 12:49】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
メディスンブッダマントラ1Dayリトリート(ありがとうございます)
吉祥の3月17日の今日、シンガポールでメディスンブッダマントラの1日リトリート(つまりみんなでマントラを唱える)が行われました。

|| The Medicine Buddha Mantra ||

|| TADYATHA OM BHEKHANDZYE
BHEKHANDZYE MAHA BHEKHANDZYE
RANDZA SAMUGATE SVAHA ||




テヤター オーム ベーカンズェー

ベーカンズェー マハ  ベーカンズェー

ランザ サームーガーテー ソーハーー


私も少ないですがホテルの部屋で苦情が出ない程度の音量で108回唱えました。

唱えだすとすぐに、シンガポールで(だったと思いますが)人々が集まって座って唱えてる様子や、世界各国のそれぞれの場所で唱えて参加してる人たちがビジュアライズされて、
自分自身がそのネットワークへのつながりによっていっきに引き上げられるのを感じました。

まさに光のネットワーク。

からだや心の治癒を必要としている知人たちを思い浮かべながら、また、世界中の分離が統合へと光の中で解けていくように
そんな気持ちが自然に起こりながら唱えていました。

世界に見えるあらゆる身体的、精神的、霊的な病理は私自身が必要としている治癒を体現してくれているものとして、
そこにこのマントラのやさしいエネルギーが注がれて力を与えられるように祈りました。

ある種のマントラの素晴らしいバイブレーション。

サイババが世界平和のためにはマントラを唱え続けなさいといったというのはこういうことだと体感できるようなひと時でした。

当ブログで発信した情報を受け止めて主催者に個人的に連絡を取って日本や各国から参加してくださった方たちもいらっしゃったようで、
ありがとうございます。

私もこのような機会に加えていただけたことを感謝します。

サイラム

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/03/17 23:29】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
メディスンブッダリトリートの案内(シンガポール)
さわやかな華僑の息子からメディスンブッダマントラの案内が来たので一応お知らせ。
こんどの3月17日だそうです。

といっても日本で唱えられる人はほとんどいないと思うけど。。。

でもなんか、ありがたいことに、
リトリートの最後に日本のために特に祈ってくれるそうなので日本語でもお知らせしときます。

私は参加するかどうかまだ未定です。
できたら少しでも参加しようかな。(プッタから)

この日は別のヤグニャの情報ももらってて、参加するかしないか考えるの停止して放置してましたが、どうしようか。
でもということはこの日は特に吉兆な日なんでしょうね?
こういう予定が重なるということは。きっと。

でもとにかく、3月17日にはシンガポールから世界に、そして日本にも特に祈りがささげられるということです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


SaiRam親愛なるシスター・SAWAKO


私たちは次の土曜日3月17日にメディスンブッダの1日リトリートを組織します。

その日にメディスンブッダのマントラを唱えてどうぞわたしたちに加わってください。
これは何倍にも功徳の増えるとても吉兆な日です!

リトリートのスケジュールは以下のとおりです:

10.00am – 10.15am : 開始の祈り
10.15am – 12.30pm : メディスンブッダマントラ
12.30pm - 1.30pm : 昼食
1.30pm – 4.30pm : メディスンブッダマントラ
4.30 pm – 5.00pm : お茶休憩
5.00pm – 7.00pm : メディスンブッダマントラ
7.00pm – 7.45pm : 献身の祈り
7.45pm – 8.00pm : 閉会の祈りとマンガラアラティ


私たちは、リトリートの最後に日本の回復のために非常に強力な献身(の祈り)を行います。

もしあなた自身やまたは愛する人のために特別の祈願の献身を行いたい場合、あるいは祈願献身を行いたい誰かを知っている場合、
「ーーーーーーーーーーー(一応ブログではメルアド伏せときます。)」で私にメールしてください。

(※マントラとなえるのに参加したい人がいたら下のフェイスブックのページからでも問い合わせてください)


どうぞ記入してください-
姓名(S):
________________________________
祈願:
______________________________________
病気(もしあれば):
_______________________


詳細に関してはフェースブック・イベント・ページを参照してください。

http://www.facebook.com/events/375009025844095/

Jai Sai Ram!
愛を込めて
♥ BuddhaSai


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(原文↓)


Sai Ram Dear Sister Sawako,

We would be organising a One-Day Retreat with Medicine Buddha next Saturday, 17th March.

Kindly do join us on that day by chanting the Medicine Buddha Mantra on that day - which is a very auspicious merit-multiplying day!

The schedule of the retreat is as follows:

10.00am – 10.15am : Opening Prayers
10.15am – 12.30pm : Medicine Buddha Mantra
12.30pm - 1.30pm : Lunch
1.30pm – 4.30pm : Medicine Buddha Mantra
4.30 pm – 5.00pm : Tea Break
5.00pm – 7.00pm : Medicine Buddha Mantra
7.00pm – 7.45pm : Dedication Prayers
7.45pm – 8.00pm : Closing prayers & Mangala Arathi

We would be doing very strong dedication for the recovery of Japan at the end of the retreat. If you would like to have a special prayer dedication done for yourself or your loved ones, or if you know of anyone who would like to have a prayer dedication done, please email me at "dedication@BuddhaSai.com"

Kindly include -

FULL NAME(S): ________________________________
PRAYER: ______________________________________
SICKNESS (if applicable): _______________________

Do refer to the Facebook event page for more information
http://www.facebook.com/events/375009025844095/

Jai Sai Ram!

With Love,
♥ BuddhaSai


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

|| The Medicine Buddha Mantra ||

|| TADYATHA OM BHEKHANDZYE
BHEKHANDZYE MAHA BHEKHANDZYE
RANDZA SAMUGATE SVAHA ||




↑2009年の世界平和のためのチベッタンブッディストチャンティングプログラムで
サイババの前で唱えられるメディスンブッダマントラ

(0:40くらいから素朴でさわやかで自信たっぷりな華僑の息子(10代)がサイババに語りかけてます。
ちなみに彼は小さいころは舌が短くて言葉がしゃべれなかったらしいです&多動症(ADHD)で目を離したらベランダから飛び降りたりしてたらしいです)

The Medicine Buddha Mantra
Chanted before Bhagawan Baba in the Tibetan Buddhist Chants For Universal Peace 2009 programme

|| TADYATHA OM BHEKHANDZYE
BHEKHANDZYE MAHA BHEKHANDZYE
RANDZA SAMUGATE SVAHA ||

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2012/03/10 21:28】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(1) |
「日本人みんなにしらせなさ~~~い!!」、、、、、また~っ!?爆
こないだ、知人の家を提供してもらって、お地蔵さんマントラを唱えました。

チムボーチムボーチムチムボー♪ のやつ。


ちょうどその前くらいにもっのすごくやばい感じがしてたので、(房総半島&首都圏水没?みたいな)

地震予知の犬猫のように落ち着かずおろおろしていたのですが、

ちょうどチムボーチムボーマントラを5日に唱える予定にしてたので、よかったです。


華僑の?おばちゃんに、みんなを集めて唱えろとかいわれて、
普段だったら面倒だから聞き流すんですが、
このときはチベッタンマントラの練習にやたらめったら感動した落涙しまくりの後だったので、
これは義務だなと思ってやることにしました。

おばちゃんはそのとき来てたロシア人の女性たちにも
「あなたたちもやりなさい」
とかいってて、
ロシア人も感動的な感じで「もちろんよ~~~」と言ってたし、
「やるの?」と聞いたら「やる」というので、

3日か4日にどこでどう集まるか相談しようと話しかけたら忙しくて時間ないし無理と言われてしまった。

まあじっさい忙しい彼女だけど、
やらないってわかってても「もちろんやるわ~!」とかいうんだなと、皮肉でなく不思議に思った。


と言うかその時は何も考えずにその場のノリで反応してたのかな?



で、結局わたしと、日本人の知人と、あと、元だんなも誘っていきました。
2人より3人でやるほうが何かいいような気がしたので。

そんで、サイガヤトリーとガヤトリーマントラと、グリーンターラーマントラを唱えたあとに
チムボーチムボーを始めました。(けっこう長いマントラ)

54回でいったん休憩して、また54回唱えて、
2時間で108回唱えました。3人とも。

唱えてて、本当にこういうことは私に向いてるし、いるべき場所にいるべきときにいて、やるべきことをやっていると言う100パーセント腑に落ちた完璧感みたいなのを感じつつ唱えていました。

もとだんなは最初の54回は意外にまじめに唱えていたけれど、

次の54回の時にはだんだん夢の世界にシフトしていっているのが感じられました。(座って寝てた)

なので時々つついたけどあまり意味なし。


もとだんは、このようにけっこうあっちの世界に行って唱えてなかったけど、代わりにと言っちゃあなんだけど、
知人の娘が一緒にしばらく一生懸命まねして唱えていました。

だから数のカウントはもとだんと知人の娘のをあわしてちょうど一人分になったかも。




そして夜は知人と私の2人で1時間で54回唱えました。


知人のだんなさんがキャンティーンからご飯を持って帰ってきてくれてたのでみんなで食べました。



マントラ後は不安感がほとんどなくなりました。

と言うことはその分世界もちょびっと変わったのかも?



5日にはシンガポールで人々が集まってこのマントラが10時間?唱えられたそうです。

私たちも遠くからそれに参加したと言うわけ。



参加してよかった。

唱えた回数は私がメールでシンガポールのそのグループに報告し、
それがまたUSAのチベット人の高僧に名前とともに報告されるらしいです。

中国人のおばちゃんいわく、
よいカルマが(天の?)銀行に預金されるんだとのこと。
さすが富豪華僑。

桁違いの?富豪っぽいと思ってはいたけど、
ある雑誌で雑誌全部がサイババ特集されてて、そこにおばちゃんのさわやかすぎる息子が寄稿してて、
その息子のことは「成功したビジネスピープルの息子」と紹介されてあったのを先日発見。
富豪、まちがいない。笑


なんにしろ、マントラをみんなで唱えて楽しかった。
これは自分にはすごくはまってると思った。
永遠とつながった瞬間でした。



みんなが唱えた回数を華僑の一人に報告したらさわやか息子(17歳)がフェイスブックで返事をくれた。

ふふ。若返った気分。笑

「Sai Ram Sister Sawako - I have already included your Ksitigarbha chant count into the total chant count. May Japan, through your virtuous deed, be free from all sorts of natural calamities, and may all the Japanese people who have been affected by previous natural disasters recover immediately without any obscurations! Jai Sai Ram! <3 BuddhaSai」





そういえばその日、サマディーダルシャンに出て、知人の家に唱えに行く前にベーカリーの前でチャイを飲んでたら、
インド人のおじさんに話しかけられて、

私が日本人とわかると彼は狂ったように熱弁をふるいだした。


何でも、サイババが深刻な容態だったときに
彼のビジョンにサイババが現れたそうで、ババは、

日本の震災で原発が爆発しようとしたけど、そのショックを全部自分に引き受けた、なぜならそれは原爆1000個分の威力があって、
それが爆発したら世界は終わりだったから、みたいな事を言ったといっていたかな?

だからそのショックをあえて受けて、ババは持ちこたえられなくなった肉体からは離れたと。

そんなようなことを彼に瞑想の中でいっていたそうです。



で、そういう情報を日本人みんなに知らせなさ~い!

とかいうんで、いいですよ、と言ったので下にはっとこう。

時間の取れる人は日本語訳してください。



知人に「そのインド人のおじさんに『日本人みんなに知らせなさい』とか言われた。」といったら

「また~~~っ!!!???」
と、ウケていた。


わたしって、そんなにしゃべくりそうな顔をしてるのか?そうかもしれないけど。


とにかくそのおじさん(Mumbai Srinivasan)が伝えたかったことはこれ↓







MERCY OF BHAGAVAN TO PROTECT THIS MOTHER EARTH:

Sai Ram.
Please allow me to share the following information with you all. By the Grace of Bhagavan Baba I had been fortunate enough to get initiated in Kundalini Sidha Yoga, and Bhagavan has been in constant touch in guiding me in my Dhyan marg. Swami had blessed me with various Divine Experiences and also Divine visions during meditation
A couple of days after Hospitalization in a very serious condition, Bhagavan was kind enough to give me a vision, and revealed an import message on His physical condition. I am giving below some of the points which, Bhagavan revealed during that Divine vision.

The Negative & Positive vibrations:
These vibrations are, in fact, being created by the human beings by their thought, words & actions. Swami uses the word, “Thrikarana” . By developing the demonic qualities , the negative vibrations are being created. The only way to erase these negative vibration is by creating positive vibrations, by inducing people to imbibe Divine qualities. The Divine qualities, the Sathwik vibrations are more powerful than the demonic qualities.

The Negative vibrations were developed in our Puranic period, by the Rakshasas, and when this crosses certain limits, the God assumed the responsibility of neutralizing it, by appropriate methods. The Lord used to come down as Avatar to reestablish the Dharma.

The Burden on Bhoomatha (The Mother Earth)
The Rakshasa Guna (the Demonic quality) in this Kali Age had seen many fold increase. The greed, selfishness, and the activities in annihilation of humanity are all having severe negative effects in the world. The first casualty is the very “mother Earth”. The over exploitation of the natural resources is causing immense damage to Mother Earth. Presently the womb of Mother Earth is in great turmoil causing dislocation of natural resources within. Swami uses the word “Bhoo Garbham”!!!

Swami is very much concerned about the consequences, such as the possibilities of recurring Major Earth quakes all around the globe. Heavy and fearful re-adjustments of the resources including the natural gases, rocks, minerals etc. are happening in a big way. The example of such development is the recent Earth Quake in Japan, which was a very serious matter. Swami says , that He has to intervene in limiting the possibilities of mass destruction around globe. Swami had another concern on the possibilities of heavy leakage of Nuclear Radiation spreading over the world. The explosion of each of the Nuclear energy Reactors, could have caused destructions equivalent to hundreds of Nuclear Bombs. The explosion in 4 reactors could have caused destruction all over the world. It is feared that much more Earth quakes may happen in several places.

Bhagavan then declared:

“It is under these frightening moments of the humanity, that the Lord decided to interfere in restoring safety and confidence in the humanity at large. Bhagavan had to take over the severe impact of the situation, risking His own Physical conditions. It is also important to minimize the impact of possible further earth quakes elsewhere. You should understand that it was the Lord’s intervention that the effects of Nuclear leakage had been contained. Here, you should know that the Divine Power can protect humanity better than the skills and knowledge of the scientists and Engineers.”

The power of Prayers:

Swami continued:
“I mentioned about the cause and effect of Positive and Negative vibrations. The prayers, Yagnas, the attitude of seva and other noble activities create the positive Energies across the globe, which can nullify the negative energies. I am aware that all devotees across the world are engaged in deep and sincere prayers, and the severe bad effects of negative energies are being , slowly and steadily, wiped off or neutralized. When the negative energies are ultimately won over by the Sathwik and prayerful activities, Swami will be relieved off the pains He is presently undergoing. The good effects of positive energies had already started working .

I am very happy that the whole world is in prayerful mood, which had never been witnessed so far. The whole of humanity especially the sai devotees are playing their part , engaging themselves in a great task.
My Blessings to one and all !”


With Love & Regards,
"Mumbai" Srinivasan



だれか日本語訳もとむ。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/02/11 04:02】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(3) |
ヴェーダナラヤナンさんによるサイガヤトリー解説
しんじさんのブログを見たら、ヴェーダナラヤナンさんによるサイガヤトリーの解説のユーチューブが紹介されていました。



以下、しんじさんのブログより転載

http://ameblo.jp/ganapathi/entry-11145481036.html

このビデオの3分17秒から、9回にわたって、サイガーヤトゥリー マントラが唱えられていますが、この音源は、プラシャーンティ ニラヤムのマハーサマーディ ダルシャンの時に会場に流れているサイガーヤトゥリー マントラと同じ音源(少なくとも同じ人が唱えている)だと思います。




前半はヴェーダナラヤナン先生による、サイガーヤトゥリー マントラの解説です。




1977年の12月24日に、ホワイトフィールドで、当時のインド第一のヴェーダ学者と言われていたガンディコータ スッブラマンニャム シャーストゥリが、スワミのいらっしゃるところで学生たちにスピーチをしている最中に、スワミが玉座に座っていらっしゃる御姿を見たときに、サイ ガーヤトゥリー マントラの啓示を受けられて、その場にいた学生たちに公表されたのですが、ヴェーダナラヤナン先生は、その場にいらっしゃったのだそうです!




サイ ガーヤトゥリー マントラを唱えると、スワミの恩寵を直接受けることができます。その意味で、これはサイの帰依者たちにとって、最強のマントラです。



(↑ここまで転載させていただきました。)

しんじさんとKC2さんとShinさんのブログもリンク集に加えさせていただきました。

ありがとうございます。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/01/25 18:11】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
メディスンブッダマントラ
メディスンブッダマントラも発見。
これもだだ泣きマントラ。




このメディスンブッダはマントラ練習の進行のおばちゃんによるとヴィシュヌと同じとみなすらしい。

すべてのネガティビティを浄化。

おばちゃんはサイババに言われたからか、常に世界の痛みや困難を取り除くためにこのマントラをみんなで唱えるプログラムをやってる意識があるみたいで、
すごくビジョンがはっきりしてる感じで全然ぶれないです。

しかし、世界を変える必要はないと言っている。

私たちは自分自身を変える必要があると。


たしかに、これらのマントラを世界の平安のために、他人や他の存在の利益になるようにという気持ちで唱えていたらなによりも唱えている本人が一番浄化されてからっぽになり、平安になります。

そのように私たちは自分自身を空っぽにして、いろんなものを超えていき、生まれも死にもしない永遠のババにふたたび繋がりなおすのかもしれません。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/01/23 04:45】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
The Long Dharani of Chenrezig のマントラ
明日のプログラム用に練習してるチベッタンマントラの、最後のほうに大団円的に唱えるやつをユーチューブで発見。



ユーチューブではちゃかちゃかした感じですが、練習ではたいこの「ドーン」「ドーン」という太い音が入って、すごくいいです。

これはチベットのだけど、サンスクリット語で唱えられてるものだそうです。

沖縄っぽいですよね。
わたしこういうのに弱くてなんか、「ここに来るまでいろいろあったけど、ほんとうによかったーー」って感じでグランドフィナーレ大団円な雰囲気に感動して胸いっぱいになるという。

なんか、自分の原風景か、深いとこにこういうのが刻み込まれてるのかもしれないと思います。

やはり、昔はよく、普段の生活してる中でそういう精神回路になることがよくありました。

いろいろあったけど、もういよいよ終わりだ、、、ああ、よかった、、、感無量、、、ありがとう地球よみたいな。

そんで、すべてが自分の夢であったことを思い出しそうになって、懐かしいような、悲しいような、ああ、もうちょっと待って。。。まだ夢を見させておいて。。。まだ終わりたくない、と胸が締め付けられるような感情に襲われたり、

ババのダルシャンを見てるとき、特に音楽プログラムを見てるときなんかも、
よく、すべては終わってしまったこととして感じられて、
自分の意識の中で回想シーンを懐かしんでいる気持ちによくなり、変な気持ちがしました。


このマントラはアワローケテーシュワラのマントラと言っていたかな?

聞いたのを書いてるので聞き違いとかで間違ってるかもしれませんがすみません。
これは千手観音の姿をしていて、
頭も千個あるそうです。

なぜそうなったかというと、この存在はやはり地獄が空っぽになるまで自分はブッダにはならないと誓ったらしいのですが、
ある時、もうみんなが救われたと思ってブッダになったかなろうとしたのかな?
そしたら別の仏陀が来て、「地獄はまだいっぱいだよ」と教えたそうです。

そしたらそれに気がついたその存在はものすごいフラストレーションを感じて爆発して千もの部分に飛び散ったそうです。

バラバラになったその存在を仏陀は集めてまたひとつにしたそうです。

だからこのアワローケテシュワラ?は、千の手と千の頭を持つそうです。


なんとも激しい物語ですが、粉々に爆発するほどのフラストレーションはいかほどのものだっただろうかとか思います。


しかしこれは幸福をもたらすものすごく強力なマントラだそうです。
個人的にはこのマントラは幸福をもたらすというより、なんかもう、すべてが運ばれてきて得られた後みたいな感じもします。
今日の練習ではこのマントラの1回目はバラバラでうまく合わなくてすぐに止められたのですが、

練習の進行をしてる責任者は「みてごらん。これが障害だ。彼らは救われたくないんだよ。」と、軽いノリで笑って言った後「ソーリースワミ」と、写真に向って言っていました。笑


でも、プッタパルティは聖地でバイブレーションが高いことは言ってもいいと思いますが、そういうところって、
そこで起こったことや祈ったことは何万倍にもなって世界に影響するし、
逆に世界の状態がこのように示されることもありうるかなとは思います。

昔北インドのパタールブヴァネシュワルでプージャをしてもらったときも、それはものすごく効果があるということを聞きました。

強烈に濃いバイブレーションの中で行われたプージャだからだと思います。


だから、プッタパルティでの祈りもまっすぐに実現しやすいのだろうと思います。

こういう場所でみんなで世界やほかの人の幸せを願う祈りに参加させてもらえることは本当に幸運なことだと思います。

責任者のおばちゃんはずっと半泣きで練習の進行をしていました。
ずっと感動していたらしい。

「わたしはまだ人間だから、自分の感情を抑えられない」
と言っていました。

練習してる人たちも泣きながらしてる人たちが多かったです。
私も練習できるように冷静になろうとするのに苦労しながら唱えていました。
(胸いっぱいで声が出なくなるから)

それくらい、大勢で唱えるマントラの肯定的な力はすごかった。


このマントラ、2回目では素晴らしくぴったり心を合わせて唱えることができました。




こっちのほうが練習の雰囲気に近いのかな?




ああ、これはほとんどそのまんまだ。
しかしこれは画像が渋いですね。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/01/23 04:01】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(1) |
グリーンターラのマントラ
今練習してる8つくらいのチベットのマントラの中で一番好きなマントラ、グリーンターラのマントラをユーチューブで見つけました。

オム タレ トゥタレ トゥーレー ソーハ





これは大勢で声を合わせてみんなで唱えると1回目からどわっとこみあげるものが。

異常に泣ける。
みんなで唱えるとこれはすごいです。

もらったプリントの説明によると、

Chanting of the Green Tara Mantra reduces the forces of delusion in the forms of negative karma,
sickness,afflictions of kleshas,and other obstacles and obscurations.

This mantra also helps to generate Bodhicitta within the heart of the practitioner
and purifies the psychic channels within the body,
allowing a more natural expression of generosity and compassion to flow from the heart center.


つまりは障害を取り除くマントラらしいです。

プログラムの責任者がババに、1~2年前にどうやったら世界に平和がもたらせられるのでしょう、と聞いたところ、
マントラを唱え、マントラを捧げなさい、と、答えたそうです。

プログラムではサイババにマントラを捧げようとしていたのですが、
サイババはサイババのためでなく、世界の平安のために祈れと指示したそうです。


世界にはきっと私に見えている以上の困難がたくさんあるのが現状じゃないかと思いますが、
それらの障害を取り除くためのマントラがこんなに軽やかでやさしくて明るいことに涙が止まりません。


これを唱えているときはグリーンターラになって世界中を飛び回ってあらゆる障害を取り除いて回れと言われました。
練習では最後の1回はスローダウンして終わるのですが、
そのときはグリーンターラは自分の働きに満足してわたしたちの胸の中に静かに帰ってくる。

そして私たちは私たち自身に戻る、とのことでした。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/01/23 02:38】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
チベッタンマントラの練習
明日の午後に行われるプログラムのために1日2~3回チベットのマントラ練習に参加しています。

こういうサイトもあるみたい。

http://buddhasai.com/

ここの「オーディオ」のとこでもひとつ音源があって「チムボーチムボー」が聞けるけど、

私は8種類くらい練習してるマントラの中で好きな3つはここにはない。残念。

メディスンブッダマントラとグリーンターラマントラは毎回号泣ものです。
さがせばどこかにあるのかな?

この2つは短いマントラなんだけど、短いマントラのパワフルさを思います。





これは2010年の中国正月のプログラムのダルシャン。





これは有名なオムマニパドメ(ペメ)フム。

これも練習の最初に唱えてます。





これはカルマパ17世が作曲したと言っていたと思います。

最初、サイババの長生きを祈願するマントラだったそうですが、
サイババは「ロングライフ」ではなく「エターナル」マントラに変更させたそうです。

エターナル。。。永遠の。

プログラムの代表のおばちゃんはその変更の意味が今ならわかると言っていました。

ちなみにそのおばちゃんて、上のダルシャンの動画の真ん中らへんに出てくるサイババとしゃべってチャクラバティさんに指示出してる(笑)おばちゃんです。

こないだチベッタンレストランで今回のマントラ練習に誘ってくれたおばちゃん。

ババは生まれることも死ぬこともない、ババの肉体はもうないから、わたしたちは永遠のババに繋がりなおす必要がある、みたいなことをおばちゃんは言っていました。



このマントラはわたしたちに生まれることも死ぬこともない、永遠のサイババとの再接続をさせてくれると言っていました。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/01/22 18:14】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。