スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
なんかハタヨガ参加してみて思ったこと(他ブログ共通記事)

なんかハタヨガ参加してみて思ったこと(他ブログ共通記事)


今日も午後から知人の家で少しチャンティングをやって、そのあとシバナンダアシュラムのヨガクラスに行きました。


今日は知人に昨日わからなかったとこを聞いてたので(呼吸法どうやるかとか)昨日よりかはきょろきょろするのが減っていたはず。


で、昨日よりもまともに集中してできたので、昨日よりもちゃんとできた分、きつかった。



なんかふくらはぎの裏とかももの裏とかすでに痛いし。



今日は横の西洋人のお姉ちゃんが私よりも体が固くてきょろきょろしてて私を参考にしようとしてたので、絶対無理。と思った。



頭で逆立ちするやつは、今日も「むりむり」と思って、座って休憩時間にしてほかの人の見てたら(横のお姉ちゃんもそうしてた。)


教えてくれてる日本人の先生(インド名 ニルマラナンダさん?)が、


You have to try. Otherwise never なんちゃらかんちゃら~


とまともなことを言うので


つまり、やってみなきゃずっとできんよ、ということだと思うんですけど、


なので、一応頭を床につけてやる気を見せてみた。


見せただけでおわったけど。




参加してみて自分のイメージと違ったところは、


たとえば、肩で逆立ちというのかな、それくらいはできるんだけど、


それをやってたらあちこちつんつんつつかれて、リラックスしろと言われて、


ほら、人間として不自然な姿勢なので、


足をまっすぐぴんと逆さまに立てるのに力を入れてたんだけど、その状態でリラックス!?


と思ったけど、できた。



で、私のイメージとしてはハタヨガって、無理で奇妙な姿勢をいろいろする、万国びっくりショー(て今もあるの?)で、


不自然で、無理する、ちょっときもいイメージありまくりだったんですが、曲芸的な。



あ、違うんだ、と、思いました。




同じく、うーん、魚のポーズかな?


なんか、上向きに寝て、上半身を浮かして弓なりにそらすやつ。


それも、子供のころにおかーはんのを見て遊びでやってたんだけど、曲芸的にやってて、


子供って何でもからだがいうこと利くから、バネと筋力で色んなへんなポーズして見せて喜んでたわけですが、


それも、全然違った。



体、反らすは反らすけど、体の下の両手が支えてるから、


根幹の身体自体は全部リラックス状態みたい。


なので、まだ2日目ですけど、

ハタヨガ=筋力曲芸 なんか無理してるかんじ。身体もあちこちこんがらがってねじねじ。


のイメージから、


オープン&リラックス


に変わりました。




変わりすぎかな。笑



でもそういう、ひたすら身体を開いていくイメージに変わった。



そればっかりじゃないのかもしれないけど、

私の中で、ハタヨガって、そういうオープン&リラックスの真逆のイメージだったものですから、


今日は、とくに、そういうそれぞれのやること(ポーズとか)に必ず開くとこ(筋が延びたりとか稼動域が広がる含む)や、リラックスの要素があったので、それが自分にとって大きな発見でした。


で、やってるときもそういう面に自分の意識の主体が置かれて、開いていってるとか、リラックスつまり何かから自由になってる部分がフォーカスされてました。


肩の逆立ちでも身体のあちこちをつんつんされて、リラックスリラックスとかいわれ、


ええっ!無茶な!と思ったけど、

普段身体を支えてる下半身の役割を上半身が担ってるから、


今は下半身はリラックスしていいんだ、と逆さまになりながら気がついたというか。



先生の説明聞いても実際どうやるかはよくわからないので、横でやってる知人を盗み見て同じようにやってるんですが、


動きがない?


と思ったら舌出してたりするのであせる。



次には顔がくしゃっとなってたり。顔ヨガ。。。


まだまだ戸惑っている2日目。。。





なんかべジの日本料理やというか、すし屋?があって巻き寿司出すらしいのでそのうち行ってみようかな。


(あ、この記事から初めてブログに来た人へ、今、北インドのリシケシ滞在中です)




なんか、なんだっけ、ガンゴートリ?バスで行けるよとか知人が言うので行ってみてもいいかなと思ったけど、

3000メートルとか超えるんだったら寒いよね。


わたしぺらぺら服しか今もってないし。足もと、はだしにチャッパルだし。


なんか、10月の満月?まで行けるらしくて、今年は10月30日くらいまでいけるらしい。


でも~、寒そうさすがに。と思うんだけど。雪もちらついてるらしいやん?



その先のゴームクの話も出て、馬かなんかに乗っていけるとかいうんだけど、あ、それいいねと思ったんだけど、


それも、乗ってたらやっぱ動かないし寒いだろうな。。。と思った。


寒さ苦手。



今、知人の家に泊まってる女の人が寝袋持って行ってるらしいんだけど。




あんまり根性出してつらい思いはしたくないな。




ヨガクラス後は知人とその友達とお茶しました。というか、2人のとこに便乗した。


で、私だけ晩御飯食べた。


なんかリキシャスタンドの近くのムクティカフェだっけ。忘れたけど、


なんだ、こんないいとこあるなら昨日教えてというかんじで、小さいとこだったけどメニューの内容も気が利いててよかったです。


もしかしたらあまり知られたくない穴場?ってほどでもないとは思うけど。


私は玄米と野菜の混ざってごまがふりかけられたやつにピーナツソースをかけて食べるやつと、レモンジンジャーミントティー?にしました。


ね、ちょっといいかんじでしょ。



2人はアップルパイを食べてて、ひとかけら味見させてもらったけど美味だった。




知人の友達はたぶん20年くらい住んでる、国際結婚の人でした。

詳細は控えますけど、


色んな暮らしがあるんだなと改めて思います。




彼女、ブラックベリーを使ってたので、ここでもまたブラックベリーについて聞いてみた。


オバマ大統領が使ってるというブラックベリー。。。笑


でも今日の話ではブラックベリーが特にいいとは思えなかった。



みんな、何がよくて使ってるんだろう。


みんなって、インド人やマレーシア人や南アフリカ人のことですけど。




なぞを解明しないといつまでも購入できない。



だれか、なんでか知ってますか?ブラックベリーがほかと比べて何がいいのか。


私はどこの国でも安くで使えるのがいいと聞いたんだけど、

結局高いよと言う人もいるし、


結局、その国のSIMカードを購入して使うことになると言う人もいるし。




実は数日前にデリーの駅のレストランで前に座った人にもブラックベリーの何がいいのか聞いたという。笑


その人は、結局その国のSIMカードを買って使うことになるとか言っていたが。。。。



ちなみにその人はラジャスタンの医者だった。

病院で通訳募集してるから働かない?みたいなことを言ってきたので、

「私の英語は不十分でしょう」


と言ったら


「いやもうほんとにバッチリ」


みたいなことを言われたので、お世辞や話のネタとしてでもそういわれるようになったかと思うと感慨深いものがなくもない。



ちなみに私の英語はほんと85パーセント テレパシーですから。


インドに6年いて、語学力はほとんど向上しないけど、勘は働くようになったから、テレパシー授受効率が上がった。




かと思うと、今泊まってる宿の近くのレストランの、ネパールの小坊主が

アメリカ人の言い方はこうで、イタリア人はこうで、フランス人はこうで、「でも、日本人のあんたの発音は自分には理解できない」


と、毎回失礼な感じのフランクさで言うので


「あんたとは単に波長が合わないんだよ(心の声)」つーん。 みたいな。



実際は私の英語は日本英語と言うよりすでに南インドなまりなのかもしれない。

それが、たぶんネパール人従業員の耳になじみがない理由。




あ、そういえば、昨日行ってみたらがらんどうだったオーガニックレストラン、火事で燃えちゃったらしいです。


そう聞いて改めてみてみると、ほんと、壁とか焦げていた。
スポンサーサイト

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/10/21 04:17】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヴェーダチャンティングとシバナンダアシュラムヨガクラス
昨日の午後は泊まってる場所から歩いて30分くらいのリシケシ在住の知人夫婦の家に遊びに行って、ヴェーダチャンティングを一緒に1時間弱ほど行った後、

そこから歩いてまた30分くらいのシバナンダアシュラムのヨガクラスに行きました。


まともにヨガクラスに参加するのって、実はこれが生まれて始めてかも。



おかーはんが私が子供のころにヨガやっていたのでそれを弟たちと遊びで真似たりとかした記憶はあるのだけど。



知人夫婦の奥さんのほうがここ数年毎日シバナンダアシュラムのヨガクラスに通ってるので、誘われたので2つ返事で逝きました。 じゃなかった。行きました。


先生はいろんな国のシバナンダアシュラムで教えて、今はリシケシでクラスをやってる日本人女性で、

すでに向こう側に逝っちゃってる感じの人です。



スキンヘッドで、あせたオレンジ色っぽいサドゥー?みたいな服を着てて。




すごく変わってて無愛想で怖い、けどいい先生、みたいに聞いていたので、怒られやしないかと微妙に緊張して参加したんですが、


私はまるっきり初めてなので、逆にあんまり何も言われなかった。笑


言いようがなかったんじゃないかと。



何年か前に、某菅野美穂もテレビの番組でこのクラスに参加してたけど、

この先生が遠慮なしにいつもの調子で指導したからか知らないけど、


撮影途中でやる気なくして大の字になってしまったと、そのときその場にいたこの知人にむかし聞いた。





昨日クラスに来てたのはインド人が2~3人、西洋人が5人くらい、で、私と知人、というかんじでした。


クラスは英語で進められていて、聞き取れるとこもあれば聞き取れないとこもアリという感じで、

とにかく右や左や前を見て同じようにしておきました。



ときどき短いマントラチャンティングが入ったり、呼吸法があったりしての、1時間半くらいのクラスでした。



呼吸法も、私まともにやったことないのでみよう見まねで。



頭で逆立ちするやつは私は最初からあきらめてやらずに眺めてましたが、ほかは何とかついていけたような気がする。



ここしばらく少しはバラタナティヤムクラスに行って体動かしててよかった、と思いました。


じゃないと、ブリッジとかとてもじゃないけど無理。



まあ、リシケシにいる間、知人宅でのヴェーダチャンティングとセットで、できるだけ通うつもりではいます。



さすが何年も通って毎日同じことしてるだけあって、60歳を超えてる丸い体系の知人の一連の動きが鮮やかでむちゃくちゃすばやかったのには驚いた。


もちろん頭で逆立ちも若い西洋人のおねーちゃんたちに比べても超安定してました。

毎日続けるって偉大ですね。



クラスのあと、ドネーションボックスにいくらかいれて、知人に連れて行かれるままにシバナンダアシュラムの毎日のバジャンに参加。


割とシンプルなバジャンだったのでついていきやすかったです。  




狭い部屋でしたが、シバナンダの遺品みたいなのがいろいろ置いてありました。


たぶん使ってた机とかベッドとかも。




そういえばサティヤサイババもシバナンダのとこに来たんでしたっけ?


この同じアシュラムなんだろうか?



バジャンのあと、お菓子のプラサードをもらって、さらにみんなそのままガンガーの方に降りていって、


アシュラムの専用のガートらしいんですが、そこでガンガーアラティが行われたのでそれにも参加して適当に歌いました。


そのあとまた別の甘いプラサードが配られました。




おわったあと、ザボンみたいなでっかいかんきつ類を1つ道端で買って、



夕食は去年行って、よかった、オーガニックのレストランに行って食べようと思って知人と別れて歩いていきましたが、


行ったら改装中というか作り直しなのか、がらんどうでした。



しょうがないので旅行者がよく行くというマドラスカフェに微妙に不本意なかんじで入ってオニオンドーサとスープとレモングラスティーを食べて飲みました。


ドーサの味は北インドにしてはよかったです。

さすが、店名に「マドラス(今のチェンナイ)」をつけてるだけのことはあって。


しかし、店も店員も素朴ないい感じで、庶民的なムード満点だったけど、


意外に一品一品が高かったので驚いた。

予想の2倍の値段でした。


場所がいいしなーと思った。



今泊まってるとこはヒルトップスイスコテージだったっけ。そんな名前で、

スイスというだけあって宿泊客は西洋人ばっかりなかんじですけど、


山の中腹で宿泊施設や店などが集まってきて、旅行者用の小さなひとつの村みたいになってるんですが、

実はそこの西洋人向けレストランのメニューの方が素朴な雰囲気のマドラスカフェよりずっと安かったので、


その2つのレストランのイメージとそれぞれの値段が合致しなくてちょっと新鮮でした。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/10/21 04:13】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日のヴェーダ練習(シュリスークタム完成&日曜日のスーリョウパニシャッド)
今日のヴェーダ練習のようす

シュリスークタムは後半はやはりちょっと苦戦してます。

前半はアシュラム発行のテキストとCDがセットになったやつのCDを参考にしながら、わたしが覚えてる唱え方を基本に練習しましたが、後半はわたしはなんかわけわかんないうちに習って、定まってなくて、
一緒に唱える人によって毎回違う唱え方をしてたので、
CDに沿ってやることにしました。

その方が後からでも練習しやすいし。

ひとつどれか何か唱え方を身につけていたら、どこかで違う唱え方に出会ってもすぐ応用が利くから大丈夫です。

わたしも今回、後半はCDのおじさんの唱え方に沿ってやってみましたが、
そしたらすでに今まで自分がどういう唱え方をしてたのか忘れました。はや。

で、このテキストでは、シュリスークタムは今日で完成しました!ワーーーぱちぱち。

やったーってかんじです。

結構これは長かった。

一緒に練習してる人も数年前からずっとこれ唱えたいと思ってたそうで、達成感があったようです。よかった。

今後も回数を重ねて定着させるべく精進です~。笑



練習④

練習⑦


このバージョンのシュリスークタムの練習の最後の部分。


今回練習したバージョンのシュリスークタムのフルバージョン。
アシュラムで朝夕唱えられてるのはもう少し長いバージョンだったんじゃなかったかと思います。


今日は日曜日だったので太陽神のヴェーダ、スーリョウパニシャットも唱えておきました。


テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/09/03 02:13】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
シュリスークタムって自由すぎ!!!
シュリスークタムの練習も佳境に入り、最後のほうの、テキスト無視状態の無法地帯エリアに入ってきました。

わたしもなんか習っててわけがわからなかったので、教える立場になってさらにわけがわからない。


こうなれば気合だ!!

という境地に入ってきました。



でも、今までシュリスークタムって、自分でも唱えるたびに大きく違ってたので、チェックしなおすいい機会になってとってもありがたいです。

練習中は冷や汗かきながら教えてますけど。

でも今回これを練習するのをリクエストしてもらってよかった。



わたしがおばあちゃん先生にこれを習ってたとき、おばあちゃん先生は猛烈な勢いでざーーーっと流すように教えてくれたので、

なんかわけわからーーーん。細かく区切って丁寧に教えて~~~。

と思ったものでしたが、いっぺん止まったら唱えられないことに気がついた。勢いだ!!!勢いでとにかく通り過ぎてしまおう!!!

という気持ちにわたしもなってます。


今、あの時のおばあちゃん先生の気持ちがわかった、2012年の9月。笑



でもここの部分ってほんとにエネルギーの盛り上がりって感じ。盛り上がって、いってまう、ってかんじ。



シュリスークタムって、そういう超越ヴェーダだったのね。


(以下、この時の練習の様子をユーチューブにアップしました。細かい間違いは突っ込みナシで~!)

練習①

練習②

練習③

練習④

練習⑤

練習⑥

練習⑦ これまでやったとこを通して唱えてるところ↓
 





P9014492_convert_20120902044506.jpg

今日の午後のアシュラムプラサーダム

ちょっと味噌っぽい味で、いまだかつて味わったことのないおいしさだった。

もうたべちゃった~。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/09/02 04:41】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
シュリスークタムってきれいやけど大変。
今日また、知人が来てヴェーダ練習予定なのですが、シュリスークタムの最後のほうってめちゃくちゃ自由な感じなので、教えるとなるとどれを教えたらいいのかわけわからなくて、

自分が習うときもわかったようなわからんような感じでなんとなく覚えたので、

いい機会なので今どれかに決めなおそうと、予習中です。



どうしてこのシュリスークタムだけこんなに自由な感じになってるんでしょう。



きれいなヴェーダだから、気分がのっちゃって、思わず自然に上がり下がりが取っ払われたんでしょうか。


テキストと実際に唱えられてる音程がこれだけ違いまくるのに今までその違いがあるままずっときてるというのも不思議。
(で、片付ける。笑)


ルッドラムもある種のイニシエーション的な強烈な男性的ヴェーダだと思うのですが、

このシュリスークタムは違う意味で強烈なイニシエーション。
ヴェーダへの忠誠心が外側へのものから自らの内側から盛り上がる女性的エネルギーへと視点移動するかも。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/09/01 12:40】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヴェーダチャンティング、個人練習の露出


8月21日の練習の様子。(練習をはじめる時のパターン)

いつもこんな眠たい感じで練習を始めています。
ガナパティプラールタナあたりで突然目が覚める。

○オーム3唱
○サイガヤトリー3回
○サーイラーマーヤのマントラ3回
○ガヤトリーマントラ3回
○サハナーヴァヴァトゥ(シャンティマントラ)
○ガナパティプラールタナ
○ニグルシュワイラ(スップラマンニャン)
○オーームタッブラムマーーーのやつ
○イーシャナサルヴァヴィッディヤーナームのやつ
○ナカルマナ
(一緒にいる人によってそのあと、バッギャスークタムかドゥルガースークタム)

※おばあちゃん先生と一緒に唱える時はこれにさらにもうちょっといろいろ加わります。




大定番 ドゥルガースークタム
(最後のとこでちょっと笑っちゃった。一緒にいる人はクールに続きを唱えたので私もそれに続きました)




ブースークタム
ブースークタムってなんか言葉もメロディライン?も独特で変わってるので好きです。
(シュルンゲー シュルンゲー とか。なんじゃそれ??爆 って思います。)

ちなみにこれはブーデーヴィーっていう、大地の女神のヴェーダです。
ブー女神。ブー。おもしろい。

http://youtu.be/Nsi2nQ1F7jM

↑ブースークタムの、部分部分の確認をしながらの練習のようす


http://youtu.be/NyATaZCZBNQ

↑部分練習後の通し

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/08/23 01:53】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2012-8-20 シュリスークタム練習
8月20日のシュリスークタムの練習の様子。
まー、こんなかんじ。

練習しに来てくれてる人のリクエストに答えてシュリスークタムの練習はじめましたが、実は私もこれ、キマッてなくて、微妙に探りながら練習してるという。というわけでこれ教えるの初めてです。

シュリスークタムはきれいなヴェーダだけど(ラクシュミーのヴェーダ)唱える人が10人いたら10人の唱え方があってめちゃくちゃフレキシブルなヴェーダだったりするんです。

なので私もおばあちゃん先生に習いながらCDでも確認しててもどのCDも違う唱え方してたので、最後まで混乱したままで習い終えて、いまだに混乱してるヴェーダです。笑

暫定的にどれかに決めて覚えて、他の人と唱える時は適当にお互いあわせて唱えたらいいんだと思います。


2012-8-20シュリスークタム練習①


2012-8-20シュリスークタム練習②








2012-8-20シュリスークタム練習⑤
(今日やったとこまで通して唱えてクシャマプラールタナとシャンティマントラで終わり。)"


テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/08/21 07:37】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
毎日のマンディールヴェーダが聞けるサイト
毎日のサイクルワントホールでのヴェーダチャンティングか聞けるサイトです。

http://media.radiosai.org/journals/Archives/live_audio_2012_archive.htm

ヴェーダマニアにはドッキドキですね!


※↓↓↓ここではオンラインでライブ放送が聴けるのかもしれませんけど未確認。確認できた人は教えてくださいね。
http://media.radiosai.org/www/asia.html

(↓↓↓コメントいただきました~。ありがとうございます!)

確認しました。
確かに下の方のアドレスで聞けますが、ライブなので、当然、プッタパルティで唱えている時しか放送していません。その他はスワミの御講話など。
日本時間午前11時半と午後8時です。
多分毎日放送していると思います。
上のURLの方は、ダウンロードも出来ます。
サイラム (Kcm-29)


※今、プッタは4:56PMですけど、いまアパートの部屋にいて、外(アシュラム)からも遠くからの小さい音で風に乗って聞こえてきてますけど、
上記のサイト開けてみたらPCからもリアルタイムででクリアーに聞こえてきます!
ぎゃ~おもしろ~い。 (古野)

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/08/13 02:33】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ヒランニャガルバスークタムの練習
なんだかなぜか緊張感漂う、知人夫婦とのヒランニャガルバスークタムの練習風景。笑




勘違いしてて日にちがあると思ったら3日しかなかったので、3日でスパルタ的になんとか仕上がりました。



もっと低いおっさん声でするときもあるけど、このときはめんどくさかったので普通の女性の声の音程で。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/08/11 16:59】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラーメーシュワラムでのプージャ
8月2日と3日にラーメーシュワラムで主に日本のためのプージャをしてきました。

↓これは2日の夜、女神を喜ばせるためのプージャのようなものの一環です。

プージャ用の楽隊がアルティの音楽を演奏してます。



なんでか1分20秒くらいで切れてしまってるんですけど。

アルティのメロディはサイババに限らず、いろんな神様に共通ですけど、なんかやっぱグッと来るというか。

魂の奥に何か記憶みたいなのがあるのかもしれないですね。




ご存知マントラプシュパム

この人たち、あんまり気合はいってないだけに、素人には一緒について唱えやすかったです。





1分半くらいのとこからサーマヴェーダ唱えてます。はうはうは~~う。って。

いろんなヴェーダを唱えるヴェーダ合戦みたいで面白かったです。



今朝、プッタパルティには戻ってきましたが、なんかすごい脱力して疲れてます~。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/08/04 23:08】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。