スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ヴェーダの先生
名前くらいしか情報がなかった、ヴェーダを教えてるおばあさんの居場所が分かりました。
知り合いがセキュリティの女性に聞いてくれたのでした。

で、昨日今日と部屋に尋ねていきましたが留守で、まだ会えていません。
スポンサーサイト
【2006/08/29 15:37】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
もれもれ
主名の普通のおしめがきれたので、トイレトレーニング用のおしめにしてます。

でも、私が乗り気じゃないんで。。。

だって、おしめのほうがここでは絶対楽ですもの。
公衆トイレは私も緊急時しか入らないようにしてるのに、主名にそこで用を足させることを思うと気が重い。
どうやってさせるんだろう?????
抱きかかえて??
床は常に何かでぬれてるし、紙が備え付けられてるわけでもないし~。
水で洗うと大変そうだし。。。?わたしは手が2本しかないのにどうするの?
この際、多少残ってる衛生観念さえも脳裏から消さなくてはいけないのでしょうか。
めんどくさいしー。
主名が協力的ならまだしも、基本的にいやがるしー。

何かの行事になって込み合うと、ホールの外に出ちゃうと座席に戻るのが困難になったり。

あー、子供が大きくなって楽になってきたと思ったのもつかの間?
また機動力が落ちる。

トレーニング用のおしめはぬれた感じがわかるというのがうたい文句ですが、主名はぬれてもまったく気にせず。
あんまり吸収しないようになってるので、今日はもれもれで、バジャンの前に一度ホールの外に出て着替えさせました。
抱っこしてたので、ほとんどわたしのパンジャビのショールが吸収してくれましたけど。ショールの替えなんて持ってきてないよ~。
なかったら入れないし。
しょうがないから首にかけたまま、まるめて小さくして、そのまままたホールに入ってバジャンに参加しました。

おしっこが出るとか、主名は自分でわかるから、(部屋で裸にしてる時にもよおしたら自分でトイレに行ってます)
いっそのことおしめとっちゃったほうがいいんですけど。
このトレーニング用のおしめ、40枚入りのが3袋もあるのです。
日本から持ってきました。

で、中途半端な気持ちのまま使ってます。
こんなことなら普通のおしめをもってくりゃよかったなあ。

今日はセバダルの主名に対する態度が怖かったので、ババの姿を見ながらも寒ーい気持ちになりました。
職務ごくろうさまですけど、ちょっとやりすぎだよな、と。

ババが帰っていこうとして、インタビュールームから出てきたのを見て、主名が喜んで「あはは」と声を出したんですけど、
そしたら数メートルはなれたところのセバダルが飛んできて、
立ってた(主名はまだ背が低いのでダルシャン中に立っててもセーフ)主名の片腕をつかんで一瞬でがつんと床にひきずりおろして座らせて口をふさぎました。
猛禽類の目だ!

声を出し続けて騒ぐのをやめない子ならそういう措置も必要かもしれないですけど、
声を出したのはその喜んだ一瞬だけで、みんながマントラを唱えてる中だったので声もそんなに目立たなかったし、ババもまだ遠くなのに。
少なくとも2歳児をそんな乱暴に床に座らせる必要は全くないですよ。
彼は座らなくてもオッケーなのに。

それより、あの座っちゃいけないところにどっかりと無理やり座り込んだおばちゃんや、何度言われても立ち上がってる少年をきちんと厳しく処置して座らせてー。職務の遂行の仕方をもうちょっとバランスとってー。

あとで、周りの人たちが主名に目で愛情を送ってくれました。

以前、男性側で子供つれた男性が激怒して、ホールから出されてもなお怒りまくってたことがありました。
詳しい状況は知りませんけど、なんか分かる気がしてしまったのでした。

子連れに対する態度って、ケースバイケースで微妙と思いますけど、
ハートネバーでお願いします。
主名は泣くかと思ったけど大丈夫でした。
でも、私の心が凍ったのでした。

セバダルも含め、みんな修行中なのかもしれないけど、修行が終わった人ってここからいなくなっちゃうんでしょうか?
ゆうゆうとvip席に座ったりと、違う世界でダルシャンを受けるようになるんでしょうか?
寒ーい気分になるということは私がまだこの世界に住人だということですもんね?
いつか自由になる時が、もしくは何にも引っかからなくなる時が来るのでしょうか?
【2006/08/29 15:34】 | 主名日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ガネーシャチャトルティ その2
どうも、ガネーシャチャトルティはしばらく続いてるみたいですね?
こないだのは単にスタートだったみたいで。
ガネーシャテンプルでプージャしたりしてるそうです。
で、最終日になんか山車みたいなのを運んだりして、チトラバティの川に流すんだそうです。
ほかの土地では海に流したりするそうですね。

じゃあ、いつアパートに引っ越せばいいのかな。
最終日までに引っ越したほうがいいのかな?
【2006/08/29 14:48】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ガネーシャチャトルティ その1?
昨日はガネーシャチャトルティでした。

ガネーシャチャトルティはビッグイベントで人もいっぱいといううわさだったので、朝4時半ごろに行ったら(ほんとは3時前に目が覚めたので、もしやと思って外に出て見たら人っ子一人いなかったので寝なおしました。この前のヤグニャの記憶がまだ鮮烈なもんで。。。)トークンに並ぶ人もまだ道路で並んで待ってる状態でした。
がらがらでした!

ガネーシャ関係の歌などありましたが、これといって特別な催しもなく。
午後も特に何事もなく過ぎていきました。
山車みたいなのがいっぱい入ってくるのかと思ってました。
飾りつけは多少、象さんでした。

あ、あと、泊まってる建物の入り口にある祭壇もガネーシャチャトルティ仕様になっていました。
朝、早く行く時に、早すぎたのでセバダルの人がちょっとびっくりしていましたが、まだ飾り付ける前のガネーシャの像を箱から出して見せてくれました。
祭壇を早朝に作ってるところだったので。
楽しそうでした。
ガネーシャはとくにみんなに好かれているんでしょうか。
そんなかんじ。

アシュラムの外の道は電飾で飾りつけがされて派手になっています。
夜はきれいと思います。
インドのルミナリエ(神戸の電飾のイベント)かな。

道ごとに大きなガネーシャが奉られていて、プラサードが配られています。
子供らが一人でいくつもお菓子をもらって嬉しそうにしてました。
村祭りの雰囲気です。

ガネーシャの像が大きくて、迫力です。
それを見た時、ちょうどどこかから効果音のように荘厳な音楽が聞こえてきてなんだかじーんと感動しました。

村では、まだしばらく奉られてるみたいですけど、アシュラムの中のガネーシャチャトルティも、まだ終わってなかったりするのでしょうか???終わりましたよね?

アパートの鍵をもらいました。
そこに行く途中にも大きなガネーシャが奉ってあって、縁起がいいなと思いました。

ただ、人出がすごくなる時があるみたいで、その時はすっごい危険と聞きました。(死ぬって。)
【2006/08/28 21:57】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
初のババの夢
今朝は、こっちに来てから初めてババの夢を見ました。
もう見ないかと思ってました。

夢の中では洪水の映画がレクチャーの教材として上映されたりしてました。

話の順序は忘れましたが、夢ではガネーシャチャトルティの日で、
どこかの町の雑踏の中に私はいたのですが、ババの姿が見えたので
「ババ!」と、思わず大きな声で呼びかけたのですが、
それはどうも違うみたいでした。
それはガネーシャチャトルティのときに人々がかつぐみこしで、
上にババの写真を使って作られたはりぼての人形が座らせてあったのでした。
だからサイズも実物より大きくて、少し奇妙な感じがしたのでした。
動かないし。

そういう、人形を本物と取り違えることが夢の中で2回続きました。

ダルシャンが行われるところに行くと、
広場に布の屋根の吹きさらしの大きなテントのようなものが立てあって、雨などをしのげるようになっていました。

インド人の小さな女の子が泣いていたので見ると、
食べようと思ってかじったりんごの破片を地面に落としてしまって、
砂がついていました。
その破片を拾って、「皮ばっかりで、あんまり食べるところついてないけどな」と思いながらも、水で洗いました。
水も、水道水で大丈夫かなー、でも食堂でも水道水の水滴がついた食器使ってるしな、とか思いつつ。
りんごの破片の砂を払ったりしていたら、ますます食べる部分が少なくなったのですが、女の子は喜んで笑っていました。

気づくと、私たちはダルシャンの時の、リザーブされてる一角の上にいたので
「怒られる」
と思って、そこから離れました。

すると、会場の中央を前から後ろにつらぬく通路のところに今度はいて、前を見ると壇上に本物のサイババが神々しい感じで座っていました。

「呼ばれる」
という感じがしました。
実際は呼ばれませんでしたが、
ババは誰に言うともなく、雨が降っているかどうか聞きました。

なので、テントの外側に出て、空を見上げました。
他にも、前の方(サイババの近く)で、何人かが外に急いで飛び出して天気を確認していました。

「ぽつぽつです。(少し降ってるだけです)」
みたいにババに言いました。

ステージで出し物が始まりました。
氷川きよし(若手の演歌歌手)が、主名を持ち上げたりくるくる回したりしていました。
主名は青い、地球のおしめをしていました。
私は、さすが氷川きよしは扱いが丁寧だなあ、と感心していました。
途中、一回、主名の口がごつんとあたって、主名は一瞬どうしたものか止まっていましたが、でもすぐに喜んでげらげら笑っていました。
くるくる回されてすごい楽しいみたいでした。

そういうような、夢でした。

この夢から覚めたとき、時間がいつもより早くて、おかしな感じがしながらもだらだら用意をして、今日はダルシャンが早いのかなあ、なんて思いながらいつもより30分以上早く部屋を出ました。
(それでも7時過ぎですけど)

ガヤトリーテンプルでココナツの水のプラサードをもらって、行こうとしたらさっき行かないといったくせに、いざベビーカーを押そうとしたら主名が
「一緒に行くのー」
と言い出したのでまたそこにとめて、
抱っこしてまたガヤトリーテンプルの敷地内に入りました。
寺の周りを3回回って主名にまたココナツ水のプラサードをもらったら
ココナツの小さな破片がコロンと出てきました。
お、こりゃ縁起がいいね、ということで私も少し主名にわけてもらって食べました。

その後、朝食を南インディアンキャンティーンで食べてたらやっぱり早くにダルシャンが始まりました。
早く出てきたけど間に合わなかったなあ、なんて思いながら、
一応、食事はその場において、
外からでもちらっとダルシャンを受けようと思って、
ホールの外の道路で見てました。

そしたらババが車で外に行くため、門が開けられ、こちらへ向かってきました。
セバダルがロープで通行止めしたところのファーストラインでした。
ババはゆっくり外に出て行きました。
こちら側の座席に座っていたのですごく近くを通りました。
今回の滞在で、一番近い距離だったなぁ。
ヴェ~~~~~リィナイスダルシャン。という言葉が私の脳裏に浮かびました。
すっごいよかったです。

嬉しくなって、ほくほくして主名に
「ババ見えた?」
と聞いたら
「今度また乗ろうね」
と答えました。

彼はババより、ババのあの銀色の車に乗りたいらしいです。

明日は現実でもガネーシャチャトルティです。
主名のおしめもとうとう今日でなくなります。
とうとうこの日が来たか。。。
明日からはトレーニング用のおしめです。
引越し先のアパートの鍵は明日もらう予定です。


【2006/08/26 12:05】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
再ヤグニャ!?
そういえば、来年1月にババはチェンナイでまた、アティ ルッドラ マハヤグニャを行うと講話で話したそうですね。
すごいですね。
チェンナイかぁ。行けるか!?

面白かったから毎年あればいいのにと思いましたけど、まさかこんなにすぐに行われるとは。

2007年がなんかの区切りとかよく言われてますけど。
その前にヤグニャしまくるということなんでしょうか。と、ちょっと思ったり。
チェンナイの次はまた別の場所でするのかな。

ルッドラム、ちょっとずつでも勉強進めていこう。。。
【2006/08/25 22:08】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
タイミング
今朝も、午後も、ホールの床に座って何分もしないうちにダルシャンが始まりました。

午後はダルシャンが終わって、いつもならおやつに行くのですが、主名が寝てたのと、11年ぶりに再会した知り合いを見つけたのでそのままそこでしゃべっていたら、またババが出てきてしばらくまたダルシャンがありました。

そして、その2度目のダルシャンも終わり、ババがインタビュールームに入っていったので寝てる主名をかついで、知人と一緒におやつに行きました。

ダルシャンのしるしのヴェーダの声を聞いて急いで帰ってきた人たちの横を抜けて食堂に行くとすいていて快適でした。

ぴたりぴたりとタイミングが合っていく。

アパートも今日、とりあえず1ヶ月借りることにして、その後のことは住んでみた感じで決めるということで話がつきました。

昨日からまた、自分らでヴェーダを唱えるのを始めました。
今日も何人かで昼間、知ってるやつを唱えっぱなしの時間を持ちました。

毎日ダルシャンでヴェーダを聞いたり、一緒に唱えたりもしていますが、やっぱり自分らで声を出して唱えると面白いです。

ヴェーダはやっぱり毎日唱えるとすごくいいなあと思います。
しってるやつのレパートリーも少しずつ増やしていきたいものです。
こういうかんじでやることがあるのっていいですね。

今回、11年ぶりに知人と再会しました。
初めてここに来たときにここで一緒に行動したりしていた人です。
なんだか11年が過ぎて一巡めぐって振り出しにまた立っているような、なんとも不思議な気分です。

この11年、いろいろあったような、なにもなかったような。
不思議な、全てがあるべきところに落ち着いたような、そんな気もします。
【2006/08/25 21:51】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
日常のはじまり?
ババは昨日の朝は8時25分に来て、ホールをぐるっと回って、そのまま入ってきた入り口から出て行って、バジャンのときにまた帰ってきました。
午後は3時過ぎに来たそうですけど、このときは私らは間に合いませんでした。まだ来てないと思ってしばらく待ってたのですが、気づいて、おやつを食べに行きました。

今朝はババのダルシャンはお休みでした。

今度の日曜あたりから入れるアパート、借りるかどうか、
気持ちがいまいちすっきりしないので返事を延ばして、というかいっぺん断ったのですが、
こんないいところなのになんで?みたいに管理してるおばちゃんにいわれて、勢いのままに今日、もう一度おばちゃんと部屋を見に行きました。

でもまだ気分がすっきりしないので、主名もニワトリを見に行きたいというので、あたりを散歩したりしました。
今まで歩いたことがないところを歩くのって、新しい展開がありそうで。
そしたら困ってるとかいうインド人男性に200ルピーあげてしまいました。
うーん、確かに新しい展開、、、、
いくつか寺院があったのでお参りしたりもしました。
ガンガー女神やシルディサイや、いつのまにかババの生まれたところのシヴァ寺院まで来たのでそこにもお参りしました。
シルディサイのお寺のあたりって歩いているとなんかのどかな日常というかんじで、ほっと落ち着きました。

仮予約状態の部屋はとてもいいんですけど、なんとなく乗り気になれなくて。
月2400ルピーで内装もきれいにしてあって、渇水の心配もなさそうで、家具つき、冷蔵庫などの電化製品一式つき2階角部屋、アパート入り口にウォッチマンとかいう人が常駐してて用事してくれて、
周囲の環境も悪くなく、ガネーシャゲートから徒歩3分てところでしょうか。
スコールでも道が濁流になることはない、かなあ。
1年だったら25000ルピーになるそうです。
ワンルーム、トイレバスキッチンつき。
管理してるおばちゃんはアシュラムの中に住んでます。
一人だったら申し分ないけど、2人だとちょっと狭いように思えたり。
ベッドかマットをもう一つ入れるスペースはありますけど。
水光熱費は別です。

今いる、アシュラムの家族部屋の広くてシンプルな空間と比べてしまうからいけないんでしょうか。

今日行って何が乗り気になれないのか、その理由の一つに、部屋の中にものが多すぎるということもあるのかなと思いました。
まだ人が住んでるので当然なのですが、
必要以上にものがそろってるので。
それらの多くは備え付けのものとして物件に含まれるはずなので。

おばちゃんは、一ヶ月だけ住んでみて様子を見てから決めたらいいとも言ってくれました。

なにより、単に、引越しがめんどくさいのかな。このだるさ。
睡眠時間は足りてるはずなのに妙に眠かったり。

ヤグニャのときは睡眠時間短かったけどこういう眠さはなかったなあ。
【2006/08/24 15:27】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
インドの漢字
ようやく、だんだんクールダウンしてきた感じです。
でもまだババが前を通るときはみんなひざ立ちとかになっちゃって見えませ~ん。

今朝は9時5分前くらいにババが来ました。そのままバジャンになって、いつもより15~20分くらい長く行われました。
なんだかバジャンも久しぶりな感じです。
そんなこともないんですが。

午後は3時50分くらいのババ登場でした。

人が少ないと楽だなあ。
座るのも、会場から出るのも。
でも多くて大変な方がありがたみが出るのかもしれないです。

価値は人間が決めてるとかいうことですけど、そうかもしれませんね。
お祭りのときの、苦労の末のダルシャンは価値がぐ~んと上がってるんでしょう。
日本から飛行機を乗り継いで来ることもここでの滞在時間の価値を上げているのかもしれません。
日本からだと宿泊しないといけないから、完全に日常からの脱出になりますもんね。

今日は漢字の意匠のサリーをまとった人がいました。
思わずまじまじと見てしまいました。
「舎」とか、そういう一つ一つの漢字は読めるけど、全体では何の意味だかわからないサリーでした。
そういえば以前、アシュラム内のショッピングセンターでも、漢字が表紙にかっこよくデザイン(あくまでデザイン)されたノートとか売ってました。
中国語かな?と思ったけど、多分、日本語の漢字のデザインのようです。

はぁ、ここでの日常に戻ってきた今日この頃。
また、どういう風に日常を過ごしていくかなぁ。

引越しも、今週末くらいに少し取りかかるかもしれません。

はぁ。

パソコンしてるとき、主名は機嫌がいいときは隣のサンダル屋さんの店内か、その隣の写真屋さんのおじさんのところで遊んでいます。
先日、写真屋のカウンターの中に店子のように立っていたのでびっくりしました。
あ、帰って来ました。
あ、また走って行きました。
【2006/08/22 21:52】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
さっき行ったな。
昼寝から主名を起こして
「ダルシャンいこか。」
と言ったら、
「さっき行ったな。」
と言われました。
そうやなぁ。
【2006/08/21 22:03】 | 主名日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヤグニャの名残り
今日の午後は昼寝後、3時半くらいにダルシャンに行きました。
女性側の横の入り口から入って、そこより後ろに人は座っていませんでした。
ああ、一日でこうも違うものか。

午後もババはお休みかと思ってみんな帰り始めました。
3時50分になって、ババが来ました。

ババがインタビュールームに入るとみんな立ち上がって出て行きました。
私らもおやつを食べに行きました。

今日はダヒワラとかいうやつでしたっけ。
月曜はいっつもそれだそうですけど、甘くない揚げドーナツをヨーグルトにひたしたようなお菓子でした。
すっぱくて、さっぱりしてておいしいです。

主名はこんなの食べないだろうと思って食べさせてみるとパクパク食べました。結局3回取りに行って、主名は3つ食べました。
私は一つ。
自分ら2人で、こんなに食べていいのかなと思いましたが、人も減ったことだし、あまってたからいいか。と。

コーヒー2杯と紅茶1杯も飲みました。あと水と。

バジャンが始まる時間になったので外に出るとオームの声が聞こえてきました。
ホールに向かうとき、多幸感のようなものが感じられて、
ホールに入るとさらにじ~んと、きました。

人が少なくなってみんなどことなくほっとして、のびのびゆったりしているようです。
セバダルもきっとほっとしたことでしょう。

ありがたーい気分になって、おもわず手を合わせて祈ってみました。
こういうときは思いが直接神に届いている確信があります。

突然ババがいす車で出てきて、通路を進み始めました。
予期せぬ事態にみんなあわあわしていました。
そのまま帰るかと思ったので。
単に、近くにいた人たちのところにいって、なにやら指示しただけみたいでした。中央の席に移るようにとか。そんなかんじで。

いや~、あせりました。

その後、プラサードが配られました。
昨日配る予定だったやつかな?と思いました。
たくさんあったみたいで、配り終わったあとも配る人が入り口に立って、遅れて入ってくる人に手渡していました。

ありがたや。この安楽さ。

あれだけおやつを食べた主名はプラサード(甘い、楕円形の揚げドーナツ)もぱくぱくと半分食べました。残りは私が食べました。

ババがアルティ後に出てきて、車に乗り込み、帰って行きました。
ヤグニャの興奮の名残りか、ヤグニャのために来た人がまだそのままいるからか、みな、ひざ立ちになって熱狂的にババを見送りました。

昨日は会場に入るだけでも大変だったし、
もし昨日来てもホールに入れてなくて今朝もダルシャンがなくて、
めったに来ることの出来ない人がいるなら(いると思います)
よかったなあと、人ごとながら思いました。
【2006/08/21 21:55】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(11) |
アティ ルッドラ マハヤグニャ 終了
昨日の午後で、ようやくヤグニャのプログラムが全て終了しました。
やれやれ。

すごい虚脱感。
いかにヤグニャが気合が入ってたかということですかね。
今朝のダルシャンは8時に行っても入れました。
小さなとんぼが飛んできて、おばちゃんのサリーの端にとまって休んでいました。
ババは来ず、バジャンで終了。
このゆるさ。

昨日の昼は12時40分くらいに行って並びました。
政府要人が泊まるような建物のところまですでに列が伸びていました。
プログラムは2時からスタートで、ババの講話は4時からと告知されていました。

列がぜんぜん動かないので(ホールがまだ開いていなかった)
近くの日本人としゃべったりしました。
昨日の朝は3時に行った人もホールの中に入れなかったそうです。
2時の人は入れてました。
夜中の12時とか1時に、トークンに並んでたんですね。

昼は、そんなわけでもう遅いかなと思いつつ12時40分に行ったんですが、大丈夫でした。
トークンはもちろん間に合いませんけど、そうじゃない人たちの最初のほうだったので、余裕で座れました。
先日の、危険な子供席の最前列にも座れたのですがもう懲りたので、あえて2列目の、入り口から遠いところに座りました。
正解。

トークン(くじびき)で入って来た人たちがダッシュで席を確保。
そしてだんだん通路が狭くなってきて、目の前にぎゅうぎゅうの畳いわし状になっている人々の壁。
トークンに並んだのに座るところがない人たち。。。
目の前でその人たちとセバダルの必死のやり取りが繰り広げられます。
後から並んだ私たちの席のさらに後ろに座らされて。。。むごい。

そしてそれぞれがなんとか席に座って落ち着いて、ババ登場。
今までそれぞれの場所でなんとかやりくりしてきて、やっとパズルのようにはまった人間のじゅうたんは一瞬にして崩壊。

何でそれが可能なのか不思議だけど、全体が寸時に5メートルは前進。
(あ~、主名だっこしててよかった)
同じことが何かの瞬間のたびに繰り返されました。
この瞬発力。これぞ群魂?

みんな興奮しまくり。
この日だけ!来てる人たちは自制心、限りなくゼロ。ババの姿で一気に全解除。
興奮してるからちょっとしたことですぐ沸点。すぐカンカン!

でもババ車の向こう側のドアからそのまま建物の中へ。
一瞬でした。
それでもみんな興奮しまくり。

横に4歳くらいの女の子がいたので主名はあきずに、ずっと時間をすごしていました。
1時間がたち、2時間たち、ババの講話、まだかなーと誰もが思っている中、時計の針は5時半を回りました。
ババはそのままアルティでさっさと帰っていきましたとさ。
おー。プラサードもなしですね!
今までたまってたまって困るくらい配られていたけど最後はなし。
ここでババがなんかやったり、プラサード配ったりしたら危険だったんでしょうか?
いやぁ、11年前の熱情を思い出しちゃいました。
みんな、カッカッカッカッして頭から湯気を出していたあの時を。

まあとにかくそんな感じで終了しました。
列に並んでから5時間。で、なんもなしかー。あり過ぎてもきついけど。
床に座って子供を抱きっぱなしなのはけっこうきつかったかも!
今朝起きたら肉体疲労してるしてる。
5時に目覚まし鳴らしましたけど思わず6時半まで寝なおしました。

今日の空気のゆるいこと。

みんな、すいてる、普段の日にくればいいのにね?

でも、今回のアティ ルッドラ マハヤグニャは面白かったです。
今後5~6年くらい、毎年おこなってはどうでしょう。
(誰に提案!?)
これが始まってから日本から駆けつけた人たちも、ちらほらいましたけど、やっぱよかったですよね。
面白いものでした。

世界人類の平和と繁栄のためのヤグニャ、でしたっけ?
そういう主旨はついつい忘れてましたけど。
みんな燃えました!

おしまい。




【2006/08/21 15:29】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ATHI RUDRA MAHAYAJNA ほぼ終了
ヤグニャ自体は今朝で終了しました。

昨日、主名のお菓子が切れたし、お菓子なしで何時間もじっとさせておくのは不可能なので、午後のダルシャン後のアシュラムの外のスーパーに買いに行きました。
昨日の午後は早めに行ったつもりだったのですが、人の増え方のほうがすごくて、ホールの中には入れなくて、トークンするとこで座ってモニター見たりしていました。

で、明日に備えて買出しに行こうとガネーシャゲートをくぐるときに雨脚が激しくなって、(午後のプログラムのときから激しく降ってて、その後、小降りになっていました)
外に出たら道に泥水があふれだしていて、さらに水かさが増えて、しまいに濁流になってしまって、ベビーカーではとてもスーパーまではたどり着けなかったので途中のサンダル屋にベビーカーを置かせてもらって主名を抱いて、
強い流れの中、傘を片手にざぶざぶと道を歩いていきました。
主名はぬらさないようにしてましたが私はもう頭以外ずぶぬれ。
明日は朝早いから今日はすみやかに寝ようと思ってたのに
前日の夜にこれですから。
なんちゅうみそぎ。
おかしのために。。。

今朝は3時くらいに起きて、私のいるN3棟をでたら棟の前を横切って続く行列が見えたので、どこかのグループが集合していこうとしてるのかと思ったらなんとマンディールから続く行列でした。
甘かった。。。これほどまでとは。

行列はホール入り口からN8へ抜けて、N3とかあるほうにぐるっと回って、ガヤトリーテンプルのとこで折り返してきて2列になってました。

いやー、びっくり。
グルプールニマなんてかわいいもんなんですね。
ま、プログラムのスタート時間も早かったけど。

知人と一緒に並んでおかげで何とかトークンする場所には入れました。
てっきり無理かと思ってました。

ま、子連れにはよかったかもしれません。
シャッターを背に、ゆったり座っていられました。
そこは段になって高くなっているので、立てば遠いながらも中の様子がうかがえました。
高く上がる炎やババの動きもよく見えました。

途中で主名が朝食を食べに行きたいと行ったので行こうかと思いましたが、出たら入れないとセバダルに言われたのであきらめて、手持ちのものを食べさせてました。
いちおう、おにぎりや水も持参してたので。

普段なら考えられないようなところによじ登って中を見ようとする人もいっぱいいましたけど、比較的おとなしくて、けんかや暴動みたいなのもとくには起こりませんでした。

ババがヤグニャの締めの儀式みたいなのをして、バジャンが行われ、プラサードが配られました。

プラサードをもらったらぞくぞくと帰る人が出てきたので、トークンする場所にいる人も入れ替わりに少しずつ入れるようになりました。
しかししびれをきらして、セバダルの静止もきかず、横に渡された太い竹の棒も押し上げられ、ねずみの大群のように一群となった人たちがボディチェックなしでどっと中になだれこみました。
それに乗じて私たちも中に入りました。

座って、しばらくしてアルティでババが帰っていきました。
あー、一応中にちょっとでも入れてよかった。
滑り込み。

あとで住んでる人としゃべったら、プッタパルティの住人はだれも中に入れなかったとか言ってました。
ま、それはものの例えだと思いますが、
この週末の人の増え方が自分の予想を軽く超えてたのは確かでした。

午後2時からまたプログラムがあり、ババの講話が告知されています。
さぁ、どう動いたものか。。。
もうみんな並びまくってるかな。


【2006/08/20 14:59】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
そうしきですか。
昨日、ゲストスピーカーが解説してたルッドラムの箇所、
「Tryambakam yajyamahe ~~~~~」
ここが好きで。

以前からダルシャン中に聞いて、これをやりたいなーと思って
テープとかテキストで探したけど何か分かりませんでした。
というのも私はてっきりここが何かのヴェーダのしょっぱなだと勘違いして探してたので。
これは今毎日ヤグニャで唱えられているルッドラムの途中で出てきます。
ここの前の箇所が「シャーンティ シャーンティ シャーンティヒ」
で終わるもんだから、
「Tryambakam yajyamahe ~~~~~」
から、てっきり別のヴェーダが始まってると思ってました。

これがルッドラムだと気づいてから、日本でもこれをやりたくてヴェーダを教えてくれてた人に教えてと頼んで断られたり、別の人になんとか1回だけ教わったり。

ここの箇所は過去生でヴェーダを唱えてたなら絶対何回も何回も唱えてたはず。
この箇所は唱えられるようにならなきゃいけないでしょ。
と思ってます。

いまだ唱えられず。

ルッドラム、前から順番に自習してるので、まだこの箇所は遠いかな。
先にやっちゃってもいいんですけど。

少し前にアシュラムに滞在してた人が、この箇所は葬式で何回も唱えられると教えてくれました。
そうなのかー。なんかちょっと納得。
ここの意味もまだよく知りませんけど、ここを勉強できるのを楽しみにしています。

あと、シュリ スークタム と ナラヤナスークタムだっけ、そんなんありましたっけ?それもやろうという意欲がわきました。
【2006/08/19 15:43】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アティ ルッドラ マハヤグニャ その8
今日は土曜日。
週末で最終日前日ということでまた人が増えました。
11時過ぎなのにもう午後のプログラムに向けて並んでる!
今日は早めに行ったほうがよさそうです。
明日はうんと早く行ったほうがよさそうです。

ここしばらく睡眠不足が続いていたので昨日は早めに寝ました。
で、今朝起きたら、右の肩甲骨の下あたりが寝違えたみたいになってて
ベビーカー押すどころか、歩くのも痛い有様。

最後の最後でこれか~。

でも、少し寝過ごしたこともあり、狭いスペースに入って座らせてもらったり、いつものごとく主名は私に抱っこされたままで組体操状態で
痛いとか言ってられなくて、途中で抜けて朝食も左に主名を抱いて右で買ったり、いつものようにしていたらましになりました。

しかし、こういう混んでる時にはいろいろ瞬時の判断をする場面が多くて、判断力や情報処理能力が鍛えられますね。

いつ行くかどこに座るか何もって行くかいつ抜けるかクッションは置いて行くかいつどうやって戻るか主名は寝かせられるか隣はどんな人かババはどこに座るか(あれ?ババ最後?)

そういえば昨日のゲストスピーカーはこないだの日本のサーダナキャンプのことを少ししゃべっていました。
あと、ルッドラムのなかで私の好きな箇所の解説をしてるようでした。
ゲストスピーカーがしゃべってることで内容を知りたいことがあってもババじゃないから後ではまず、知ることはできないです。
英語ねー。
でも昔に比べてはかなりましになったように思います。自分で。
単に勘がよくなっただけで、察してるだけで語学力は向上してないかもしれませんが。

昨日は主名が私が持ってたおもちゃの車を指差して「ぎみぎみ」とか言うので、また、独自の名前をつけたのかと思ったけどよく考えたら「ギブミー」でした。

しかし、今回のヤグニャ、自分で言うのもなんですけどよくがんばって参加してます。ご飯もしっかり食べに行きつつ。
11年前に初めてきた時以来じゃないでしょうか。
こんなにまじめに参加してるのって。

護摩って、好きなんで。
【2006/08/19 15:22】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
逆回転
昨日の午後のダルシャンに行く前から、部屋で使ってる目覚まし時計の針が逆回転し始めました。

昨日から若返り始めたんでしょうか。。。?
【2006/08/18 22:01】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アティ ルッドラ マハヤグニャ その7
やれやれ、今日も終わりました。
残すところ後2日です。

昨日、出入り口の近くに座ってこりたので、今日はもう少し後ろに座りました。
部屋を出る直前まで主名と一緒に30分くらい寝て、ホールに運んでも主名はそのまま寝続けて、合計3時間くらい寝てたので結構楽でした。

今日はババの講話の時に何人か学生が呼ばれて、ルッドラムを唱えさせられていましいた。

私のヴェーダのよきライバル?のSくんも唱えて、
ババに多分何がほしいかと聞かれて、
「スワミがほしいです」
と、模範的な回答をしていました。

わたしはちょっと言えないなー。
【2006/08/18 21:58】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アティ ルッドラ マハヤグニャ その6
今日は大変でした~。

昨日の午後のプログラムでは主名は3時間以上ずっと寝てたのですごく楽でした。

昨日のダルシャン後、あー至福に満たされちゃってる。と思って、
その状態を楽しんでました。
ベビーカーを押してあちこち行ってるうちに、意識がちょっとずつ
外界に飛んでいって、
至福の意識の水位が下がっていって、だんだんさめていくのが面白かったです。

プログラム中、けっこう考え事というか、あれやこれや想念が浮かび上がっていたのですが、
アルティになるとありがたーい気持ちになって、ばぁっとそれらが全体の雰囲気の中に消えてゆくのもすごいことですよね。
アルティ、っていいなあ、と。

で、一転して今朝は目から炎の光線が出そうなほど頭にきてました。
いろんな要素が渾然一体となって頭の中で出火して!
今朝のプラサードがでっかくってぼろぼろ崩れる、せんべい状のものだったものですから、もらったその場で主名がキィッ!となってそれをぐしゃぐしゃにして辺りに投げつけたり!と、そういうこともあり。

そんなんで、ちょっと自分に楽させよう。。。と思い、
主名にミニカーセットとかおやつとか買いまくって、午後に備えました。

で、午後のプログラムにも早めに行ったのでホールには前ではないけど余裕で座れて、子供席(自己抑制の利かない人の席か!?大人でもここに座らされる人いますもの!野生の席。)の
最前列に座りました。
準備の甲斐あり、主名は機嫌よく遊んだりして、そのうち抱っこで寝たので床に寝かせました。

そしたらそのうち混んできて、子供席の最前列の前は出入り口の通路なので、すいてるうちは良かったのですが、
込んでくると通る人が主名の顔のすぐ前を踏んで通っていくので危ない危ない。

そのうち、ホールに入れてない人が外で誰かおかしくなったのか、
悲鳴とか上がって外はちょっとしたパニックに。
ホールの中にまで少し恐怖の空気が流れて、
それをきっかけにしたかのように
「中に入れろー」
みたいに人々が出入り口の柵(扉)に詰め掛けてました。すぐ横の!
それを制するセキュリティの女性たちのするどい声~!

もうすぐババの講話が始まりそうなのでみんな殺気立ってます。
狂ってる~。
人ってこんな簡単にパニックになるの~?なります。
中の平穏な空気とのこの落差。
何が人を分けるのか。
個人なんて関係ないですよね。
単に状況で人なんかどうにでもなっちゃいますって。

で、開門!!

やめてー。

ボディチェックがあるので一気になだれ込んでは来ませんけど、
それでも全身殺気立ったままの人がそのままの気分で先を争って入ってきます。

座ってるところの周りの人たちも協力して寝てる主名を守ってくれます。
これはなんていうか動物の本能的なうごきでしょうか。

私の前に主名を寝かせていたので、入り口に向いていた主名の頭と入り口の間に私が席を移って、しばらくは入ってくる人に対して自分の体で壁をつくっていましたが、主名の体も踏まれそうだったので
セキュリティの人に言われて主名をずいっと奥に入れて、私の背中の後ろに寝かせました。

今日は講話は無しでした。

ババが帰った後にプラサードが配られたのでこれまた混乱。

あまりの状況が続いたことで、なんか滑稽に感じて笑えて来ました。
おかげで私の目の中の炎もいつしか燃え尽きて消えました。

すっきりした。

あ、そうそう、今日はヤグニャをしてるお坊さんたち一人一人が前に呼ばれてなんかもらったりしてたのか、拍手されてました。

ご苦労様ですよね。

一番えらいみたいなお坊さんは昨日ババから何か物質化されてたような。
このお坊さんを含めた3人くらいのお坊さんは前、たぶん自室まで車で送迎されてました。
そりゃそうだなー、なんかあったら大変ですもんね。
他の人たちは列を作って歩いて帰ってます。

どうでもいい情報でした。

【2006/08/17 22:09】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
甘えと反抗
最近主名の甘え方と反抗の仕方が前にもまして激しくて、
今も彼は足元に横になってるんですけど。

昨日は夕食の時、食べさせるのもやはり一騒動だったんですけど(そもそも手を洗うとまずぎゃーっと泣く)、主名が食べ終わって笑いながら走り去っていったので
(一番に入ったのですが私らが食べるのに時間がかかってるので、すでに食堂の入り口は閉まってて)
やれやれと思って自分が食べてたら
食堂のキッチンのほうを通って外に出てたのを男性が連れてきてくれて、
ぎゃんぎゃん泣いてぐにゃぐにゃになってる主名。。。
で、
食堂のおばあさんに

「子供が外で泣いてるのになあんで母親がここで飯食ってんだ!!!!」
みたいに怒られて人生がちょっといやになってました。

そしたらそれを察知して危機感を感じたのか主名はその後部屋で
自らトイレの便器によじ登って自分でおしっこをしました。(はじめて)
そして言う言葉が

「よかったね」

。。。。。って。

思わず、すごいすごいと喜んでしまいましたけど、
あんた、なんでも分かってて何にもやらんのがバレバレだよ!

「さっき、なんで食堂の外で泣いとったん?」
「こけた?」
「犬が怖かった?」
「おじさんに抱っこされて怖かった?」
などと聞いてみたら

「さわこがおらんくなったから~~~ぁ。」
と言うので

「あんた自分で出て行ったんやん。私がいすに座ってたん知ってたやろ?」
と言うと、ふぃっ、と横を向いて知らん顔。

今は彼はネット屋の横でいすを押してキャキャと言っています。

1ルピーの記念コインに書いてありました。

~母親の健康は子供の健康~

わたしの体力&気力を落とすわけにはいかないのです。

【2006/08/16 14:36】 | 主名日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アティルッドラマハヤグニャその5
昨日の午後は通常のプログラムの後に、男子学生によるインド版ミュージカルみたいなのがありました。
登場人物みんな飛んだりはねたり回ったり。
最後はシヴァが出てきて、踊りまくりまくっていました。
このシヴァ、いつまで踊るんだろうと多少疑問が出てきたころに会場から拍手が沸き起こってきて、ようやくシヴァは止まることができたのでした。(!?)

今朝は出かけるのに手間取って、プログラムが5時スタートだったので6時には行こうと思ってたのですが6時半になってしまって、惜しいところで会場の中には入れず。
なのでトークンで並ぶところに設置されているテレビモニターでしばらく中の様子をみていました。

しばらくして朝食を食べに行きました。
今日は早かったのでまだメニューがそろっていて、主名の好きなものもあってたくさん食べれてよかったです。

しばらくしてたくさん人が食堂に入ってきて、ババが来たんだなと思って、入れ替わりに会場に向かいました。
しかしさすが今日はクリシュナなんとかとかいうお祭りの日なので
入るのに少し時間がかかりました。
というのも、きっと象や牛などの動物たちも登場したりしてみんななかなか会場から出なかったんだと思います。
私たちはホールの外から象見物しました。
やっぱり火をがんがん燃やしているので、動物たちはあんまり中までは入らなかったようです。
以前参加した、このクリシュナなんとかのお祭りでは象(サイギータ)は来てなかったので、アシュラムの中で見たのは初めてでした。

毎日のようにプラサードのお菓子などが配られていますが、
今日はぽろぽろしたそぼろ状の油菓子でした。
最初からぼろぼろなので案外床にはこぼれていませんでした。
一見かたまりで、なのに崩れやすいお菓子のときは床がお菓子だらけになっています。

どんどん前の方に寄っていって、このヤグニャの期間中で私らにとって一番前に行きましたが、主名はしばらくして寝てくれたのでよかったです。前のほうは煙が来るので機嫌が悪くなるのは必然、でしたので。

わからないもので、昨日の午後は見晴らしのいい後ろの方に座っていて、知人も前や横にいて、楽勝と思っていたら寝てた主名が半端に目覚めて泣く泣く。。。
でも一度出たら再入場はかなり厳しいので忍耐でした。(周りが?周りが!)

今日の午後はいつもより少し早く、2時にプログラムが始まるそうなので今日はお昼は部屋で済まそうかと思います。
【2006/08/16 14:05】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アティ ルッドラ マハヤグニャその4
アティ ルッドラ マハヤグニャも何度目かのピークです。
今日は独立記念日だそうで。

さっき、アシュラム内のショッピングセンターと本屋さんに行ったけど何も買わず(ショッピングセンターはあまりにも長いレジの列に買うのを断念)カロリーのみ消費して出てきました。

昨日も午後、ヤグニャにゆっくり行くつもりで部屋で行水してベッドに横になって寝たとたん、主名が
「ヴェーダしてる」「ダルシャン行こ」
と何度も起こすのでしぶしぶ起きて2時半くらいに行きました。
さすが浄化済みの人はちがう。(熱のこと)
それに主名はいつでもどこでも寝てるからなぁ。

そしたらすぐホールに入れて、そのまま3時間半ヤグニャに参加できました。
主名は途中で寝たから床にバスタオルひいて寝かせて。

今朝は6時半くらいに行きました。
朝ごはん食べてからにしようかと思いましたが、女子学生がどっと来て、食堂も学生優先だったのであきらめてホールに入りました。
すっと入れて、しばらくしてババ登場で、
それからまたしばらくしてから食堂に行きました。
出たら入るの大変かなあと思ったけど、わりとすっと入れました。
タイミングがよかったみたいで。
私もご飯食べれて(お腹すいてたら集中できない)主名もそれなりに食べれて薬も飲めてよかったです。
ホールに一応置いて場所取りしてたバスタオルもそのままちゃんとあって。

昨日今日とわりとちゃんと参加できたのでヤグニャに満足しました。
今、ここを離れなくてはいけなくなったとしてもまあいいかな、と思えるような。(今回のヤグニャに関して)

ヤグニャはルドゥラムを何度も唱えてますけど、一回唱え終わるごとにアルチャナというんでしょうか。
そのたびに音楽がならされて火をリンガムに捧げていました。
全体の終わりごろにはサイババのマントラが繰り返し唱えられていました。
なんだったっけ。
サーイーシュワラーヤヴィッマヘーサッティヤ何ちゃらかんちゃら~、でしたっけ。
タンナッサルヴァップラチョーダヤーートゥでしたっけ。
後で出るはずのDVDを入手して確認してください~。

で、なんだか浪曲みたいなのも最後のほうに唱えられたりして
毎日毎日同じことをやってるので、まるで吉本新喜劇見てるような
繰り返しのおもしろさがかもしだされてきたような。。。
いいなあ、これずっと毎日でもいいなあと思えてきました。
と、そういう気分になってきたら終わりの日が来るんですよね。


【2006/08/15 15:36】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
むずかしい~~~!
ヤグニャのとき、主名はホールに入りたくないので色々言います。

ホールに入ってから手に持ってるおもちゃを外のベビーカーのポケットに入れると主張したり、逆にベビーカーから物持ってくると言ったり。
ホールの入る前に何度も確認しても効果なし。
で、ぎゃーぎゃー。
多分理由というか、口実は何でもいいんでしょうね。
不機嫌の表現、ということで。

最近の主名の口ぐせは「むずかしい~!(ごね声で)」です。
一日に何回言ってるか。
それを聞くと私も「ほんま難しいわっ!」という気分になってしまうという。

おもちゃから1センチくらいはなしたところで手を広げて
「とれへん~!むずかしい~!!!」と主張します。

取れよ!

と思いますけど、めんどくさいから、ぱっと取って渡します。
すべてにおいてそれが適用されます。
「むずかしい~!」

知るかっ!

自己主張していく過程なんでしょうけど、めんどくさい!

ココナツも、飲む?と聞くと「いらん」と言うので
「じゃあ私だけのもう。」
と言うと
「主名も飲む」
と言うので飲ませると一口飲んで「もういい」と言うので
あと全部飲んで飲み終わったとたん
「飲むの~~~!」

あんたなー。ある時にのんでよ。もうないわ。

結局もう一個買って飲ませるとまた一口で「もういらん」
わたしのおなかはチャポチャポ。

テリブルツー、とかいう言葉もあるそうですね。
保護者にとっても2歳児にとっても?この時期はむずかし~。

昨日、主名がぎゃーぎゃー泣いてるとき、この子はお腹がいたいの?と聞かれました。
この子は手に持ってるプラサードの形が気に入らなくて、
でも、手に持ちたいんです。
と答えました。
こんなとき、どう、うまく対応することが可能なんでしょう?

でも実は単に眠たいとかいう基本的な事柄に理由があったりして。

今は寝てて静かです。

とりあえず、難しい~!!と言われたら、かんたん!かんたん!と言って中和しています。
【2006/08/14 15:27】 | 主名日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
発熱
今、アシュラムでやってるアティ ルッドラ マハヤグニャが始まって今日で5日目だか、6日目だかですが、
始まったころはけっこういろんな人が体調を崩したみたいでした。

主名も初日に吐いて、その後喘息発作と、39,6度まで発熱して、昨日いきなり熱も下がって元気になりました。
そして今日は少し鼻血をだしました。

他の人も熱を出した人や吐いたりした人が多かったみたいです。

知人の、ババの学校に行ってる長男も熱で家族のところに帰されていました。その子のクラスはヤグニャが始まって、11人が家に帰されたそという話でした。
普段から霊的な環境で生活してるババの学生でそれですから。。。
知人の長男も主名と同じく、昨日いきなり元気になっていました。

彼の母親は初日、体の中が熱くなって、次の日は外が熱くなったとか言ってました。
私も初日はくらくらして、やばいーと思いました。

今は主名も私もたぶん平気です。
しょっぱなに体調を崩した人は昨日くらいから回復してきてます。

主名はけっこう高熱でしたけど、熱用の薬は飲ませませんでした。
ピークが39度台ならなんとなく安心で。
ニームの葉が熱にいいというので、煎じて飲ませましたけど
悪くはなかったけど効いたかどうかもよくわかりませんでした。
熱や咳とかはあんまり抑えないほうがいいような気もして。
体の中で何か熱消毒や燃やしたりする必要があるんだろうから
それがなくなったら熱は下がるだろうと。
昨日の朝で、なくなったみたいです。以後平熱です。

脳をやられるくらい高熱だとやばいと思いますけど。
喘息の薬のほかに、いちおう熱さましの座薬とか総合風邪薬みたいなのは今回持ってきました。

使わないにしろ、打つ手を持ってるというのは安心です。

熱を冷ますシートみたいなのはやっぱり今回もあんまり役に立ちませんでした。直接水をぺチャぺチャ額にかけたほうが早く冷えるし。
でも毎回持ってきてしまうという。
きっと商品名がいいんですよね!


【2006/08/14 15:01】 | 子供の病気時 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アティ ルッドラ マハヤグニャその3
アティ ルッドラ マハヤグニャは今日は14日だから。。。
5日目ということになるのでしょうか?
20日までまだしばらくあります。

明日は独立記念日で、明後日はクリシュナジャヤンティらしくて、
昨日の日曜で一山超えたと思ったら全然まだでした。
今日も人、どんどん到着してるって。。。

主名が初日で吐いてその後高熱と喘息で、昨日いきなり元気になりました。
で、ヤグニャへの参加はとうぜん、ゆる~くの参加なのですが、
明日あたりから早朝からまた行ってみようかなとか思いました。
ところが今日はヤグニャ中に主名鼻血。
少しだけですけど。
ぎゃーぎゃー泣き叫ぶし、私も精神的に鼻血出そうになりました。
子供は大丈夫なときは大丈夫ですし、だめな時はギャー!となります。
このヤグニャは主名にとって「次から次へと限界に挑戦ヤグニャ」です。
大人でもそうですけど。

主名の調子が良くなかったので、ここ数日、目覚ましをかけるのもやめて、朝も昼もゆっくり部屋で寝てたりしました。
普段より、のんびりしています。
でも近くにスピーカーがあるらしく、僧侶の吟唱の声が聞こえます。
高速で唱えてるときはまるで蜂の大群がうわーんとうなって飛んでるみたいです。
これは脳に来るかんじ!?
そういうときにホールにいたら聞いてるだけで脳がしびれて気が遠く(または眠く)なりそうです。

そういうのんびりペースですが、朝の回も昼からも、毎回ババがいる間にはホールに入るようにはしてます。
だってせっかくだから参加したいので。

シヴァリンガムへのアルティでしょうか。
朝9時半くらいにいくつもの火がリンガムに捧げられて、
そのうちの一つはツリー状に火がともされたものが回されています。
それがきれいだなーと思って、
好きな光景の一つになりました。

僧侶たちはおそろいの濃い桃色や黄色の布をまとっています。
ばさばさ落ちるのでしょっちゅう布を上に放り上げて肩にかけなおしています。
めんどくさくないんでしょうか?
あれも美しさの一つなんでしょうか???

ちなみに朝は8時前くらいに朝食を食べて、その後ホールに入ると、
丁度早朝からの人がたくさん出てくるのでそんなに苦労しなくても入れます。
ババもまだいて、ヤグニャもまだやってます。
ババが帰った後もしばらくやってるので、そのままそこに残ったり、今日みたいに主名が腹から泣き叫ぶとあきらめて出てきたり。

午後は4時くらいに行って、おやつ食べて、その後入ると
ババが講話をするくらいの時間になります。
午後は入るのにけっこう苦労します。
いつも入場制限されてて、ゲートがしまってておしあいへしあい
でもまあ、なんだかんだでいつしか入れてます。
もうちょっと早く行けばいいのですが今は体力温存&回復を優先しています。

ヤグニャの間、毎日ババの講話があります。
すごい力の入れようだなと思います。

他の人は早朝は4時とかに行ってて、午後も1時過ぎとかには行ってるんでしょうか?

子連れじゃなければどんなに楽か、と思いますけど、
子連れじゃなかったらここに長期でいることもなかったし
このヤグニャに参加することもなかったように思います。

いつでもどんなときでも自分のペースが乱れない、
そんなナイスなペースを会得して日々生きてゆきたいものです。
【2006/08/14 14:27】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
その2
2日目(ヤグニャの初日?)は、じぶんとしてはがんばって4時過ぎに起きて、5時過ぎくらいにホールに行きました。
5時半からプログラムが始まって、6時半からババがなんかするみたいだったので。

ババが白いシバリンガムにアビシェーカム?でしょうか。何か儀式をしていました。

そのうち11個ある囲炉裏みたいなやつの中でどんどん火がたかれて、いろんなものが吟唱とともに投げ込まれました。

大小の白いリンガムがあちこちにおかれていますが、
先述の中央の白いリンガムを見に行く長い列が女性側の席に出来ました。
並んで見に行ったら、中央で行われているヤグニャの様子や
女学生が一緒にヴェーダを唱えてる様子などが見れて面白かったです。
別方向からの列も出来てて、
主名ももういっぺん見に行くと言ったので、その、別の列に並んでもういっぺん見に行きました。
ヤグニャをしてるお坊さんたちもそっち側から列を見物してました。
リンガムを見れるのは一瞬で、別に遠くからだってみれました。
でもなんか「祭り」という感じで、並ぶのが楽しかったです。

プログラムは昼までとなっていましたが
煙で発作が出るのか、主名も咳き込むしホールを出ました。
(その後主名は熱を出しました。ニームの苦い煎じ汁を飲ませました)

午後のプログラム中にも、前もって告知はなかったのですが
またババの講話がありました。
今年はグルプールニマの時にも講話はなかったそうなのに
このヤグニャでは2日連続。
最終日にもあるようなので、12日間で3回。
講話も、このヤグニャはすごい特別で、みたいなことを言っていました。

わたしとしては、ちょっとでもルドゥラムが唱えられるようになっておいてよかったなー、です。
最初の3分くらいだけですけど。
それだけでもなんだか一緒にヤグニャやってる、という気分になれて。

でもルドゥラムを単純に何回も唱えるというわけでもなくて、
省略したり、あちこちとんだり、区切りごとに「スワーハー」を入れたり。
別のヴェーダもけっこう唱えられています。
マントラプシュパムやなんかも。

しかし複数の人たちでテンションをあげたまま唱え続けるのってすごいですね。
高速になったときなんか音というよりぎゅうぎゅうに詰まった力の塊のよう。


【2006/08/11 15:32】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(2) |
アティ ルッドラ マハヤグニャ中です。その1
9日からアティ ルッドラ マハヤグニャのプログラムが始まっています。

8日の月はすごくきれいでした。
虹の月輪でした。

9日の2時半からプログラムが始まって、多分これは前夜祭みたいなものだったんじゃなかったかと思うのですが、
アティ ルドゥラ マハヤグニャの歌、みたいなのが朗々と歌いあげられたりしていました。
ババの講話もありました。
通訳もいつものとおり英語だったので聞き流していましたが、
後で他の人に聞くところによると、ヴェーダのチャンティングはすごく重要で、みたいなことを言っていたとか何とか。

夕刻に主名がホールでどばっと吐いて、
私もずぶぬれになったのでババが家に帰ったし、わたしらも
チャンティングが続く中、ホールを後にして着替えに部屋に帰りました。

わたしもなんかふらふらになっちゃって、やばいなーと思ったのですが、
やはり早く出てきた知人がいたので
一緒にヴェーダのチャンティングの練習をしたらすっきりしました。
迎え酒ならぬ、迎えヴェーダ。

【2006/08/11 15:05】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ATHI RUDRA MAHAYAJNA
ATHI RUDRA MAHAYAJNA
と、垂れ幕に書いてありました。
あてぃ?はなんですかね。
ルッドラはシヴァでマハは偉大な、とか?ヤグニャは護摩とか供儀、とかいでいいのかな。

明日の午後2時半からだそうです。
今日の夕方のバジャンの時点でもうだいぶ人がいっぱいになってました。

あ、そうだ。
ルッドゥラムのヴェーダのテキストのコピーして持ち込もう。
14641回だか唱えられるそうですよ!

今まわってきた情報によると、以前、シヴァが毒を飲んだことに匹敵することが明日行われるんじゃないか、なんて。こわ。
火をたく囲炉裏みたいなやつ、なんていうのか知りませんけど、
あれが11個用意されててそれぞれ11人ずつ(総勢121人)僧侶が配置されてヴェーダ吟唱して火を焚いてヤグニャするみたいです。
かなり大規模ですね。最強アビシェーカム、とかなんとか。

以前のアティルッドラヤグニャはシバが行ったんだそうです。
ハラハラ(毒)を飲んだとき。
明日はなんと!地球上で2度目。笑。って笑ってる場合じゃなかったりして。

少しでもルッドラムを唱えられるようになっててほんとよかった!

インド中から聖者が集まってきてるとか言ってる人もいるし。
いやー、今ここにいれてうれしいなぁ。

シヴァシャクティの化身サイババ。
ありがたや。

このヤグニャは明日9日から20日まで行われます。
【2006/08/08 21:31】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(2) |
わきアイアイ
こちらの日本人ヴェーダの集まりも今盛況です。
普段センターに行ってない人がほとんどです。
わきあいあいでやってます。
インド歴の長い人の前でヴェーダの発音とかやるのは最初びびってたのですが、
やっぱりサイの大学の卒業生に教えてもらってたのは、しっかり細かく教わってたんだなあと再認識でした。
よかった。ちょっと安心して自信がつきました。
こちらでのヴェーダの先生とはまだ会えなくて、
私がそんなに熱心に探してないこともありますが、
やっぱり日本でしっかり習えたというのはラッキーなことだったんだなあと今更ながらに思います。

独学で熱心に勉強してきている人もいるので、
彼があみ出した、日本人による、なじみのないヴェーダの発音の仕方とか教えてもらえて大変参考になりますなるほどなあ。と。
息の出る発音は例えば「bha」だと、バとハを同時に言うように言うとできるとか。

それぞれがなじんで、わきあいあいと楽しくなるとみんなここを去るタイミングが来ると言うのも寂しいけど気持ちいいかもですね。
 執着しすぎず。
【2006/08/08 12:49】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
シヴァのヤグニャ
明日からのシヴァのヤグニャ、人がたくさんかなあ?
ダルシャンホール中央になにやらできてました。あそこでやるのかな?
今日の朝のダルシャンでババがそれについて説明を受けてました。

シヴァのヤグニャと言ってますけど正確には知りません。

昨日の夜、朝にコーヒーぶっかけられた人としゃべった時に(「今朝、あなたを傷つけたかもしれないと思うんですけど」としゃべってみたのでした。)聞いたのですが、今度のヤグニャはとても重要で、人々の平和と繁栄のためのものだとか。

今、朝のダルシャンとバジャンの間です。
そろそろバジャンに戻ります。
【2006/08/08 12:34】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
諸行無常
おととい、主名に買ったおもちゃの赤い車。
店を出てから主名はやっぱりバスがいいとごねまくりで、
昼ごはん中もずっとかんしゃく起こして泣いてて、
部屋に帰ってもぎゃーぎゃー泣いてました。
あまりの様子に、2つ横の部屋から出てきたインド人青年は
「彼は狂ってるのか?」
と真顔で尋ねるし。

でも昼寝して起きてダルシャンに行ったら道行く人に「ナイス、カー。」といわれ、食堂のおばちゃんにもその車は好評で、
主名もその車のことをかっこいいと思ってきたみたいでした。
で、気に入ったとたん、
昨日なくしました。

ああ、諸行無常。

「赤い車は?」
と何度も尋ねる主名。

なくしたであろうところに一緒に探しに行ったけど当然見つかりません。
誰か喜んで持って行ったかな?

「なくなっちゃったね」と何度も答えるうちにほとんどその車のことは意識から消えたみたいでした。

で、今日はオートリキシャーのミニカーと飛行機のおもちゃを買いました。
これは私が前から買いたかったのでした。

ごねてるときは絶対買ってやりたくないけど、忘れて機嫌よくしてるときはなんか買ってやりたくなるこれも不思議。

何か与えるとトラブルの元になるのもわかってるんですけど。
でも何も持ってないと他の人が自分の子供のおもちゃを貸してくれて、ありがたい反面もっと確実にトラブルの元!
扱いに気を使うし。

人生って複雑。。。こどもでも。子供だし?

今は彼は自分で効果音をつけて上機嫌で遊んでます。
【2006/08/07 14:38】 | 主名日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。