スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
カウシカ
カウシカ

ひっさしぶりにババの夢を見ました。
どこかのダルシャン会場に行ったのですが、ダルシャンがすでに始まっていて、入り口の門は閉じられていて中に入れませんでした。
なので会場の外でほかの人たちと一緒にいました。
そしたらゲートの向こうにババが来たのが見えました。
「こっち来てこっち来て」と思っていたら、ゲートが開いてババが歩いて出てきました。

ババはバイクにちょっとまたがってみて、そして横転のポーズをしたりしました。
(これは、主名が自転車でこけるイメージが入ってます)
「わー、だれか起こしてあげて」とか思いました。

そして、わたしたちのちょっとした群衆の前に歩いてきたので、
私の前の人たちに
「ババが通ってこっちに来れるように道をあけて」と、思ったか言ったかしました。

十分な幅のスペースが開かなかったのですが、ババに「こっちに来てこっちに来て」と思っていたら、
ババは縦に長く列を作っていた群集の横をぐるっと回って歩いて、列の横からこちらに来ました。

なので手を差し出して、群集越しに手をつなぎ、手をつないだままババはさらに反時計回りにぐるっとまわりこんで
群衆のいないわたしの前に来ました。

前に来るともう手は離しました。

ババは「あなたの考えてることはわかる。注射みたいにチクチク後頭部に刺さる」というような意味のことを
チクチク自分の指で後頭部を刺しながら言いました。

いざババが前に来ると、これまでの夢だといろいろ聞いたり、しゃべったりするはずのところが、
馬鹿になったみたいに何も考えがまとまらず、何も言葉が出てきませんでした。

ババは「何がほしい?」と聞きましたが、いっぱい要求はあるはずなので言おうと試みるのですがやはり何も言葉が出ず。
想念すらまとまらない状態でした。
ババは「テープか?」と言いました。
それは自分に関する何かの予言の葉っぱを見ることを意味したので
「そうですそうです」と私は言い、さらに、それを見てもいいのかとか、私はそれを見れるのかとか聞こうとしましたが、
やはり考えがまとまらず、言葉も出ず。
ババは「カウシカか?OOOか?」と言いました。
カウシカはシュカの葉のことだと思います。OOOは、聞いたこともないし聞き取れませんでした。
私は、「どっちのほうがいいんですか?」と聞きました。
ババは非常に丁寧に思いをこめるような口調で「カウシカ」と言いました。

その後も何か話したかもしれませんが忘れました。

起きてから、「ババに、葉っぱを見るように言われた」と思いました。
おきてしばらくして夢を思い返してみると、見ることをあえて薦められてはいないのか?という気もしましたが、
起きて、現実世界の感覚の中で起こってきた考えはあてにならないので、
なんにしろ、葉っぱを見ることに関してババが言及したことは確かだし、
もしかするとほかの質問を抑えられて葉っぱに関するやりとりの夢だけをババが意図したかもしれず、
8月末に見ようかなと思ってたので、そういう方向で実際に動いてみようかと思います。
そしたらババに質問できなかったほかのいろいろなことに関するヒントも得られるかもしれないし。

アガスティアとかシヴァとかそういう葉っぱにかんしては過去5回見て、5回ともカルマの解消をしてあって、
ずいぶんなお金もつぎ込んでいます。
今もうそんなお金もかけられないのですが、シュカの葉はそんなすごいお金はかからないので、
行ってもいいなー、と思って、計画したこともあったのですが計画倒れに終わり、
最近またそこの住所とかもらったので、また、行ってもいいなー、とか思ってたのでした。

なんせ、久しぶりに友達みたいな感覚のババの夢を見た気がします。
今朝の夢のババは30代くらいで若かったです。

そういえば、ふと思い出しましたが今日は父方の祖母の誕生日でした。
スポンサーサイト
【2008/06/30 14:22】 | サイババの夢 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラーマーヤナの
ラーマーヤナ関係の行事が終わりました。28日で。
午後はババの講話もあり、ババはラーマのバジャンを3曲連続で歌うなどご満悦でした。
くわしい内容はまた書くかもしれませんし書かないかもしれません。
【2008/06/30 14:12】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
しゃべりまくり
昨日の午後にラーマーヤナ関係でしゃべった人はまたもや通訳なしでテルグ語約3時間。
途中でババが「もう、終わるように彼に言いなさい」と誰かを通じてやめるように言ったそうなのですが、やめなかったそうです。
彼はのりのりでした。
【2008/06/28 00:19】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
学校
3ヶ月休んだのですが、(学校も2ヶ月休みでした。)6月半ばからまた行きだした主名の学校は、今年度(6月が新年度)からコーチングクラスとかいう受験コースに通わせています。

昼ごはんの時間が45分しかなくて、部屋に帰ってくると片道5分とはいえ、往復10分で、35分で主名が食事を終えて間に合うように学校に戻るのは難しいので、最近は私が昼に食事を学校に運んで食べさせています。
飽きない弁当を作る技術がないので普段のご飯をそのまま運んでるという。

そうなると、主名に甘えが出てきて、昨日、昼休憩が終わる時間になると
「先生にたたかれたから学校行くのいやになった」とかぐにゃぐにゃ言うので、
「たたかんといて、って言ったらいいやん」と言ったら、
「ドント ビット!」とか言ったらしいのですが先生は「ホワイ?」と言ったそうで、
まあ、先生の気持ちもわかるのですが、本人に行く気になってもらわないと困るので、
ほかのクラスの先生がいたので
「誰かにたたかれたから教室に行きたくないみたいで」
と言ったら、
「誰もたたいてないわよ!その子がみんなをたたいてるのよ!」とにらまれたので、
こりゃだめだ、と思い、
一応本人に「あんたがみんなをたたいてるん?」と聞くと違うと言いました。
だれがほんとのことを言ってて誰がうそを言ってるかは確認しようがないのでおいといて、
教室の先生に
「先生にたたかれたからいやだと言ってるんですけど」と言うと、
「今日はいっぺんだけ、やさしくたたいただけよ」
と、易しく言われました。

「午後はもう遊ぶだけだから教室に入りなさい」と先生が言うので私もそういってみましたが主名はいやだと泣きべそをかくので、
「じゃあ、校長先生に言って、先生に「たたいたらだめよ」って言ってもらったら教室に入る?」
と聞いたら、うん、というので、
クラスの先生を糾弾する気はなかったのですが、主名を教室に入らせるための演技として
校長先生のところに行って、
「先生にたたかれたから行きたくないと言ってるんですけど」とか言ってみました。
そしたら校長先生は、主名は書くのが遅いから早くさせるために肩を押したりするくらいだ、
と言うので、「さっき聞いたら、先生は今日はいっぺんだけやさしく頬をたたいたと言ってますけど、子供はすごい強かったと言っています」と、さっき聞いたことを言ったら
校長先生は「どの先生?行きましょう」と言って、一緒に教室に行きました。

主名も一応気が済んだみたいでおとなしく教室に入って座ったので
「もう、校長先生が先生を怒ってくれたから大丈夫。じゃあね」と、私はさっさと帰りました。

午後の授業が終わって帰ってきた主名が言うには、先生は涙を流して泣いちゃったそうです。
結構優しそうな先生なのでかわいそうなことしたなとか思いました。
ほっぺをたたくのは体罰当たり前のインドですが、ここの学校では許されてなかったみたいで、厳しく校長に言われたんでしょうか。

主名に「先生泣いてびっくりした?」と聞いたら「びっくりせんかった~~~」と、嬉しそうでした。
なんか、嬉しかったみたいです。。。

今日の昼は食事後にほかのこと楽しそうに遊んでいたのに、始業の鐘がなると
味を占めた主名は「今日も先生にたたかれた。。。校長先生のとこに行きたい。。。」とか言い出しました。
「あほか、はよ、いっといで」と言ったら今日は元気にさっさと教室に走っていきました。

今日は、初めて一人でインド式トイレでうんこができたそうで、すごい喜んで帰ってきました。
「だって、もう、おにいちゃんやも~~~ん」とかいって。
前は私を喜ばそうとそういううそを言ってたことがあったのですが、今日はどうもホントみたいです。
ハードルひとつクリアーということで、よかったです。
【2008/06/28 00:17】 | 主名の学校 | トラックバック(0) | コメント(0) |
女神のプージャ
今朝は女神のプージャがあると聞いたので、早起きしてアシュラムに行きました。
ガヤトリープージャと聞いていたのですが、ガヤトリーに限らず、ラリタサハッスラナーマプージャとかいう、女神の千八の御名のプージャでした。

ホールの入り口でお皿に入れたガヤトリーのカードとお米を受け取りました。
主名もやるというので主名の分ももらいました。

なんとかーやナマハー、とお坊さんが言うのに合わせてお米をカードのガヤトリーに捧げるのを繰り返すのですが、子供にやらせたのは失敗でした。
主名が途中でつかれてお米を捧げるのをやめて休憩しようとしたりよそ見をしたりするので、そっちを手伝ったりしかりつけながら自分の分もやったので一人でやるより10倍くらい疲れました。
こんなん、途中でやめたりしたらなんか縁起が悪かったらいやですし。
一時間くらいかかったでしょうか。
終わったときはホッとしました。
集中も何もできたもんじゃありませんでした。
もし次があったら子供はどこかに座らせておいて、今度は自分だけやります。

でも、やりたかったのでできてよかったです。

昨日のはババの千八の御名で、その前はラーマでその前はヴィシュヌだったみたいです。

いつの間にか地味な張り紙がしてあっただけでバジャン後のアナウンスとかそんなのもなかったからぜっんぜん知りませんでした。

サウスで朝食を食べてから主名を9時からの学校に送っていって、わたしはアシュラムに引き返したら今日はババは来たのは9時半くらいだったでしょうか。

明日でラーマーヤナ関係の行事が終了します。
午前がメインみたいなので、主名を学校を休ませて連れて行こうかと思いましたが、
今日で懲りたので、早めに学校に送り込んで自分だけアシュラムに行くかもしれません。
【2008/06/27 14:14】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヴェーダ教室
昨日は久しぶりにヴェーダ教室がありました。
おばあちゃん先生は教室をしょっちゅうキャンセルするし、あってもしばらくやったあとに「今日はもう遅いから」とかいって途中からキャンセルしたりいろいろあったので、それがインドでものを習う時の一般的な教師の態度とはいえ、態度悪すぎ、ふざけるな!ぼけ!とか本気で思って、
今までも私は何回もぶちぎれていたのですが、
こないだは派手に切れて、教室における暗黙の了解の破壊者みたいになって、なんとなく全員を敵に回したみたいな感じになっていました。
しかしおばあちゃん先生に迎合する人たちはヴェーダも音楽もはっきり言って何年やってもだれもものになってないし、あほくさいので、かまうもんか、やめさせるならやめさせろ!敵で結構。すっきりするわいみたいな気分で、
教室に行くのをやめはしないけど、迎合もしない、という態度で通っていました。
どうも、私が通いだしたときから、ぶちぶちに切れるまでの一部始終を知ってる元ババの学生が間に入ってうまくとりなしてくれたような気がします。
どうも、ババの学生はここぞという時にほんとに素晴らしいです。

そんなんで、ヴェーダや音楽ができなかったら私も立場がないので、練習はちゃんとして行ってるので、昨日は、音楽クラスもその後あって、途中で停電になってテキストが見えなくなったのですが、
わたしとおばあちゃん先生だけが暗闇の中歌い続ける状況になりました。
さすがに、停電が復旧したあとにおばあちゃん先生はほかの二人のおばあちゃん先生の信者のようなおばちゃん2人に小言を言っていました。

昨日でいちおうルッドラムのチャマカムが終わりました。
といっても教室では一度教わるだけなので、ほとんどは自分の部屋でのCDを聞きながらの自主練になるのでこれから、最後まで唱えられるように練習するんですけど。

しかしルッドラムは多分ひとつの山なので、これからはもっと楽しいかもしれません。






【2008/06/26 14:36】 | ヴェーダ関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラーマーヤナ関係の
今開催中のラーマーヤナ関係の行事のためにババは大体毎朝8時半くらいに来るので、
今朝は早めに家を出て主名とアシュラムに行きました。

行った時点ですでに出てきそうで、女性側は通行止めだったので男性側のホールの外で少し待ちましたがなかなかみたいだったので、いったんキャンティーンに行ってごはんを取ってからまた男性側の外に行きました。

まだかなあ。。。とか思っていたら、うちらがきたのが遅かったのか、いつの間にかババは来てて、どのルートを通ってかステージのほうに行き、中央でしばらく座っていました。
今朝はあれは百八だか千八だかの御名が唱えられていて、通常のヴェーダチャンティングがなかったので、ババの登場をしらせる効果音がなかったのでした。

主名に「今日も学校でいっぱい勉強します」とかなんとかババに向かって言わせて、キャンティーンに行って朝食を食べ、少し遅くなったので主名の自転車ごとオートリキシャに乗せて学校に行きました。

主名は最近は学校でよくやってきています。
この3ヶ月間ほどまったく何もせずに遊びほうけていたのが良かったのでしょうか。

わたしはまたアシュラムに戻ってバジャンに参加しました。

ここしばらくプージャの後の水みたいなやつを配ってたので、今日は入れ物に入れて持ち帰って主名にも分けようかと思って、入れ物を持参したのですが今日はありませんでした。

明日も今朝と同じような御名を唱えるようなプログラムがあるので明日も水の配布はなくて、次は最終日の土曜日のみあるそうです。

アティルッドラマハヤグニャの時は最終日は爆発的に来場者数が増えましたが今回はどうでしょう。
今のところごく普通の人数です。

今回の行事は地味だなあ?普通やん。とか思っていましたが、穏やかでいいなあと思えてきました。
午前は主名の学校と、午後は主名の宿題で、プログラムにはあんまり参加できていないのですが。
人が比較的少ないというのがいいです。







【2008/06/26 14:10】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ラーマーヤナの
22日から1週間の予定でラーマーヤナ関係のプログラムが行われていますが今のところ意外に地味です。
アシュラムに滞在してる人たちもほとんどその存在を知らなかったくらいですから、人も今のところあんまり来てないし、プラサードも配られたとしても学生だけとかそんなかんじです。
マハシバラトリやダサラやアティルッドラマハヤグニャのときのように具合が悪くなったりおかしくなったりする人も見かけませんし。

張り紙によると午後4時に毎日15分チャンティングがあって、そのあとだれかがしゃべってます。
昨日は2時間くらいテルグ語で通訳なしだったのでさっぱりわかりません。
猛烈な勢いでじょろじょろじょろじょろとしゃべり続けてはいましたけれど。。。

初日の午前はプログラムはもともとなかったみたいなんですけど、みんなダルシャンのために11時半まで待って、ババが来ないからだらだら解散になっていました。
うちらも日曜だったし、主名と11時20分まで待ってしまいました。
日曜の午前がつぶれちゃったなーと思いつつ。

壇上にはラーマらしき仏像があって、そこらへんやホールの中もきれいに飾り付けられていて、ラーマ関係の絵もいくつか飾られていたりします。

プージャの後の水みたいなのがダルシャン後に配られるから、もらって飲んでいます。

土曜日が最終日で、午前も午後もあるみたいですけど、張り紙を見た感じでは午前のプログラムがメインっぽいです。

ババはプログラムのときに前に座ってるから、長いダルシャンがあるので、それは久しぶりな気がしました。
【2008/06/24 14:32】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヤグニャ??
21日からのヤグニャと聞いていたのは22日からのラーマーヤナのレクチャーだか何とかというはなしになりました。
いったいなんなんですかね。
ババの新しい象の名前もみんないまだにてんでばらばらに言ってたりするし。
【2008/06/20 00:39】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
おつかれ。
今日はなんか非常に疲れました。
朝はショッピングセンターに行って目当ては主名の靴だったんですけど、そのほかにも日用品を買いました。

昼は主名が帰ってくるので食事を作って、夕方は主名が他の子のところで遊ぶ約束をしてたのでケーキを持って遊びに連れて行きました。
そのこが遊びに来る可能性もあったので掃除をしたり。

夕方もしたくないけど芝生で子供と遊び。

今日は
子供のことばっかりしてたので軽く鬱になりました。
【2008/06/20 00:35】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヤグニャ?
21日から7日間のヤグニャがはじまるとか聞きましたが、アシュラムではそういう情報は何で告知されないのかなあとか思います。
今日もカレンダーによるとカビールジャヤンティとかだと書いていますけど、多分ほとんどの人は知らないし。
告知されてても私が知らないだけなんでしょうか?
サナザナサラチとか購読したらそういう情報も書いてるのでしょうか?
【2008/06/18 14:24】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
新空港
バンガロールの新空港がオープンしてるみたいで、空港使用料とか結構かかるみたいですね。
【2008/06/18 14:13】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
こないだの日曜日
こないだの日曜日はインドのどこかから来た人たちのダンスプログラムがありました。
ババは立ち上がったりもしていました。

プラサードはさくさく崩れる甘いお菓子でした。

主名と同年代の男の子がしばらくいたので、学校も休みだったし、できるだけ一緒に遊ばせてたのでダルシャンも、遊び疲れで部屋で寝てたりとかで行くのを休むことも多かったです。
こないだの日曜もダルシャン中は主名は熟睡でした。

しかし、その男の子も主名も最近軽く下痢や発熱があったので、なんかの細菌でも体内に入ったのかと思いました。

下痢も熱も夜が殆どで朝になれば回復してたので学校に行かせたときも休ませたときもありましたが、休ませたときにおとなしく寝ておかずに喜んで遊びだして10回くらい言ってもきかないので、頭にきて2時間大声で説教したら疲れ果てました。
私も主名も疲れてしばらくぐっすり寝て、昼に起きてなんか食べさせてその日は昼から学校に行かせました。

主名は出来ることが増えてきて、ほかの子と遊ぶのも楽しくできるようになってきたので、いろいろ楽しいみたいです。
絵もひまさえあればノートに電車とかいろんな種類の車とか描いています。

昨日の夕食もほかの子と一緒にノースで食べて、その後その子とその両親がうちによってくれたのでまた一緒に遊んでいました。
その子の親は子供に、ババの中にいろんな神様が全部入ってると教えてるみたいで、わたしは主名に説明するときには逆になんでも全部の中にババが入ってて、全部がババで、死んだら肉体がなくなるから中のババだけになるとかそういうふうな観点で話すので、その違いが面白いなあと思いました。

今日はまた別の子が来てくれることになってるので、最近主名は体調も乱れがちだったし、今日は特別に昼からは学校を休ませてご飯をそのことその親と食べてから遊ぶことになっています。

わたしは主名がまた学校に行きだしたので一人の時間が持てて嬉しいです。

【2008/06/18 14:08】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今朝
今朝、主名を学校に送っていって、9時半くらいにアシュラムに行きましたがまだバジャンが続いていたのでホールの中に入ったんですけど、しばらくしてアルティになったのでそれが終わってからホールの外に出ました。
ホールの男性側の外の通路を歩いていたらいまさらババが車で出てきました。
ホールの中はすでにがらがらでしたが残っていた人たちは前に詰め掛けてダルシャンを受けていました。

私はホールの外で見てたのですが、車が左折して、ホールの外に出る様子だったのでアシュラムの外に行こうと思って急ぎましたが、ガネーシャゲートはすでに閉められていました。
でもゲートの近くに行ったら、だれかがセバダルにババは他の出口に行ったからあけろとか言って、
信じたセバダルが少しゲートを開けてしまったので、私も外に出れて、道端でカーダルシャンを受けれました。

久しぶりに間近でババを見た気がしました。


【2008/06/18 13:45】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
新学期
今日から主名の学校は新学期で、主名は自転車で登校しました。
もう、コマなしは乗りこなせています。
ただ、ブレーキを握る握力が不足してるようで、常に足ブレーキですが、問題ないです。

学校で授業料を払うときに入学金も払うようにいわれました。
この学校にはすでに数ヶ月通ったのですが、どうせすぐやめるかもしれないと思って入学金の支払いは今まで後回しにしてくれていたようです。
今回はテキスト代も200ルピー払うように言われ、どんなテキストをもらうのかちょっと楽しみです。
今日はじめて来た子とか、やはり号泣していました。

ここしばらくかなり、死にそうに疲れることが多かったのですが、今日は久しぶりにすっきりしました。

ホワイトフィールドには2泊3日で行きました。
行きはローカルバスだったので90ルピーで、帰りはハイテックバスとかいうやつで主名の分の席も確保したので2人で250ルピーほどでした。
タクシーだと片道1200~1500ルピーはかかると思うので、すごく安くついたなあと思いましたが、
ホワイトフィールドではほかの日本人の奥さんとショッピングを楽しんだのでした。
ビッグバザールとかいうダイエーみたいな建物がオートでしばらくいったところにできてて、そこで主名の新学期の用意とか、プッタパルティではいいのがないような品物で、ずっと買おうと思ってたやつとか買いました。

プッタではチベッタンレストランもウエスタンキャンティーンももうあきました。

今回ホワイトフィールドでのだるしゃんを最初受けたとき、猛烈なむなしさに襲われたのですが、それはそれとして、プッタも最近は涼しくて過ごしやすいです。
【2008/06/14 01:22】 | 主名日記 | トラックバック(0) | コメント(1) |
baba,putta e
kesa,6;30kurai ni baba wa putta ni idou sareta youdesu.
putta toutyaku wa 1;00p.m~3;00p.m kurai tono kotodesu.

watasi tati wa 1;00p.m.no bus de idou simasu.
yu-gata niwa putta ni tuku yotei desu.
【2008/06/08 14:43】 | ホワイトフィールド | トラックバック(0) | コメント(0) |
ババ来る?
今日聞いた話によるとババは日曜日のアフターランチ、昼過ぎにホワイトフィールドを出発するとか何とか。
ほかの人にそれを言ったら、ババは午前にしか動かないよとかいわれましたが、
そういうわけで、明日の早朝に2泊3日の予定でホワイトフィールドに行ってみようかなと。
5時のバスに乗ろうかな、と。
わたしらは日曜にはどっちにしろプッタパルティに戻ってくる予定です。
【2008/06/06 01:22】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
歯医者
ババが戻ってくるとかいいながら、ババはいまだにホワイトフィールドです。
こうなるとあと2週間滞在するらしいとかいう説が流れ出し、結局だれも確実な情報を持たないいつものパターンのようです。

人の少ない今のうちにと思い、数日前にはショッピングセンターで買い物をし、今日は主名をジェネラルホスピタルの歯医者に連れて行きました。
3箇所治療してもらいました。
ジェネラルホスピタルの歯医者ではいつも小さなおもちゃとかくれるので、主名はいくのを楽しみにしています。

昨日は主名の自転車の補助輪をはずしました。
まだ4歳だし筋力が弱いので早いかなあ、と思いましたが、
補助輪の音でアシュラムの中で注意されたりするし、主名もはずすというので、ブレーキの修理ついでにはずしました。
スピードに乗ると、私が手を離しても結構こげてますけど、こぎ出しの足をペダルに乗せるまでがまだコツがつかめてないです。
今日はいっぺんこけました。

部屋の整理をしたりもしてて、なくなったと思ってた日本円が出てきたりしました。
これは、ホワイトフィールドに数日だけでもこいということか!?
などと思ったりもしましたけど、動くのはしんどいです。

今日は久しぶりに暑かったです。
【2008/06/05 01:03】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。