スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
世界のカルマ解消のプージャ・カンチプラム3日目
今日は3月2日までのプージャの3日目でした。

ようやく、しっかりホーマムした感が。

しかしこういうのに参加するのが始めての人にはなかなか濃い印象だったようです。

わたしはもう深海にいる深海魚状態なので、どのくらい水圧高いかとか濃いかとかさっぱりわかりませ~~~ん。

でも今日のホーマムはこじんまりしたスペースにお坊さんがぎゅうぎゅう詰めなかんじで座って行われてたので、濃縮感はあって、迫力ありました。



2012年2月22日のプージャの写真のアルバムはこちら↓

https://picasaweb.google.com/114722135044983918099/February222012#
スポンサーサイト

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/02/22 21:19】 | 世界のカルマ解消プージャ | トラックバック(0) | コメント(0) |
世界のカルマ解消プージャ2日目(シャンカラチャリアと、ラーマ御用達サハッスラリンガム)
P2210003_convert_20120221213344.jpg
P2210008_convert_20120221213452.jpg
P2210139_convert_20120221214526.jpg
P2210164_convert_20120221215027.jpg
P2210174_convert_20120221215114.jpg
P2210177_convert_20120221215752.jpg



写真の詳しい説明は別ブログにて。↓

http://blog.premasai-jyoti.shop-pro.jp/




21日のアルバムです↓

https://picasaweb.google.com/114722135044983918099/February212012#

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/02/22 01:46】 | 世界のカルマ解消プージャ | トラックバック(0) | コメント(0) |
世界のカルマ解消のためのプージャ
世界のアガスティアの葉をあけて、そこに書いてある世界のカルマの解消のためのプージャが今日から始まりました。

今日はガナパティプージャで、初日だし小さく始めたんですが、参加者はもうすでにお腹いっぱい状態になっていたのかも。

でも3月2日までプージャは続きます。

詳しくは別サイトにて。↓

http://blog.premasai-jyoti.shop-pro.jp/?eid=411096

P2200028_convert_20120220211651.jpg

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/02/21 03:06】 | アガスティアの葉 | トラックバック(0) | コメント(1) |
健全てこと。
最近、胸が痛いことやふさぐことも少なくなかったのですが、
今日、サマディーロードのショップに行ったらサドゥーみたいななりのおじいさんがいて、
オレンジの服着て頭に布巻いて。

ほかの店員と用事でしゃべって、ついでにそのおじいさんに挨拶したらニッコ~~~!とした笑顔が返ってきたので、

なんか胸の中に大きな花が咲いたような、胸が開いたような明るい気持ちになりました。

んで、少ししゃべってその場を去ったんですが、

なんか久しぶりに健全な笑顔にふれたような気がする。笑


オープンハートでいたらめためたのズタボロになることも多い世の中ですが、
オープンハートでいてもお互いを傷つけないでいれる強さと自己責任をわたしたちみんな持てたらいいなと思います。


健全て、とっても大事!

と、思いました。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/02/17 03:26】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ムンバイシュリニバーサンさんのとっておき
こないだチムボーマントラを唱えに行く前にお茶飲んでたらはなしかけてきたムンバイシュリ二バーサンとかいうおじさんの、メルマガに登録されたらしく、

あれから次々とメルマガが送られてくるんですが。笑

でもなかなか面白くはある。

記事を読んだあとに明らかに脳波が変わったなと自覚できるときもあります。


そして今日はこの人とババとの珠玉のビデオが送られてきた。笑

でもなんかいろいろババのダルシャンの雰囲気とか思い出すとこもあってかなり面白かったので載せときます。




KCM29さんがこの人はサイクルワントホールの天井の装飾をまかされてた人だという情報をくれましたが、
このビデオを見ると、ムンバイだけにムンバイのダルマクシェートラも携わってたようですね。

いまだに何者かよくわからないけど。

でもこういうビデオを作るということはすごく無邪気なんだということはわかった。


そういう無邪気さ、いいですね。



ちょっと笑ったのが、
ビデオの中でババにこの人が
「あなたのハートはじつにOKだ。行って、働きなさい」と言われてるとこがあって、
あ~やっぱ、この人って無邪気で純粋な人なんだーーーと思ったんですが、


後半で、
「スワミ、わたしは心臓に問題があります」
と彼がこのババの言葉の前にババに話しかけていたというネタばらしがちょっと笑った。


でもババの言葉はサンスクリット語のように時空を超えた意味を何重にも抱合してるだろうから、
きっと最初に感じた意味も含まれているのでしょう。


このビデオを見て、ババの姿がチラリと現れただけでその場が超空間に変容する、
あの圧倒的な感じをもう一度味わいたいなと思いました。


ババはババに関わるものすごいたくさんの人を有頂天にして、たくさんの魂の喜びを与えてきたんだなというのを改めて思いました。

今はサイババの物理的なダルシャンがなくなって外の世界に新しいことがなくなってみんなある意味、暇になったし、これからこういうビデオとか本とか、
みんなの心の中にサイババが残した遺産がどんどん形になって出てくるんでしょうね。

膨大なものが膨大な人の中に植えつけられてると思います。


そしてプッタパルティには、
生きてるときにサイババに直接会ったことがない人たちの波も今押し寄せつつあるみたいです。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/02/16 14:49】 | サイババ帰依者 | トラックバック(0) | コメント(0) |
世界のカルマ解消のためのプージャと、サイババ帰依者の動画など
世界のカルマ解消のためのプージャを計画していたのですが、無事にすべての日程が行われることになりました。

こちらのブログでのご報告は遅れてたのですが、今ご報告。

詳しくは別ブログ プレマサイジョ~ティ~ショップブログにて。


なので、18日にはプッタパルティを出て、19日にカンチプラム入りし、20日からのプージャに参加します。
最終日は3月2日で、
3月3日の夜行列車でクムバコーナムからプッタパルティに4日に戻ってくる予定です。

こういうプージャに関わったりも、つくづくカルマかな、と思うんですが、
どっちかというとラッキーなカルマに当たるんだろうか、、、、、、、?


しかし、人生疲れます。

あ、また言っちゃった。笑



最近は気温も徐々に上がってきてちょっとだるいです。


ここ数日で自分の感覚ではなにか世界も一線を越えた感があって、
いよいよもうそれぞれがなるようにしかならない感じがします。

今までもそうだったのかもしれないけど、
今まではそうじゃないような気がしていた。

いろんな最終決定を伸ばし伸ばしにしていて、その間に何かよい変化が起こるような気がしてましたが、
もうそういう猶予の時は終わりという感じです。

そういう臨界点に達してはじけようとしてるような、そんな感覚がしないでもない今日この頃。



Shinさんのブログで紹介されてた動画がすごくよかったので貼っときます。

これって、リンク集にリンクさせてもらってる穂積さんが日本語訳されてるんですね。






↓こちらは確かプレマサイの子供として来世生まれるとか聞いたような気がするヴェンカタラーマンさんがしゃべってます。

しんじさんのブログより。

MIRACLE OF PURE LOVE - I from RadioSai on Vimeo.




↓バジャンを歌いなさいね、それで充分だよ、って言ってるサイババ。
この髪の毛のふわふわ具合尋常じゃない。

DD - 25 AUGUST 2005 from RadioSai on Vimeo.

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/02/16 04:19】 | プージャ | トラックバック(0) | コメント(0) |
日本人グループの風
ああ、涼しい風。


今日は某A山さんのツアーで60名以上の日本人が来ました。


プッタのサリーやさんや、土産物屋の面々は色めきたって興奮していましたが、
残念ながらプッタには24時間くらいしか滞在しない模様。

ツアーの参加者で個人的な知り合いの人たちに、2月20日からの世界のカルマ解消プージャで使う日本のお水などを日本から持ち込んでもらったりしました。

日本の水をプージャに使って、その水が浄化されることで日本の水も浄化されるそうです。

今日は、島根と、山梨と、長野のお水をゲット。


ご協力ありがとうございます。


A山さんも世界のアガスティアの葉とか見てるらしく、たぶん同じような処方箋が出てきてるんだと思うのですが、
このあと、ティルパティのカーラハスティ(5大元素のうち「風」をあらわすお寺)とか、いくらしいです。


それぞれの人がそれぞれの場所で、最善を尽くしてるんだなあと思います。


しかし、瞑想の団体は透明感があっていいですね!


いっぱいいろんな性質の団体が今までプッタパルティに来てましたけど、
やっぱ、それぞれムードとか違うので興味深くもあり。


瞑想の団体、気功の団体、ヒーラーの団体、なんかカリスマ的リーダー率いる販売の仲間の団体。
などなど。

そしてサイオーガニゼーションの団体。

こんなかではやっぱサイオーガニゼーションの団体が強烈かな。笑

ほら、ほかの団体だったらだいたいグルやカリスマリーダーが率いてて、
参加者って言うのはそこに溶け合って透明感があるんですよね。
大体において静かで、全体として機能してて。

しかしサイセンターの団体は一人ひとりに魂はいっちゃってる感じで
一人ひとりがグル状態に近いような。

強烈ですよね。そうおもう。



でもグループでいっしょに動くのって楽しそう。



わたしそういうの好きだったような気がするんだけどな。



だいたいが大家族で育ってるし。
しかし会話のあんまりない変な家族だったけど。(テレパシー?群魂?)

一番良くしゃべったのは実は一軒家の中で別居してた(2世帯住居風に)おばあちゃんでした。

しゃべったといってもわたしは極端に無口だったから
いろいろ話しかけられたことに対して「うん」とか「しらん」とか言うくらいのもんだったんだけど。

それでも他の家族よりかは言葉を交わした回数が多いような。



20代になってから、一番上の弟と沖縄で一緒に働いたときに「変な家やったよな」と、回想しあった記憶があります。


うん、変な家だった。

わたしはだから?ふつうになりたいという思いがすごくあって、
よそみたいに自然にみんなと交わりたいとか思ってたような。


ああ、いい風。


だから自分の感じる「普通」というのを体現することに20歳くらいまでかなりエネルギーを注ぎました。


なんかこう、ふつうに会話して、普通にいい感じの服を着て、ふつうにちょっといいかんじに髪の毛いじったり化粧したり、そういうことにかなり注意深く適応してました。


結果、いいかんじだった。笑



ところが21歳のときに母の付き添いみたいな感じでインドに来たもんだから、もうわやくちゃ。



一気にそういうことが吹っ飛んでしまった。



まあ、人生いろいろですね。




今日、日本から来た知人に付き添ってサリーやさんに行って、知人はサリーのブラウスと、パンツを仕立ててもらおうとしてて、体の各サイズをはかるとき、なぜか私には紙とペンを渡されてサイズを書き留めさせられて働かされた。

そんで、「明日はもっとたくさんの日本人をつれてきてくれ!それでこそグレイトだ!!」

と、サリー屋の店員に言われた。

おれはインド人の若造かい。






なんか人生いろいろすぎて、何も感じなくなってきた。笑

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

【2012/02/13 06:12】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
人生って疲れるよね?
さっき知人と、「人生って疲れるよね?」とかいう話をしてたんですけど。笑


わたしも、たぶん彼女もちょー疲れてます。


なんかこう、魂の底から疲れてるかんじ?




生きてるだけで楽しくてしょうがないはずなのに、なんでかなあ?とか思う気持ちがあって、
まあ、楽しいと言えば楽しいけど疲れる。

欝っぽくはあんまりならないけど、疲れます心底。



でも、あるときふと、人生って完璧だと思えるときがくるんだろうし、
それまではやるべきことをしっかりやらなくちゃいけないなと思います。


私も彼女も、いつかあるときに、「もっとドラマチックな人生を」と望んで、それが叶えられてしまったのかもしれない。


わたし、人間ドラマを体験してみたいと思った自覚があるもの。

知人も、あまりにも人生が何もないから、退屈しないようなドラマチックな人生にしてくださいという感じであるとき祈ったらしいです。

祈っちゃったんだ~~~。笑


おそろしや。
願いはかなってしまうから、何も願わず与えられたものに満足してるのが無難かも。


でも願う心の動きもそれも与えられたものであるのだろうし、


ちがうかな。




しょーがないな、と思って寝ることにします。




ばば~~~~。




サイラム


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2012/02/12 02:21】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
サイババの圧倒的な輝きと栄光
しんじさんのブログの記事を読んで、

なんか、サイババの圧倒的な輝きと、全てであるかんじを思い出して感動したのでこちらにも転載させてもらおうかな。

ありがとうございます。




神の指針 2012-02-10 04:21:57

テーマ:メッセージ(Sis. S.デーワン受記)


私はこのメッセージを、今日の早朝、バガヴァン シュリ サティヤ サイババから、私が眠っている間に受け取りました。

私は夢の中のダルシャンで、人々が、スワミが肉体をお脱ぎになったことを嘆き、悼んでいるのを見ました。

するとそこに、スワミがお見えになりました。

スワミは王様のように黄金のローブをお召しになっていました。

スワミは、百万もの光のように輝いていらっしゃいました。

そして、次のような言葉をお話しになりました。




それは私という存在の、あらゆる神経の中に響き渡りました。

私は目を覚まし、ペンを取って、私たちの愛するバガヴァンがお話しになった、真珠のような英知を書留ました。

どうか、他の人々とも分かち合って下さい。


サイラム。






神の指針



シーマ M.デーワン受記




どこであれ、あなたがいる所にサイはいます。

というのも、私はあなたの真我そのものだからです。

あなたが私を思い出した瞬間、あなたの恐れは消え去ります。

私を無限に愛しようとするあなたの決意を破るものは、この世に存在しません。

私はあなたに、愛の仕事をするために、私の百万もの手を授けました。

善良な人格という鎧を身につけて、あなた自身を守りなさい。

あなたの一つひとつの思いを私に捧げなさい。


その時サイは、その報いとして、純粋な知識の炎と光輝きを備えた知性を授けましょう。

微笑みと共に、あなた自身を私の両手の上に置きなさい。

決して「どうして?」と尋ねないようにしなさい。

そうすれば私は、最もよいタイミングで、あなたが尋ねなかった疑問に答えましょう。


サイは、あなたの一瞬一瞬にいます。

あなたのすべてが私のものになったとき、あなたは私を見るでしょう。


私のやり方を知ろうとしてはなりません。

サイは心を越えています。

あらゆる知性を越えています。

私に対するあなたの愛を信じる時に、あなたは私を見ることでしょう。


あなたは私を探し求めたり、失ったりすることはできません。

私はあなたの意識の源であり、あなたの自覚の源であるからです。

あなたは、「恐れ」を恐れる必要はありません。

あなたに対するサイの愛を思い出しなさい。

そうすれば、真理の力が戻って来るでしょう。

あなたは私を恐れる必要はありません。

私は愛に縛られます。

そして、私の愛を体験する人々自身が、愛の道具となり、愛の溢れる存在となります。

サイは常に至福に満ちています。

あなたが私の真理に献身的に帰依するとき、その至福の流れがあなたに流れ込みます。

私はかつてここに居ました。

私は今ここに居ます。


私は、時の終わりに至るまで、またそれを越えた先までも、ここに居続けることでしょう。

というのも、私にとっては、来ることも行くことも存在しないからです。

いつであれ私は、すべての人の手の届くところにいます。

私の命は愛のメッセージです。

そしてあなたの命は、私の愛を信じ私の愛を生きることのメッセージです。

嘆き悲しんではなりません。

決して動揺したり、落胆したりしてはなりません。

サイの恩寵はあなたと共にあります。

私は、私の命に献身的に帰依する人々の傍にいます。

私があなたを愛するという約束は、

あなたの肉体が生まれる前からの約束であり、

あなたの肉体の死を越えた先まで続く約束です。


あなたの帰依献身の旅を続けなさい。

あなたの霊性修行を続けなさい。

あなたが自分の真我を信じるとき、私は喜びます。

あなたのすべての困難は私のものです。

いかなるときも、正しいことを行いなさい。

けっしてそれから離れてはなりません。


後のことはサイに委ねなさい。

幸せでいなさい。

あなたが幸せでいる時、サイは幸せです。

私はあなたを、今この瞬間に祝福し、

善良さと、優しさと、単純さと、信仰と、愛と、忍耐を授けます。


テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/02/11 17:10】 | 他ブログ紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「日本人みんなにしらせなさ~~~い!!」、、、、、また~っ!?爆
こないだ、知人の家を提供してもらって、お地蔵さんマントラを唱えました。

チムボーチムボーチムチムボー♪ のやつ。


ちょうどその前くらいにもっのすごくやばい感じがしてたので、(房総半島&首都圏水没?みたいな)

地震予知の犬猫のように落ち着かずおろおろしていたのですが、

ちょうどチムボーチムボーマントラを5日に唱える予定にしてたので、よかったです。


華僑の?おばちゃんに、みんなを集めて唱えろとかいわれて、
普段だったら面倒だから聞き流すんですが、
このときはチベッタンマントラの練習にやたらめったら感動した落涙しまくりの後だったので、
これは義務だなと思ってやることにしました。

おばちゃんはそのとき来てたロシア人の女性たちにも
「あなたたちもやりなさい」
とかいってて、
ロシア人も感動的な感じで「もちろんよ~~~」と言ってたし、
「やるの?」と聞いたら「やる」というので、

3日か4日にどこでどう集まるか相談しようと話しかけたら忙しくて時間ないし無理と言われてしまった。

まあじっさい忙しい彼女だけど、
やらないってわかってても「もちろんやるわ~!」とかいうんだなと、皮肉でなく不思議に思った。


と言うかその時は何も考えずにその場のノリで反応してたのかな?



で、結局わたしと、日本人の知人と、あと、元だんなも誘っていきました。
2人より3人でやるほうが何かいいような気がしたので。

そんで、サイガヤトリーとガヤトリーマントラと、グリーンターラーマントラを唱えたあとに
チムボーチムボーを始めました。(けっこう長いマントラ)

54回でいったん休憩して、また54回唱えて、
2時間で108回唱えました。3人とも。

唱えてて、本当にこういうことは私に向いてるし、いるべき場所にいるべきときにいて、やるべきことをやっていると言う100パーセント腑に落ちた完璧感みたいなのを感じつつ唱えていました。

もとだんなは最初の54回は意外にまじめに唱えていたけれど、

次の54回の時にはだんだん夢の世界にシフトしていっているのが感じられました。(座って寝てた)

なので時々つついたけどあまり意味なし。


もとだんは、このようにけっこうあっちの世界に行って唱えてなかったけど、代わりにと言っちゃあなんだけど、
知人の娘が一緒にしばらく一生懸命まねして唱えていました。

だから数のカウントはもとだんと知人の娘のをあわしてちょうど一人分になったかも。




そして夜は知人と私の2人で1時間で54回唱えました。


知人のだんなさんがキャンティーンからご飯を持って帰ってきてくれてたのでみんなで食べました。



マントラ後は不安感がほとんどなくなりました。

と言うことはその分世界もちょびっと変わったのかも?



5日にはシンガポールで人々が集まってこのマントラが10時間?唱えられたそうです。

私たちも遠くからそれに参加したと言うわけ。



参加してよかった。

唱えた回数は私がメールでシンガポールのそのグループに報告し、
それがまたUSAのチベット人の高僧に名前とともに報告されるらしいです。

中国人のおばちゃんいわく、
よいカルマが(天の?)銀行に預金されるんだとのこと。
さすが富豪華僑。

桁違いの?富豪っぽいと思ってはいたけど、
ある雑誌で雑誌全部がサイババ特集されてて、そこにおばちゃんのさわやかすぎる息子が寄稿してて、
その息子のことは「成功したビジネスピープルの息子」と紹介されてあったのを先日発見。
富豪、まちがいない。笑


なんにしろ、マントラをみんなで唱えて楽しかった。
これは自分にはすごくはまってると思った。
永遠とつながった瞬間でした。



みんなが唱えた回数を華僑の一人に報告したらさわやか息子(17歳)がフェイスブックで返事をくれた。

ふふ。若返った気分。笑

「Sai Ram Sister Sawako - I have already included your Ksitigarbha chant count into the total chant count. May Japan, through your virtuous deed, be free from all sorts of natural calamities, and may all the Japanese people who have been affected by previous natural disasters recover immediately without any obscurations! Jai Sai Ram! <3 BuddhaSai」





そういえばその日、サマディーダルシャンに出て、知人の家に唱えに行く前にベーカリーの前でチャイを飲んでたら、
インド人のおじさんに話しかけられて、

私が日本人とわかると彼は狂ったように熱弁をふるいだした。


何でも、サイババが深刻な容態だったときに
彼のビジョンにサイババが現れたそうで、ババは、

日本の震災で原発が爆発しようとしたけど、そのショックを全部自分に引き受けた、なぜならそれは原爆1000個分の威力があって、
それが爆発したら世界は終わりだったから、みたいな事を言ったといっていたかな?

だからそのショックをあえて受けて、ババは持ちこたえられなくなった肉体からは離れたと。

そんなようなことを彼に瞑想の中でいっていたそうです。



で、そういう情報を日本人みんなに知らせなさ~い!

とかいうんで、いいですよ、と言ったので下にはっとこう。

時間の取れる人は日本語訳してください。



知人に「そのインド人のおじさんに『日本人みんなに知らせなさい』とか言われた。」といったら

「また~~~っ!!!???」
と、ウケていた。


わたしって、そんなにしゃべくりそうな顔をしてるのか?そうかもしれないけど。


とにかくそのおじさん(Mumbai Srinivasan)が伝えたかったことはこれ↓







MERCY OF BHAGAVAN TO PROTECT THIS MOTHER EARTH:

Sai Ram.
Please allow me to share the following information with you all. By the Grace of Bhagavan Baba I had been fortunate enough to get initiated in Kundalini Sidha Yoga, and Bhagavan has been in constant touch in guiding me in my Dhyan marg. Swami had blessed me with various Divine Experiences and also Divine visions during meditation
A couple of days after Hospitalization in a very serious condition, Bhagavan was kind enough to give me a vision, and revealed an import message on His physical condition. I am giving below some of the points which, Bhagavan revealed during that Divine vision.

The Negative & Positive vibrations:
These vibrations are, in fact, being created by the human beings by their thought, words & actions. Swami uses the word, “Thrikarana” . By developing the demonic qualities , the negative vibrations are being created. The only way to erase these negative vibration is by creating positive vibrations, by inducing people to imbibe Divine qualities. The Divine qualities, the Sathwik vibrations are more powerful than the demonic qualities.

The Negative vibrations were developed in our Puranic period, by the Rakshasas, and when this crosses certain limits, the God assumed the responsibility of neutralizing it, by appropriate methods. The Lord used to come down as Avatar to reestablish the Dharma.

The Burden on Bhoomatha (The Mother Earth)
The Rakshasa Guna (the Demonic quality) in this Kali Age had seen many fold increase. The greed, selfishness, and the activities in annihilation of humanity are all having severe negative effects in the world. The first casualty is the very “mother Earth”. The over exploitation of the natural resources is causing immense damage to Mother Earth. Presently the womb of Mother Earth is in great turmoil causing dislocation of natural resources within. Swami uses the word “Bhoo Garbham”!!!

Swami is very much concerned about the consequences, such as the possibilities of recurring Major Earth quakes all around the globe. Heavy and fearful re-adjustments of the resources including the natural gases, rocks, minerals etc. are happening in a big way. The example of such development is the recent Earth Quake in Japan, which was a very serious matter. Swami says , that He has to intervene in limiting the possibilities of mass destruction around globe. Swami had another concern on the possibilities of heavy leakage of Nuclear Radiation spreading over the world. The explosion of each of the Nuclear energy Reactors, could have caused destructions equivalent to hundreds of Nuclear Bombs. The explosion in 4 reactors could have caused destruction all over the world. It is feared that much more Earth quakes may happen in several places.

Bhagavan then declared:

“It is under these frightening moments of the humanity, that the Lord decided to interfere in restoring safety and confidence in the humanity at large. Bhagavan had to take over the severe impact of the situation, risking His own Physical conditions. It is also important to minimize the impact of possible further earth quakes elsewhere. You should understand that it was the Lord’s intervention that the effects of Nuclear leakage had been contained. Here, you should know that the Divine Power can protect humanity better than the skills and knowledge of the scientists and Engineers.”

The power of Prayers:

Swami continued:
“I mentioned about the cause and effect of Positive and Negative vibrations. The prayers, Yagnas, the attitude of seva and other noble activities create the positive Energies across the globe, which can nullify the negative energies. I am aware that all devotees across the world are engaged in deep and sincere prayers, and the severe bad effects of negative energies are being , slowly and steadily, wiped off or neutralized. When the negative energies are ultimately won over by the Sathwik and prayerful activities, Swami will be relieved off the pains He is presently undergoing. The good effects of positive energies had already started working .

I am very happy that the whole world is in prayerful mood, which had never been witnessed so far. The whole of humanity especially the sai devotees are playing their part , engaging themselves in a great task.
My Blessings to one and all !”


With Love & Regards,
"Mumbai" Srinivasan



だれか日本語訳もとむ。

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/02/11 04:02】 | マントラ | トラックバック(0) | コメント(3) |
なんだかあわあわしてました。&マントラ話
ここ最近、このブログを書く時間も寝る時間もうまく取れなくて、
昨日はついに前後不覚な感じでいつの間にか寝てました。

最近の朝の日課にしてる、行く時間がどんどん遅くなってきてるキャンティーンセバを、しばらく休もうかと思ったんですが、
自分の中で聞いてみたら行くようにとのことだったので今朝も行きました。
今日はトマトをちっちゃく、ひたすら切っていた。
きっと、こういうもくもくと無個性な感じで働く存在形態って人間の心の安寧には必要なのかも。

最近、朝のヴェーダチャンティングでの知らないヴェーダもテキストの中に発見していってて、「あ、これか!」と、どれがどれか認識していってるので、ますます、新しいの習いたいなと思うんですが、
来世かな。笑

ナヴァグラハスークタムとか、けっこう簡単そうで、朝ヴェーダのときにもわりとよく唱えられてるから唱えられるようになりたい。

今朝の朝ヴェーダは、プルシャスークタムの後に唱えられたやつはいきなりわからなかったので、30秒後には熟睡してました。

途中も起きることなく、バジャンの後半まで熟睡していた。

最近は、サマディーダルシャンのときに手紙を書こうという盛り上がりも起こらず、毎日バラエティに富んだ祈りの言葉が自分の中から出てくることもないので、
なにも心の中で言う必要もないのかもしれないけど、
せかっくなので「サマスタローカー~~~~」のやつだけ唱えてます。


2月2日からウエスタンキャンティーンもサウスインディアンキャンティーンのようにクーポン制が導入されました。

なんか、唐突感がいなめず、初日はクーポンを売るほうも買うほうも大混乱で、さいあくだ~~~~~と思ったのですが、
その日の夜にはもう、いちおうちゃんとまわってました。

今日の昼には、ウエスタンキャンティーンのクーポン制に反対しようという署名を集めて回ってる西洋人もいました。

わたしも反対するかどうか聞かれたけど、「イッツ オーケー」と答えました。
そしたら「オーケー、あ、そう」みたいなかんじでその署名を集めて回ってる人は次の人のところに行きました。

たしかに、ウエスタンの食事はサウスと違って値段もさまざまだからいろんな値段のクーポン持ってないといけなくて面倒は面倒。
わたしらみたいにずっと滞在してたらまとめ買いしてたらそれほど面倒でもないけど、
短期滞在で1回だけ食べる人とかは面倒と思う。

でもなんか、「イッツオーケー」とか反射的に言っちゃった。笑

クーポン制になり、値段もどんどん上がってるとはいえ、ウエスタンキャンティーンのご飯があって助かる。


2日にはサウスインディアンキャンティーンのご飯の値段も上がりました。

チャパティとカレーのセットで2ルピー(今のレートでは3,5円くらい)、ミルクティー1杯2ルピー、おやつも2ルピー、定食6ルピーなど、
その安さは常に感動だったサウスのご飯ですが、2ルピーのは4ルピーに、定食は10ルピーになりました。

ババが生きてたときも値上げしたかったみたいなんですが、
だって、絶対もと取れてないし。
でも、ババが「値上げするくらいならキャンティーンを閉めなさい」みたいなことを言って
値上げを許さなかったらしい。

で、ババの死後、満を期して(?)とうとう値上げ。
それでも安いんですけど、なんか残念な気がしないでもないです。
サウスインディアンキャンティーンはアシュラムの良心みたいな気がしてたから。

サウスのスタッフの人たちも心なしかさえない表情でした。(すぐに元に戻ると思うけど)


勝手な意見だけど、サウスはいくら赤字でも値上げして欲しくなかったなー。
寄付金の寄付先の項目に「サウスインディアンキャンティーンへの資金補助」の項目作ってでもいいから。
こじきの人らもよく食べにきてるし。




ところで、別ブログで企画してた世界のカルマ解消のためのプージャが、全日程実行できることが決定しました。
いろんな形で応援してくださってる皆さん、ありがとうございます。

なんか、あたりまえのように実行できるようになったかのようだけど、当たり前であると同時に、当たり前ではないので厳粛な気持ちで望みたいと思います。



昨日から今日にかけて猛烈な不安感が胸に入っていました。
去年の大晦日のときにも同じような感じになって、
何かわからなかったんだけど、
元旦に地震があったので、ああ、これか?と思ってなんでかわかって安心したんだけど。笑

最近はそういう感じになる人も多いんじゃないかなと私の周囲の人を見てても思います。

みんなつながってるから、意識してるしてないの違いはあっても、みんな受け取ってて影響を受けているはず。

私はインドにいるし、そういう、何かあっても直接の被害はあまりなさそうな人のほうが逆に安心して感じて充分不安になれるんじゃないかなと思ったりすることもあります。

ほんとうにやばかったら感覚を麻痺させてしまうのかもと思うこともある。


今日とかちょっといても立ってもいられない感じになって、
ガヤトリーマントラをしばらく唱えてたらマシになりました。

そんで、近日中の予定でいくつか日本に対するプージャを頼んだりしました。


不安になる人はそれを解消する義務もあるかもしれないし、それが出来るからそういう不安感とかが与えられるという面もあるのかもしれないなと思いました。


プージャを頼むとお金がかかるけど、マントラを自分で唱えるんだったらタダだし。

ババは世界の状況をよくするにはマントラを唱え続けなさいといってたそうで、
マントラのバイブレーションは地球を包んで支えてるんだろうなと思います。


明日の5日は少なくとも1~2時間、ほかの人と一緒にこないだ習った「チムボーチムボー」のお地蔵さんのマントラを唱えようと思います。
(クシティガルバボーディサットヴァのマントラ)

明日はシンガポールでも人々がこのマントラを1日中唱えるらしいです。

これは災害予防にすごくいいそうです。


日本にはお地蔵さんが無数にあるし、
サイセンターでもこのマントラを毎回バジャンのときとかに唱えるようになったりはしないものだろうか。
そしたらインド色1色のサイセンターもなんかバラエティ豊かな感じになって、日本のなじみのお地蔵さんもくわわって、い~かんじ、と思いました。


そういえば、こないだ東京センターでみんなで習った何スークタムだっけ、プラータラグニム プラータランドリグムハワーマヘーのやつ、あれもこないだ朝ヴェーダで唱えられてたので、
あ、なんか久しぶり、と思って唱えました。

これも災害予防にいいという話でしたが、
わりと簡単なヴェーダだし、全センターグループで毎バジャン前に唱えられたらいいのにな。


まだ胸騒ぎは完全に収まったわけじゃないけど、
自分の中ではこなれてきました。

何かが起こってしまえば逆にすっきりしないこともないと思うんですが、
その前というのが気持ちが悪いものがあるような。


そういう不安感が来たときは逆にマントラの唱え時。


東京センターはこないだ行った時に毎日朝晩とかルッドラムとなえてましたけど、
あれ、参加人数は多くなかったけど、東京に対してどんだけすごい働きしてるんだろうとか思いました。

みんな仕事を持ったりしてて、毎日は大変と思いますが、
ありがとうございますといいたいです。


1月29日からだったか、サイセンターでサイガヤトリーのチャンティングのプロジェクト?が始まってますね。
私もSSOJに知らせてないけど29日から毎日108回唱えてます。

続けられるかどうかあまり自信がないので、ノルマに追われるみたいになるとつらいので、とりあえずSSOJに知らせずに勝手に始めてみた。笑

1ヶ月くらい続けられたら報告して数に加えてもらおうかな。

座って唱える時間をとるのが難しいので、
朝部屋を出る前にババの写真に向かって18回唱えて、後は出かけた後に歩きながらとか、サマディーダルシャンのときにみんなで唱えるときに唱えるのを数に加えたりして、
こまぎれなのをつぎはぎしてなんとか合計108回にしてます。

座って高速で唱えたら108回でも10分くらいで唱えれるんだけど笑

できたらゆったりと心から唱えたいので。



SSOJでも話が出ないこともなかったらしいのですが、今年、アティルッドラマハヤグニャの超空間が日本に出現すればいいなーと思って、
開催するのによさそうな場所とかちょっと見てました。

以外に普通にさらっとできそうな気もしないでもないです。


初めての出産のときなんかはうまく産める気がぜんぜんしなかったし、イメージがまるで出来なかったけど、
それに比べればなんか意外に簡単に問題なくできそうな気がする。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/02/04 23:04】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。