スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
03/30のツイートまとめ
furunosawako

ブログを更新しました。 『獨鈷山 鏑射寺(とっこさん かぶらいじ)の中村 公隆(なかむら こうりゅう)和尚さんの法話』 http://t.co/x3Jsv96GWQ
03-30 15:18

スポンサーサイト
【2013/03/31 03:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/28のツイートまとめ
furunosawako

ブログを更新しました。 『知人の透視カウンセラー風至さんのHPが聖なるホーリーの今日4月27日にオープンしたみたいですね!』 http://t.co/3nKkp0yUVd
03-28 03:09

【2013/03/29 03:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/27のツイートまとめ
furunosawako

満月の日の変容①(子連れインドサイババおっかけブログより)http://t.co/rjxm5M8xAH
03-27 11:52

【2013/03/28 03:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
満月の日の変容②
昨日はそんなわけでいろいろ展開があったり、意識して展開させたりしました。

数日前に実家に電話して、春休みに子供もくる気になってたし、インドに呼ぼうと思ってたのだけどいろんな面で力及ばず申し訳ないと詫びを入れようと思ったんですが、

「そんなに無理しなくても」と言われた。

いろいろ大人な態度を身につけていってるのはいいのかわるいのか。

日本での生活に入り込んでいくにつれて、プッタパルティにどんどん引力を感じなくなってきているということでもあると思うんだけど。


やはり一度インドを離れてしまうともう二度と戻れないものがあるなあと思います。

ビギナーズラックみたいなものってあるから、

わけのわからない状態でいろいろやってみると分けのわからんままうまくいってるというやつ。


出来ればそういう状態を保ってやりたかったんだけど、

いったんインドを離れて日本で自我を確立しつつある状態ではもう同じような感じではインドに戻ることは不可能だと思います。



まだ、もとだんなが協力して子供を呼び戻すとかいうことであれば状況も違ったかもしれないけど、そうはならなかったので、

また、もしそうなら2番目の子供の助けも入っていて状況が底上げされる予定であったと思うんですけど、そうもならなかった。

(2番目の子供については結婚するずいぶん前から自分でも感じていたし、夢でもババと何度かそれについて話していた)

主名については、彼が生活拠点をまたインドに戻したいと思うことがあれば可能かもしれないけど
そうじゃないともう無理だなと思います。

でもそう思える可能性を残すために英語を継続して勉強させておいて欲しいんだけどそれも出来ていない状態。

インドにいる人はけっこう主名が去ったことを残念に思う人も多く、

先日もサイスクール関係の教師の誰かがいまだに主名のことがやたらいつも脳裏にちらついてくるということで、インドに戻ってくることを前提に、よその地域の評判のいい学校の校長に、入学の話をつけてくれたらしいです。

もう、日本の学校に通っているからと断りましたが、ありがたかった。

いまだに、子供の姿がないと、子供はサイスクールに入ったのかと嬉しそうに無邪気に聞いてくるインド人が多いです。

この子はサイババの学校に入るだろうと無邪気に思い込んでいた人が多かったので。
また、実際、そういう風にいろんな人に言われもしたし。



いや、外人は取らないと校長に言われたと何度もその都度説明するのですが。(強力なコネなどあれば別)


血の感覚は、やっぱりインドはとくに強いなーと思います。




そういう血の濃い学校によそものとして入れなかったならそれはそれでいいと思うんだけど、

ババの直接の指示で入ってもコネなしの一般人的な外人の子供へのいじめや風当たりはものすごく強いみたいだったし。

まあそれはそういう性質の集団として自然なことだったんだと思いますが。

純潔を守ろうとするゆえに排他性もすごいみたいな。

そこらへんは団体となるとサイババ本人とはどうしてもズレが生じるのも自然なことだと思います。




なので、一般外人の私の子供はそこに属させるには親の徳足りず、一般のお金さえ出せば誰でも入れる学校でとりあえず落ち着いて、


わたしも、ようやく子供の英語とヒンディーの習得が乗ってきて、同時に日本語補習校にも楽しく通わせだした矢先で、今までいろいろ大変だったけど、ようやく生活が落ち着きそうだと思い、可能性がいっぱい見えてきて楽しみになってきた状態で突然切れてしまったので残念ではあった。

そして復活させる気力も私が持てなかったし。

日本においてきたときは私も子供も3ヵ月後にはインドに一緒に戻れると思っていたのだけれど。



まあ、そういうパターンというのもあるけど。
なんかこう、すべてが満たされてこのままずっといけそう、と思うや否や思わぬ転機が訪れるような。


こうなる運命だったんだよという運命論者もたくさん世の中にはいて、

私も昔はそういう考えのときもあったと思うけど、

すべては最善だ、という。



確かにそうなんだけど、

私はたくさんの最善の道があって、どれも最終的には同じとこにたどり着くという意味ではどれも最善。

でも、最善はひとつだけではないとも思うんですよね。



今回の一連の出来事は私の好みのパターンの最善ではなかったのでざんねーん。


全部自分が引き起こしているというのもそうなんだけど、

たぶん、私個人のことではないというのはよく感じます。

どういうことかというと、

私の好みの最善のルートがあって、そこをいくならおとぎ話のように何もかもつじつまが合って最高に楽しいルートというのが、私は好みなので、その路線で行くんですけど、

そういうのを好む人ばかりじゃないということ。


苦しみたいややこしい人がたっくさんまだまだいるので、

他の人たちとの交流の中でそういう最高にラクチンルートはスポイルされて亡きものにされてしまう。

つまり、人間の集合意識はそんなのまだ許しませんよ、という態度なので。



なので、物事はプッタパルティバイブレーションの中で進めるのがそのおとぎ話性が一番守られるのですが、

そうならず、

分離的な思考で何もかもバラバラになってしまった。


そしてプッタパルティバイブレーションはホントは今最も必要とされているすべてを超える力でもあると思うのだけど、

おとぎ話の夢物語として現実味を奪われてしまうのですよね。

もしくはネガティブなイメージを付与されて不当に見下げられてしまうか。


それでも主名は人生の大半をプッタパルティで過ごしたから、まだそのリアリティを自分のリアリティとして想起できるキャパシティがあるので、
なるべくひんぱんにつれてきてやりたいとは思うのだけれど。


でないと私とのつながりも切れるか、もしくは私が子供のより分離したリアリティに引っ張られて混乱して、それもよくないので。



電話してたら頼みがあるというので何かと聞くと、

お菓子を送って欲しいとのこと。



わたしの母に言われていってるのかと思って聞いたら違うということで、実家にあんまりお菓子がないからと。


「できたら、でいいんだけど」と何べんも言うので、

「できるよ」と答え、


よしきた、とばかりに早速数日前にアシュラムのショッピングセンターに行って大量に買い込みました。

少し手をかけて作るタイプのお菓子の元や、インドの軽食の素材なんかも一緒に。


お菓子とかを選んでるうちに、
そうか、主名は頑迷にべジを日本でも貫いてるから、お菓子もあまり食べるものがないんだなと気がつきました。

今までそのことにはあまり気がつかなかった。


春休みで友達も遊びに来るだろうし、山のように買ってパッキングしました。

春休み中に届けばいいけど。


インドのインスタントラーメンも子供は大好物なんだけど、明らかに添加物やまもりでもあるのでそれは今回は入れなかった。

多少体に悪いのには目をつぶって、いろんな味のポテトチップとか、チョコのついたビスケットとか、

スナック類を大量買いしました。

そういうの、日本ではもれなくなにか動物性のものが入ってるから、食べられないんですよね。

インドでもそんなに食べさせてはいなかったんだけど。


こっちではココナツとかフレッシュジュースとかそういうのがどこでもすぐにあるから。



春休みに子供をこっちに呼ぼうと思ってて力及ばず出来なくて、

日本で行き詰って頼ってきた元だんなもプッタで暮らしてしばらくして元気になると、インドや~めた、とまた日本に戻り、その後はエネルギーを私と子供には漏らさないように決めたらしく、すでに扉を閉めて音信不通を決め込んでるし。

それでここしばらく少し自分の情緒も不安定気味だったんですが、

お菓子を所望してくれて少しは気が晴れた。



私と関わると自動的に変容させられることになるから、あわてて逃げる人も多いんですよね多分。


慣れ親しんだとこの方が多少不自由でも安心できるから。


わたしもそういう自分の性質がむやみに作用しないように、なるべく人とは距離を置くように心がけてはいるのですが。


もしくは喜んで変容する準備の出来てる人だけと接するとか。?


たいがいみんな、一歩足を踏み入れてはみるものの、その先へはついて来れないかな。



といっても、わたしは薄らぼんやり気楽に普通に暮らしてるだけなんだけど。

そうなるまでにきっといろんなものを手放させられることになっているのかも。



昨日はそのようにお菓子をパッキングして、さらに木箱に入れて送ろうと思って、木箱の注文をしました。

あと、歌もまた習い初めてみた。


今度行ってみたとこの先生は歌は上手。

ヒンドゥスターニスタイルらしい。

私が今まで習ってたのはカルナータカミュージックなので、ちょっと違うそうです。

その先生いわく、カルナータカミュージックはリズムを刻むことにすごく集中してていっつもがんがんリズムを刻んでるから彼女はあんまり好きじゃないらしい。

ヒンドゥスターニだと、そんなにがんがんリズムをきざまずに、もっと情緒深く流れるような歌い方だそうです。

なので、その先生はヒンドゥスターニが好きらしい。

ま、私からしたらどっちも似たようなもんだけど。



その先生は少し狂気はいってる感じでデービームードがちょっと漂ってました。

だいじょーぶかこの人!?

と思ったんだけど、まあ、適度に距離を置いていいとこだけ吸収できるようにちょっとやってみます。


がんがん締めてこようとするので、

「わたしはシリアスじゃないし、練習も自分がしたいときにしかしないし、ここへは単に歌ってエンジョイするために来てる」というのを何回も繰り返して伝えました。

インド人の先生の常として、まず生徒の自我を殺すということを本能的にやろうとするので。

ほんとに最高の先生なら自我を殺されても益になるかもしれないけど、

そうでもないから相手の自我に自分を明け渡すことはしない。


インドにいると人と関わるたびにそれの繰り返しなので、下手に相手に合わせないことを、それこそ罪悪感なしに出来るようになった。



先生は「わかってる、わかってる」といいつつも、締め付けるのをやめられない。笑

きっと、そういう風に育てられてきたんだろうなーと思いました。

頭ごなしに否定され続けて。


私がサリー着てるのを見て、自分はサリーを着られないとか言うので、

なんで?ババの学校で着るでしょう?と聞いたら(中高生くらいの4年間ババの学校に在籍してたらしい)
あれはセパレートタイプで、着るのがすごい簡単なんだ、ということでした。


なんか、相当脳にストレス抱えてる感じで、だいじょーぶかなーという感じの先生だったけど、
(一緒にいたら私の頭も痛くなってきた)
ま、ようすみてみます。

2歳から音楽やってるとか言うだけあって、音楽的なレベルはとりあえず満足できたので。



あと、新しいお手伝いさんも呼んでみて様子見てみようかと思ったんだけど、
なんかびびったらしくて、部屋まで来ずに途中で帰っちゃったらしい。。。


あと、さっき、植木を3つくらい植え替えた。


サルに丸ごと食べられたバナナの木を救済してサルの来ない部屋で育てようと思ってたんだけど、

植え替え中に目を話した隙にサルが来て、残った新芽も全部食べられてしまった。

この状態から復活できるかどうか、かなり厳しいと思うけど、まあこれも様子を見てみることにします。


他2つのバナナの木はすでに救済して、部屋で新しい葉っぱを出してます。
そっちは充分復活しそう。


さ、日本から持ってきたべジラーメンでも作って食べよう。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2013/03/27 18:53】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
満月の日の変容①
今日はインドは満月だったみたいですよね?

満月にしてはやさしい光だったけど。



月の影響もあるのか、いろいろ動きのあった日でもありました。



4月に予定していた大規模プージャ、なんか切迫感とか、私もどんどんなくなってるし、案内出すにしても見る人の多くは私の様子を通して知るわけだから、ニュートラルな状態にあることは私にはいいんだけどプージャ実行にはどう働くかなー。

今回は実行無理かもー?

と少し思わないこともなかったのですが、

ありがたいことに同じくニュートラルな感じの人が出資を決めてくれたので、ある程度のことは出来るめどがたちました。


2年ほど前からこういう大規模プージャを次々計画して実行してきて、


最初は死ぬ気といったら大げさかもしれないけど、

えいやっと気合でみんなを巻き込んでいたようなとこもあって、

実行できるとなると毎回みんなが驚いて、奇跡だ、とか言ってたんですが、


そんなんいう暇もないくらいさらにどんどん立て続けにやってって、


私ももうわけわからんというか、

個人のキャパは超えてたのか、どうにでもなれという感じででも一応私を通してお知らせするしかないので

お知らせしてたらほとんど今まで実行できて来てたのは思考の範疇を越えてる気がします。



もうなんかいろんな神経が擦り切れて、

プージャだけじゃなくて同時に自分個人の環境や人間関係も根底からグワングワン動きまくっていて喪失を重ねていたので。


そういうわけで今度の4月の大規模プージャには自分がコミットメントする感覚が相当薄くなってたんですが、やはりお知らせして、

そしてこういうある意味ニュートラル度が上がった状態のお知らせの放り出し方でも加わってくれる人たちがいるというのは、よかったなと思います。

もうあんまり必死になれるような神経が死んでるから。



でもとにかくなんらかのものが、少なくとも予定の半分以上のものが出来るめどがたったということはよかった。



やっぱりやるとやらないだとやったらなんでかいいのでね。



起こることが起こらなくなる、和らいだ形で起こる、というのはなんとも認識しにくいことなんだけど、

「なんだかんだいって、災害、おさえられてますよね」

という人もいるし、私も全体像がちゃんと見えてるわけじゃないのでなんともいえないのだけど、

もしかしたらプージャに関わる人がパラレルワールドでまだ何とかなってる地球にシフトしてるだけで

別の地球では別のことが起きてるのかもしれないけど。笑


まあ、プージャは軽い気持ちでやれるならやったらいいんじゃなーい?
と思います。


何よりお金がかかるというのがみんなが思うことなんだけど、


お金も実態ではないから、

そう思える人が軽いバイブレーションのお金を、もしくはお金のバイブレーションを昇華して軽くしたものでこのプージャは成り立ってるようにも思わないこともないです。



お金をお金としてほかのものより価値をおいてる人にとってはこんなプージャは無意味でけしからんみたいに否定することで身を守れてると感じてる人もいるでしょうよ。


お金、お金、お金、


お金に価値を置きすぎてそこに意識を縛り付けられてるのは多分そうすることで人々の意識を不自由に、弱くしてコントロールする方法として採択してる人たちの計画通り。


それって、規模が大きいことだからそのシステムの中で生きてる私たちはもうそのように生きるしかないじゃないという感じかもしれないんだけど、

個人のもつ力というのはそんなものやすやすと剥ぎ取れるものだから。

個人が、力を持つのではなくて

個人個人の中にある真理につながることで個人を通して放たれる無限の力というか。


それはどんな障害も抑圧もすべてティッシュペーパーのようにふ~~っと払いのけられる、最高のすべてを貫く黄金の光り輝く鋼の力。

すべての障害も抑圧もなにもかも、そのすべてを貫き、すべてに浸透している力を弱める試みであるだけで、
いつもその真実の力があってこその障害や抑圧やコントロールだから、

何がもともとの出発点か、何が主役かというのはおのずから決まってるから、勝負にならない。

その、なによりも強い真実の力はなによりもやさしくて、

あらゆるものをコントロールなしに内から導き、同時に包み込んでいる。


すべてに浸透しているこの輝きを私も含め、誰もが直接見ることが出来ますように。



だれもがやすやすと生きて、みんながお互いを大切にかけがえのないものとしてニュートラルに(笑)尊重できますように。



楽しいばかりの、縛りのない世界でいいじゃない、と思います。

それは逆説的なようだけど、お互いに完全に責任を持つことで生まれるのかもしれないですよね。


自分が世界に現れていることのすべてに責任があるということは、
一見おこがましいようでおせっかいなようだけど、

実は本当のことなんだと思います。



インド中のこじき全員を自分が養わないといけないとか言うことじゃなくて、


まさにそれらを自分の世界に含めているかどうかだと思います。


すべてが世界を構成する一部分だから、


何かを切り離して除外するとその分自分の葛藤は深まり分離がすすむ。


いろんなものを否定せずに自分の世界の中に含めていくとおのずと全体の中で適切な個人としての動き方も示されるんだと思います。


それはさまざまな形で表現されるでしょうし、


その中のひとつにこういうプージャを行う活動もはいってるみたいだから、

動くときは個人として動くけど、それも全体の中での動きだということで安心してニュートラルでいようと思います。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

【2013/03/27 04:47】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/26のツイートまとめ
furunosawako

4月の南インド、パラーニ他での日本と世界と私たちのための大規模プージャへのお申し込みの様子です。(プレマサイジョ~ティ~ショップブログより)http://t.co/yLF8jDyteW
03-26 02:23

【2013/03/27 03:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/25のツイートまとめ
furunosawako

「あ、UFOだ!」の夢(プレマサイジョ~ティ~ショップブログより)http://t.co/BQgdMbKCXB
03-25 19:49

【シルディサイババ大理石神像】ハイクオリティのものを普及価格でお届けします。(プレマサイジョ~ティ~ショップブログより)http://t.co/PNyeE5AWsE
03-25 19:46

RT @at_douga: 「だだだだだ・・・。」だけで会話を成立させる双子の赤ちゃん 【動画】 http://t.co/u2VN1AyH72
03-25 03:34

【2013/03/26 03:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/24のツイートまとめ
furunosawako

ブログを更新しました。 『エニアグラム』 http://t.co/y4UAGZ8Bd7
03-24 02:01

【2013/03/25 03:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/22のツイートまとめ
furunosawako

ロシア報道:福島原発の停電は危機的な状況だった!停電の原因は2号機と関係している? http://t.co/sELEq9yoYk
03-22 19:55

【2013/03/23 03:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/21のツイートまとめ
furunosawako

昔から私は「時間が足りない」という思いにいつもさいなまれていたのだけど、ホ・オポノポノでポノりだしてからなのか?そういう時間が足りないという「足りない」感がなんか和らいで、もしかしたら消えたような気もします。
03-21 02:14

インドではトゥルシー(ホーリーバジル)の使用も盛ん。礼拝用に植えてたり、アーユルベーダの薬として飲んだり、木をジャパマラ(数珠)にしたり。先日購入したトゥルシグリーンティ・ポメグラネート風味のお茶がさっぱりしてフルーティーでかなりいけてる。ちなみにポメグラネートってざくろのこと。
03-21 02:11

へナって、ヨモギみたいなおいしそうなにおいでいいですよね。ケミカルの毛染めの刺激臭とはずいぶん違う。日本ではだいぶ高いんですよね。インドの10倍以上。日本で栽培して安く売れないのかな。インドで売ってるへナは用途別に?いろんなハーブ入りのもあって使うのが楽しいです。
03-21 02:07

【2013/03/22 03:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/19のツイートまとめ
furunosawako

ホ・オポノポノ関連記事(動画あり)インド占星術代行プレマサイジョ~ティ~ショップブログより。http://t.co/xEfuFOeOdF
03-19 22:41

白い大理石のシルディババ像販売のご紹介①(プレマサイジョ~ティ~ショップブログより)http://t.co/FqQkdHbbdO
03-19 03:16

なんだか最近みんながやさしい。なんでだろう。とくに知らない人が。最近ちょっとメイク濃いからかな。爆
03-19 01:17

【2013/03/20 04:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/18のツイートまとめ
furunosawako

忘れないで。小出さんの伝えてきたこと。(プレマサイジョ~ティ~ショップブログ) 責任ある知る者として311の原発事故を防げなかったことを謝罪する小出さん。311で知らされた私たちが子供たちの未来に責任をもてるだけ大人になれますように。http://t.co/anfzVgHO80
03-18 11:18

そういえば、TPPに参加したら原発撤廃が難しくなると聞いたような気がするなあ。ぜ~んぶ根っこでつながってるんでしょうね。
03-18 10:52

小出さんの伝えてきたこと。(プレマサイジョ~ティ~ショップブログ)責任ある知る者として311の原発事故を防げなかったことを謝罪する小出さん。311で知らされた私たちが子供たちの未来に責任をもてるだけ大人になれますように。http://t.co/anfzVgHO80
03-18 10:50

【2013/03/19 03:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/17のツイートまとめ
furunosawako

20130313 忘れないで欲しい!/週刊エンター『小出裕章さんが伝えてきたこと』 http://t.co/OBfykkAQaq @wordpressdotcomさんから
03-17 14:51

『神の計画』 http://t.co/uopIg2w2Ve 生まれつき両手両足のないニックさんの紹介動画と、左腕を失ったサーファーへのインタビュー動画。(すまブロ)
03-17 11:25

なまぐさポノらー日記(プレマサイジョ~ティ~ショップブログ)http://t.co/lHkh3lvLjR
03-17 11:00

再生可能エネルギーは、経済苦境に喘ぐEUの中で唯一といって良い成長分野・ 2012年、原発39基分の発電量を実現 | 星の金貨プロジェクト http://t.co/EQJKp1ckux @idonochawanさんから
03-17 10:55

これを期に・・・ - 天下泰平 http://t.co/Kn8I4icGQX TPPによって何がもたらされるか
03-17 10:33

TPPは企業による世界統治が目的だ http://t.co/yLzFMaNwIx
03-17 04:17

【2013/03/18 03:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/15のツイートまとめ
furunosawako

サンガム水と大自然の体現者ナガババ(プレマサイジョ~ティ~ショップブログより)http://t.co/nvhTsH7iE4
03-15 21:24

【2013/03/16 04:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/14のツイートまとめ
furunosawako

『TPPについて。日本の皆さんへのメッセージ』 http://t.co/XRObGXfyVJ すまブロより。TPPは健康や環境に関する安全基準を引き下げそれを国際基準として統一しようとするもの。その意図は、医薬品や遺伝子工学の分野においても企業による乗っ取りを助長するものです。
03-14 17:35

【2013/03/15 03:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/13のツイートまとめ
furunosawako

『はんにゃはら はんにゃはらー そうしましょったらそうしましょ』 http://t.co/B3r6VdhoRD 般若心経動画いろいろ わかめ日記りたーんずより
03-13 04:44

ふと思ったんだけど、サイババ自身があんなふざけた髪形してたんだから、サイババフォロワ-が深刻にしてたらギャグだと思う。
03-13 04:16

【2013/03/14 04:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マハシバラトリ in Puttaparthi
さっき、あ、今日は3月11日だ。と思ったのですが、それはさておき、3月10日から11日にかけて、プッタパルティでマハシバラトリをやってます。

少し前に、インターナショナルバジャングループ&ウエスタンキャンティーングループの本番で歌ってきました。

なんか私声がでかくて通りやすいので、

練習のとき一番前に連れて行かれたり、ハーモニウムひかされたり
(ひきながらもめっさ歌いまくり)

みんなの前で歌ってみさせられたり、(音がとりにくいとこのデモンストレーションのために)

やっぱわたしの教えたのと違うからちょっとディスターブだとかグループリーダーにいわれて、
最終的にはもうひとり、ノリノリで上手に歌ってたベネズエラのおねえちゃんと二人、リードグループの一番後ろに行かされた。

お姉ちゃんは上手だなーと私は思ってて、後ろにいかされてしょんぼりしてたのでちょっとかわいそうだったけど、

私も後ろに行かされたのみて安らぎを得たみたい。笑

私は一番後ろから気分良くみんなの頭を越えて歌ったら余計に目立って近くからも遠くからもみんなに「!?」ってかんじで見られたので愉快だった。




本番のときもみんなに、前に行け、前に行けといわれたのだけど、

前に行っても別にいいこと別にないし、
できればフォローのグループの一番後ろで歌ってもいいくらいで、

今まで何度かそういう風に後ろに行きたい、と提案して却下された。


というわけで、今回はリードグループの一番後ろ、
フォローグループとの境目で歌いました。


そのほうが、周りの人あんまり歌ってないから歌いやすい。笑

絶対一番前までがんがん聞こえてたと思います。


ははは。



それに、フォローグループは突っ走りやすいので、
前の人のテンポを目で見て、フォローグループのすぐ近くでリードのテンポに合わせて大きい声で歌う人がいたら、
結構ほかの人も歌いやすいんじゃないかなと勝手に思っている。

フォローグループのあたりにいたら、リードグループの声や手拍子とかあんまり聞こえないんですよね。




今日はさすがに人が結構たくさん。


夕方4時くらいからホールでシバリンガムアビシェーカムしてました。
ナンジュンダディクシット?さんが。

久しぶりに見たな。数ヶ月ぶりに見ました。

元気そうでした。


その後、ババの昔のシバラトリの日のディスコースの映像をみんなで見て、6時からバジャンが始まりました。

明日の朝の6時まで。


今私がこれを書いてるってことは、部屋に寝に帰ってきたってこと。笑



2時間くらい寝てから戻ります。


オバチャンに睡眠不足は酷なのよ。

あと、ずっと座ってたら腰やひざが痛くなる。


夕方のババのディスコースの映像のとき、眠くなってうとうとしたらUFOの夢を見た。

なんか、三角錐のUFOで、窓がいっぱいついてて、いろんな色の光が窓から漏れてた。




なんだろー。UFO上空にでもきてるんかねー。




ディスコースのあとはババがシバリンガムを吐き出す映像でした。

おえ、おえ、となりつつ、最後にポーンと口から出てくる。



おえ、おえ、となりつつも合間合間に至福の笑みをたたえるババ。

さすがだ。笑




でも、相当水飲んでたよなー。




ちょっと寝よ。



マハシバのときの夜中のアシュラムの空気は音楽の調和のバイブレーションに満ちていて、

風も涼しくて、

気持ちのいい、美しい夜だった。



知人の子供とサウスでお茶飲んで犬なぜて別れて帰ってきた。



今日からまたウエスタンのセバも少し始めて、

今日のサービングの隣の女の子は顔面にあちこちピアスしてる悪魔のようなかわいい女の子でした。




幸せな気分で仮眠に入ります。


テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2013/03/11 06:16】 | アシュラムの行事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/10のツイートまとめ
furunosawako

日本や世界の状況改善のための、南インドにおける4月の大規模プージャ実施のお知らせです。http://t.co/1qVmIQ4gvs 
03-10 12:08

【2013/03/11 04:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/08のツイートまとめ
furunosawako

@hanayuu生駒聖天に行ったことないのでわかりませんが、ここのお寺はお布施をすれば何倍にもなって返ってくる、ここの神様にした願い事は必ずかなうということで大人気のお寺です。ここの神様、ヴェンカテーシャの別名はバラジで、ビシュヌ神です。
03-08 04:52

【2013/03/09 04:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/07のツイートまとめ
furunosawako

日本そして世界へ ホピ族からのメッセージhttp://t.co/an83DuS98F
03-07 14:34

【2013/03/08 04:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/05のツイートまとめ
furunosawako

久しぶりのプッタパルティはなんかぬるくてだるい感じ。なんかスカッと自分がフル活用されるようなことがしたい。
03-05 20:59

今日の2時半くらいにプッタパルティに到着。行水して、すでにバジャン練習に行ってきました。バンガロール空港にダライラマがいて、握手してしゃべっちゃった。うれしい。。。
03-05 20:58

3月10日はマハシバラトリなので、プッタパルティではそのためのインターナショナルバジャングループの練習が始まってます。それに参加するためにさっさとインドに帰ってきました。新しい曲をまとめて覚えられる、年に2回のよい機会なので。
03-05 09:09

3月4日の昼間に神奈川から大阪の関空に移動。夕方の便で上海へ。上海夜の便でインドのデリーへ。5日の夜中2時過ぎに到着し、朝6時のバンガロール行きの便を今待っています。バンガロールから車で2時間半ほどでサイババアシュラムのあるプッタパルティに着きます。たのしみ。
03-05 09:06

陰陽(二元性)の時代の終焉 - 天下泰平 http://t.co/1H00IjoHsy
03-05 08:52

【2013/03/06 04:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/04のツイートまとめ
furunosawako

ブログを更新しました。 『ヴェジタリアンの食べるもの。』 http://t.co/Ilj3emrAIw
03-04 00:09

【2013/03/05 04:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/03のツイートまとめ
furunosawako

今日もよく生きた。
03-03 23:27

【2013/03/04 03:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/02のツイートまとめ
furunosawako

関東に移ってきたら地震発生。震度2~3?今回日本にいる間に初めての体感地震。びびった。
03-02 01:48

【2013/03/03 03:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
03/01のツイートまとめ
furunosawako

99,99パーセントの人が趣味じゃないと思うけど、サイババの等身大の写真とかを家の誰でも見えるところにおいておいたりしたら相当いろいろ変わってくると思う。それをおこうと思う時点でその人は変わってるというのはさておき。
03-01 11:47

今、荷造り中なんですが、マハークンバの、ヨガナンダテントで購入したクリシュナの絵をスーツケースから出したら実家の場の空気が全体的にバアッと息づいてひとつの大きな有機物に変わった。ちょっとやっぱりこれはすごいなと思った次第。
03-01 11:44

今回、ささっとプッタパルティに帰りたいので(マハシバラトリのバジャン練習が始まっているだろうから)3月5日の夜中3時ごろにデリーについて、3時間後の6時台の早朝の飛行機でバンガロールに飛んで、バンガからタクシーでそっこうプッタに戻って、その日のバジャン練習に間に合えばいいな、と。
03-01 11:23

うわ、確かにすごい風。暴風神とともに北上?
03-01 11:15

小包を持ってきた人が「今日は春一番だそうですね」と言った。強い風が吹いているけどぬるい風。今日は首都圏に移動。ただいま荷造り中。東京で2日間のホ・オポノポノの講習を受け、大阪にとって返して関空からそのままインドに帰ります。
03-01 11:14

風呂はいってねよう。。。つまらなくない人とつまらないことを語りたい。
03-01 02:50

人と人が関わるということがなぞすぎる。壮大なパフォーマンスがあちこちで繰り広げられているような。共通の目的を持ってみたり、好ましい態度を共有して共創造してみたり。くいちがってみたり、妥協してみたり、バラバラになってみたりまた集まってみたり。人と関わってる限り、それらが止まらない。
03-01 02:48

最近、発信疲れ気味。いや、書きたいこととかはたくさんあるのだけど、自己満足度が下がってる感じがしてフラストレーションがある。自分は基本、かなり完ぺき主義なのだけど、それができない感じでずっと来てて微妙に空虚。自分で自分を味わう暇がないというか。
03-01 02:37

昨日、十字式で悪いといわれたとこの筋や肉が今張ってる。骨は痛くないんだけど。もうちょっと体をいたわってメンテナンスしてもいいのかも。絶対しないと思ってたパンチャカルマも最近、してもいいのかもと思い始めている。何でしないと思ってたかというと、ギー飲んだり下剤かけたり大変そうだから。
03-01 02:31

【2013/03/02 03:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/28のツイートまとめ
furunosawako

@haitakadori ぜんぶ生かじりなのであれなんですが、ポノでクリーニングされてゼロになってインスピレーションで動かされる状態=悟りで、「コース」もやっぱ個人性のつまづきを除去後は神に満たされて動かされるんじゃないかなと適当に書いてみました。すみません。笑 
02-28 00:04

【2013/03/01 03:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。