スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
いろんな乞食、負荷という形の恩寵。
今朝はアガスティアの葉のカルマの解消、わたしともう一人の、身障者(出来れば身体障害児)へのご飯配りをしました。

先週はご飯を頼んでるレストランの作る人に欠員があって、35食しか用意できなかったので、今日は65食でした。

なので、いつもは行かない願望成就の木のところにも行きました。

ここには意外に物乞いの人たちがたくさんいて、いっきに10数食配れました。


さすがに今週で4回目なので、定位置にいる物乞いの人はだんだん把握できて来ました。

プッタパルティには何人くらいいるんでしょう?100人くらいは軽くいそうです。



しかし、乞食にもいろんなタイプがいますよね。

全盲の人、足とか手とかのない人、あってもうまく機能してない人、何年もずっと生傷を負って怪我してる人、怪我の後遺症の人、頭がイカレテル人、老若男女元気いっぱいの乞食、底抜けに明るく挨拶してくる重度の身体障害を持つ乞食(乞食の世界ではエリート!?)赤ちゃん連れの母親タイプ、静かにただ座ってる人、
いつまでもついてくる人、修行者風、パリッとしてババから支給されたっぽい車椅子を乗り回してぶいぶいいわしてる?紳士(でも、ご飯ちょうだいとかいう)、触ってきたりつかんでくる人(これはイヤ)などなど。

乞食より、細々と商売してる人のほうが大変そうに思えるときがよくあるのですが、
乞食の世界も奥が深いというか、、、

どの世界もそれぞれ、その世界なりのいいことや大変なことがあるんでしょうね。



そのあと、私と主名もサイスーリャレストランで朝昼兼用のご飯を食べました。
(配ったご飯もサイスーリャのご飯)


2時からは音楽教室に行きました。

主名は自分の番が終ると友達の家に遊びに行き、
わたしはプラサードのバナナをもらって部屋に帰りました。


日本から持ってきてもらった本はすぐに読んでしまったので、こんど送ってもらったりするとしたらどんなのがいいかな~~~と思ってアマゾンで見てたらあっというまに時間が過ぎました。


夕方はハヌマーンテンプルで土星のプージャでした。


今日は風が強くて、オイルランプに火をともすのが難しかったです。


その後、来てた日本人の人たちと一緒にラッシーやさんでラッシーを飲んでからダルシャンに行きました。


今日は、テルグ語圏のグループが出し物をしていました。
アシュラムの中も色々飾りつけがされていて、夏祭りのようです。


ラドゥーのプラサードが配られました。


ババは正面に一回両手ブレスをしていました。



最近プージャばかりに参加してて、自分のや、そうでないのもあるのですが、いろいろな人に接することも多く、
人と接するということは気持ちと接するということで、
自分の中にある種の負荷が常にかかってるような感じもします。

ダルシャンにのみ集中、という状況ではなく、いろいろなブレをあえて与えられている感じもあり、
そのせいと思いますが、気持ち的にババにすごく向かいやすくなってるようなきもします。


大変だったのは独身の頃のほうが自分の精神的にはものすごく大変だったのですが、それは他人との関係性の中でのゆらぎ、というのではなく、完全に自分自身との戦いでした。世界のことは全く見ていませんでした。

そんなでしたから、日本では日本の世界から常に離脱しているような心理状態で、
必然的にババのことをいつも考えていましたが、
インドに来てババの姿を見るとすぐにバランスが取れて満足して、どこか別の場所に行きたくなったものでした。(実際、1週間くらいでプッタパルティ滞在を切り上げて他の場所に行ったりもしてました。)


今はあちこち子連れで行くのが面倒ということもありますが、ずっとプッタパルティに滞在して、ここでのさまざまな移り変わりを眺めたり体験したりする面白さは感じます。

そして、ここにいて、世界と関わっていく上でのいろんな負荷?が常にあるような感じなので、ババのダルシャンのありがたみも感じます。


自然と祈りたくなる心境になることもしばしばで、そういう時は自然と深く気持ちが入っていきます。


負荷のようなものを含め、あらゆるものがいいことのためにのみ与えられているんだろうなという感じはします。



関連記事
スポンサーサイト
【2010/07/04 03:34】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<コブラ? | ホーム | 主名の願望成就の日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/1361-c3cb6cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。