スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
(若かりしころの。笑)サイババ体験談②
この時のツアーは飛行機をチャーターしてのもので、大人数が参加していました。
成田空港で飛行機に乗り込む時間になっても私は甘栗をイスに座って食べていて、
全て食べ終わってから行ったので、私と母は最後の乗客でした。

最後に行ったわたしたちは搭乗口でなぜか花輪のようなものを首にかけられて、関係者と記念撮影をされた記憶があります。


チャーター機ですから、飛行機の中での映画上映もサイババに関するものでした。
直接バンガロールの空港に着き、確か市内のホテルで一泊し、
翌日バスでそこからサイババのアシュラムのあるプッタパルティに向かったと思います。

ホテルからプッタパルティへ向かうバスの中ではみんなで日本語のバジャン(濃厚)を歌っていました。
私はもちろんそれらを耳にするのは初めてで、「えらいところに来てしまったなあ」と思わなくもありませんでした。

前に立つ係の人が「誰かリードしたい方」と呼びかけると、隣の席に座っていた母が「はい!」と真っすぐ手を挙げ、信仰心を鼓舞する日本語バジャンを立って力いっぱい歌い出したので、

ああ、私が学生寮で暮らしている間に、実家では私のうかがい知れないことが起こっていたのだ。。。。。
と、唖然としました。


まあしかし、歌を歌うのは嫌いではないので、適当に合わせて私も歌い、濃厚な歌詞をあえて力いっぱい歌うことには、倒錯したある種の快感を覚えないこともなかったです。

何を見てもめずらしく、刺激的な異国の風景の中をバスは数時間走り、プッタパルティに到着しました。



アシュラムでは大部屋に13人がマットを並べて敷き、寝泊まりしました。

これを書いている2009年現在では、ダルシャン(ババの登場)は朝夕のバジャンの少し前や、バジャンが始まってから、というパターンが多くなっていてダルシャンとバジャンがほとんど一体化していますが、

1995年の時点ではダルシャンの時間は今よりもずっと早く、ダルシャンが終わってからバジャンが始まるまではさらに1~2時間くらいいつも間隔があいていました。
(その間に休憩しに行く人もいましたが、わたしはその間も律儀にずっと座り続けていました)

ですから、1995年の時点では朝早くからみんなで並んでトークン(席順を決めるくじ引き)に行き、午後も昼過ぎには炎天下の中、すぐにダルシャンのための列に並びに行った記憶があります。

自由に行動できる時間はほとんどなく、ダルシャンやバジャンのために座っている時間がとても長く、いつも睡眠不足で眠かったです。そして初めてのインドの日差しはとてもきつかったです。

その時のツアーの全体の日程は11日間で、実際にプッタパルティに滞在したのは9日間くらいだったのではないかと思います。
めずらしい事ばかりだったので楽しく滞在しました。


周りの人達がババのことを神として信仰していたので、私も「そうなんだー?」と、特に疑問も持たず、ダルシャンの時は他の人達に倣って、なるべくババから目を離さないように、真面目に集中して拝んでいました。

実際、ダルシャンの時の周囲の雰囲気とババの存在感は圧倒的で、とてつもなさを感じさせるものでした。
なのでせっかくだからと、このダルシャンの機会に集中し、何も逃さないようにしたいという気持ちに自然となりました。

しかし当時の私は悩みもなく若くて空っぽでしたし、自ら望んでこのツアーに参加した母にくっついて来ただけだったので、基本的に初インド体験を楽しんで気楽にしていました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2011/01/02 14:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サイババ体験談③ | ホーム | 元旦ダルシャン~。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/1557-330001c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。