スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
サイババ体験談③
ダルシャン中には何度か印象深い出来事もありました。
ダルシャンを与えているババを見ていると、「私が帰依者だ」という言葉がどこからか私の脳裏に浮かび上がってきて、それと同時に非常に深い会得した心理状態になりました。

しかしその時、私は「帰依者」という言葉の意味を知らず、後でそれが何を意味するのか知りました。


また、ダルシャンの前に長時間座っている時、風に揺れる木々の葉を眺めていると、

「愛とは、深く、静かで、(もうひとつは失念しました)なものだ」
という言葉が突然やってきたりしました。

そのように、言葉がそれ自体が持つバイブレーションとともに突然自分の中に現れて、その言葉そのものを体感する、ということは私にはめずらしかったので、ここは不思議なところだなあ、と思いました。


ダルシャン中に、ババがふと歩みを止めて、数メートル離れたところからこちらを凝視したことがありました。
3~5秒くらいだったのではないかと思いますが、ずいぶん長く感じられて、目をそらすにそらせず、間が持たない感じがしてババと目を合わせたまま心の中でわたしはそわそわし始めました。

なので、その時私はニコッと作り笑いをしてほほ笑んでみました。
するとその瞬間ババはサッと視線をはずしました。

ババが視線をはずした瞬間、愛の固まりのような強いエネルギーが飛んできて自分にガツンとぶつかったような強いショックをうけました。

そのようなほとんど物理的といえるほどの激しい衝撃を受けて、私は驚きとともにわけもわからず大量の涙を心地よく流していました。



音楽祭を主催した国々だけが、シャッターを閉めたプールナチャンドラホールの中で特別にダルシャンを与えられた日があり、日本もその中に入っていたので、その時は間近でダルシャンを受けることができました。

しかしその時は、ババの目を私は見ることができませんでした。

その時のババの小柄な肉体の向こうに大型肉食恐竜のような圧倒的に巨大なエネルギーの存在を感じ、
ババの目という窓を通してそれを見てしまうのが恐ろしかったからです。

それは本能的な恐れでした。


過酷な気候とハードスケジュールに、多くの人が体調を崩していました。

私もツアー日程の後半には高熱を出し、下痢もしていました。
おまけに滞在終了3日前から生理にもなっていました。

下痢の時は固形物をとらず、水やジュースだけを摂取するようにという、ツアー参加者の誰かのアドバイスに従い、3日間水やジュースだけを摂取して過ごしました。
そうすると、とにかく体は軽くなり、気分はますます高揚していきました。

私は高熱や下痢でも気分がよかったので、バジャンもダルシャンも休まずに参加して、毎日のハードスケジュールを全てこなしていました。

光と愛にあふれた高揚した精神状態は日を追うごとに高まり、プッタパルティ滞在最後の夜にはこれまでの人生で自分が疑問とも思っていなかった事柄(なぜ子供のころにぜんぜんしゃべらなかったのかなど)に関する答えや、それらの意味が次々と脳裏に訪れ、それらがあらわれ続けるのを冴えた意識で眺めているうちに滞在最終日の朝になりました。


一方で、これは私にとって初めてのインドでしたから、どこもかしこも病原菌だらけに思え、何を触ってもものすごく不潔な感じがして、わたしはその不潔さをすごく恐れていました。

そんな衛生状態の悪さを恐れる心境の中、アシュラム滞在の最終日に何かのトゲが足の裏に刺さりました。

トゲを抜いても痛くて、足の裏をちゃんと床につけて歩くことができませんでした。
そしてそれ以上に、傷口から何か強烈なバイ菌が入って、ひどく化膿したり悲惨な病気に発展するんじゃないかと思い、心配になりました。

しかし数秒後にはそれらの恐れが勢いよく反転し、その状況を完全受容し、足の裏の痛みがむしろ特上の甘さに感じられるようになった自分がそこにいました。
幸福感が増してはちきれんばかりでした。何を見ても聞いても話しても幸福の光の中にあるような、心が開ききった状態になりました。

そのように、インドの衛生状態の悪さに対する恐れが最終日に消えました。


アシュラム滞在の最終日かその前日あたりに、グループインタビューがあったと思います。
日本人はバジャンホールの建物の中にみんな入れてもらいました。

ババはひとりひとりの間を通って袋入りのビブーティーをいくつかずつ全員に手渡してくれました。

その後ババはホールの前に戻り、だれかと話をしたり、指輪を物質化したり、その指輪の石の色を変えたりしていました。

みんな、ババとともに過ごすその貴重な瞬間を楽しんで大いに盛り上がっていました。

しかしその時なぜか私は全員が注目しているババに対する特別な興味が湧かず、惹きつけられない、一種浮遊した心理状態で、横にいた赤ん坊に神聖さを感じて惹きつけられて眺めていました。

女性にはサリーが配られ、思いがけないババからのプレゼントにみんな幸せそのものでした。
その時、それまでに毎日みんなで練習してきていた日本語のバジャンをババに捧げました。

インタビューが終わってもなお全員が、自分たちに与えられたすばらしい幸運に陶酔したままでした。

そのようにして、ハードではあったけれど充実したアシュラム滞在の日々が終了しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2011/01/03 01:14】 | サイババ体験談 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サイババ体験談④ | ホーム | (若かりしころの。笑)サイババ体験談②>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/1558-ec76e560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。