スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
なんだかあわあわしてました。&マントラ話
ここ最近、このブログを書く時間も寝る時間もうまく取れなくて、
昨日はついに前後不覚な感じでいつの間にか寝てました。

最近の朝の日課にしてる、行く時間がどんどん遅くなってきてるキャンティーンセバを、しばらく休もうかと思ったんですが、
自分の中で聞いてみたら行くようにとのことだったので今朝も行きました。
今日はトマトをちっちゃく、ひたすら切っていた。
きっと、こういうもくもくと無個性な感じで働く存在形態って人間の心の安寧には必要なのかも。

最近、朝のヴェーダチャンティングでの知らないヴェーダもテキストの中に発見していってて、「あ、これか!」と、どれがどれか認識していってるので、ますます、新しいの習いたいなと思うんですが、
来世かな。笑

ナヴァグラハスークタムとか、けっこう簡単そうで、朝ヴェーダのときにもわりとよく唱えられてるから唱えられるようになりたい。

今朝の朝ヴェーダは、プルシャスークタムの後に唱えられたやつはいきなりわからなかったので、30秒後には熟睡してました。

途中も起きることなく、バジャンの後半まで熟睡していた。

最近は、サマディーダルシャンのときに手紙を書こうという盛り上がりも起こらず、毎日バラエティに富んだ祈りの言葉が自分の中から出てくることもないので、
なにも心の中で言う必要もないのかもしれないけど、
せかっくなので「サマスタローカー~~~~」のやつだけ唱えてます。


2月2日からウエスタンキャンティーンもサウスインディアンキャンティーンのようにクーポン制が導入されました。

なんか、唐突感がいなめず、初日はクーポンを売るほうも買うほうも大混乱で、さいあくだ~~~~~と思ったのですが、
その日の夜にはもう、いちおうちゃんとまわってました。

今日の昼には、ウエスタンキャンティーンのクーポン制に反対しようという署名を集めて回ってる西洋人もいました。

わたしも反対するかどうか聞かれたけど、「イッツ オーケー」と答えました。
そしたら「オーケー、あ、そう」みたいなかんじでその署名を集めて回ってる人は次の人のところに行きました。

たしかに、ウエスタンの食事はサウスと違って値段もさまざまだからいろんな値段のクーポン持ってないといけなくて面倒は面倒。
わたしらみたいにずっと滞在してたらまとめ買いしてたらそれほど面倒でもないけど、
短期滞在で1回だけ食べる人とかは面倒と思う。

でもなんか、「イッツオーケー」とか反射的に言っちゃった。笑

クーポン制になり、値段もどんどん上がってるとはいえ、ウエスタンキャンティーンのご飯があって助かる。


2日にはサウスインディアンキャンティーンのご飯の値段も上がりました。

チャパティとカレーのセットで2ルピー(今のレートでは3,5円くらい)、ミルクティー1杯2ルピー、おやつも2ルピー、定食6ルピーなど、
その安さは常に感動だったサウスのご飯ですが、2ルピーのは4ルピーに、定食は10ルピーになりました。

ババが生きてたときも値上げしたかったみたいなんですが、
だって、絶対もと取れてないし。
でも、ババが「値上げするくらいならキャンティーンを閉めなさい」みたいなことを言って
値上げを許さなかったらしい。

で、ババの死後、満を期して(?)とうとう値上げ。
それでも安いんですけど、なんか残念な気がしないでもないです。
サウスインディアンキャンティーンはアシュラムの良心みたいな気がしてたから。

サウスのスタッフの人たちも心なしかさえない表情でした。(すぐに元に戻ると思うけど)


勝手な意見だけど、サウスはいくら赤字でも値上げして欲しくなかったなー。
寄付金の寄付先の項目に「サウスインディアンキャンティーンへの資金補助」の項目作ってでもいいから。
こじきの人らもよく食べにきてるし。




ところで、別ブログで企画してた世界のカルマ解消のためのプージャが、全日程実行できることが決定しました。
いろんな形で応援してくださってる皆さん、ありがとうございます。

なんか、あたりまえのように実行できるようになったかのようだけど、当たり前であると同時に、当たり前ではないので厳粛な気持ちで望みたいと思います。



昨日から今日にかけて猛烈な不安感が胸に入っていました。
去年の大晦日のときにも同じような感じになって、
何かわからなかったんだけど、
元旦に地震があったので、ああ、これか?と思ってなんでかわかって安心したんだけど。笑

最近はそういう感じになる人も多いんじゃないかなと私の周囲の人を見てても思います。

みんなつながってるから、意識してるしてないの違いはあっても、みんな受け取ってて影響を受けているはず。

私はインドにいるし、そういう、何かあっても直接の被害はあまりなさそうな人のほうが逆に安心して感じて充分不安になれるんじゃないかなと思ったりすることもあります。

ほんとうにやばかったら感覚を麻痺させてしまうのかもと思うこともある。


今日とかちょっといても立ってもいられない感じになって、
ガヤトリーマントラをしばらく唱えてたらマシになりました。

そんで、近日中の予定でいくつか日本に対するプージャを頼んだりしました。


不安になる人はそれを解消する義務もあるかもしれないし、それが出来るからそういう不安感とかが与えられるという面もあるのかもしれないなと思いました。


プージャを頼むとお金がかかるけど、マントラを自分で唱えるんだったらタダだし。

ババは世界の状況をよくするにはマントラを唱え続けなさいといってたそうで、
マントラのバイブレーションは地球を包んで支えてるんだろうなと思います。


明日の5日は少なくとも1~2時間、ほかの人と一緒にこないだ習った「チムボーチムボー」のお地蔵さんのマントラを唱えようと思います。
(クシティガルバボーディサットヴァのマントラ)

明日はシンガポールでも人々がこのマントラを1日中唱えるらしいです。

これは災害予防にすごくいいそうです。


日本にはお地蔵さんが無数にあるし、
サイセンターでもこのマントラを毎回バジャンのときとかに唱えるようになったりはしないものだろうか。
そしたらインド色1色のサイセンターもなんかバラエティ豊かな感じになって、日本のなじみのお地蔵さんもくわわって、い~かんじ、と思いました。


そういえば、こないだ東京センターでみんなで習った何スークタムだっけ、プラータラグニム プラータランドリグムハワーマヘーのやつ、あれもこないだ朝ヴェーダで唱えられてたので、
あ、なんか久しぶり、と思って唱えました。

これも災害予防にいいという話でしたが、
わりと簡単なヴェーダだし、全センターグループで毎バジャン前に唱えられたらいいのにな。


まだ胸騒ぎは完全に収まったわけじゃないけど、
自分の中ではこなれてきました。

何かが起こってしまえば逆にすっきりしないこともないと思うんですが、
その前というのが気持ちが悪いものがあるような。


そういう不安感が来たときは逆にマントラの唱え時。


東京センターはこないだ行った時に毎日朝晩とかルッドラムとなえてましたけど、
あれ、参加人数は多くなかったけど、東京に対してどんだけすごい働きしてるんだろうとか思いました。

みんな仕事を持ったりしてて、毎日は大変と思いますが、
ありがとうございますといいたいです。


1月29日からだったか、サイセンターでサイガヤトリーのチャンティングのプロジェクト?が始まってますね。
私もSSOJに知らせてないけど29日から毎日108回唱えてます。

続けられるかどうかあまり自信がないので、ノルマに追われるみたいになるとつらいので、とりあえずSSOJに知らせずに勝手に始めてみた。笑

1ヶ月くらい続けられたら報告して数に加えてもらおうかな。

座って唱える時間をとるのが難しいので、
朝部屋を出る前にババの写真に向かって18回唱えて、後は出かけた後に歩きながらとか、サマディーダルシャンのときにみんなで唱えるときに唱えるのを数に加えたりして、
こまぎれなのをつぎはぎしてなんとか合計108回にしてます。

座って高速で唱えたら108回でも10分くらいで唱えれるんだけど笑

できたらゆったりと心から唱えたいので。



SSOJでも話が出ないこともなかったらしいのですが、今年、アティルッドラマハヤグニャの超空間が日本に出現すればいいなーと思って、
開催するのによさそうな場所とかちょっと見てました。

以外に普通にさらっとできそうな気もしないでもないです。


初めての出産のときなんかはうまく産める気がぜんぜんしなかったし、イメージがまるで出来なかったけど、
それに比べればなんか意外に簡単に問題なくできそうな気がする。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/02/04 23:04】 | プッタパルティ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「日本人みんなにしらせなさ~~~い!!」、、、、、また~っ!?爆 | ホーム | 華僑のお祈りとサリー。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/1896-0b211802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。