スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ネガティブなバイブレーションを最後には引き入れる、ポジティブなバイブレーション
少し前にムンバイシュリニヴァーサンさんという人が日本語に訳してみんなに知らせなさ~い!と言ってきたので、今日、朝から翻訳してみました。

去年サイババが亡くなる前に入院して2~3日後に瞑想中に示されたメッセージだそうです。

これだけ翻訳するのに6時間くらいかかったという。。。
語彙力ないから単語の一つ一つ調べないとわからんので。


文章がこなれてないとこは読む人が直観力で補ってください。笑


この中ではネガティブなエネルギーを最後にはポジティブなものが味方に引き入れるという概念が好きでした。


それはまさにサイババやシヴァがやっていることなので。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



このマザーアースを保護するバガヴァンの慈悲:


Sai Ram

みなさんと次の情報をシェアすることをお許しください。

バガヴァンババ(サイババ)の恩寵によって、私はクンダリニーシッダヨガを幸運にも十分授かりました。

また、バガヴァンは瞑想の中で私を導き、コンスタントな接触がありました。

スワミは瞑想の間に様々な神聖な経験や神のビジョンで私を祝福してくださいました。

(サイババが)とても深刻な状態で入院された2、3日後、バガヴァンは親切にも私にビジョンを与えてくださり、彼の健康状態に関するメッセージを明らかにしてくださいました。

バガヴァンが神聖ビジョンの中で明らかにしたポイントのうちのいくつかを以下にお伝えします。



ネガティブなバイブレーションとポジティブなバイブレーション:

これらのバイブレーションは、実際、人類の考え、言葉および行為によって生成されています。

スワミは「Thrikarana」という言葉を使います。

悪魔的な性質の発達によって、ネガティブなバイブレーションは生成されています。

これらのネガティブなバイブレーションを消すただ一つの方法は神の特質を吸収するように人々に勧めることによる、ポジティブなバイブレーションの生成です。

神聖な性質、サトウィック(浄性)なバイブレーションは悪魔的な性質よりもパワフルです。

ネガティブなバイブレーションは私たちのプラーナの時期にRakshasa(ラクシャサ)たちによって、開発されました。

また、これがある限度を越える時、神は適切な方法によって、それを中和する責任を負いました。

神は、かつてはダルマ(法)を再建するアバターとして、(地上へ)降りて来ました。



Bhoomatha(ブーマータ・母なる大地)に対する負担

このカリの時代にはラクシャーサグナ(悪魔的な性質)は、多くの折り重なりや増大が見られました。

貪欲、自己本位、および人間性が崩壊した活動などはすべて世界に厳しい負の効果があります。

最初の死傷者はまさに「母なる大地」です。

天然資源の過度な開発利用(搾取)は、マザーアースへ莫大な損害をもたらしています。

現在、アースマザーの子宮は内側の天然資源の位置異常(転位)によって引き起こされている激しい混乱の中にあります。

スワミは「Bhoo Garbham」の単語を使います!!!



スワミは、地球一帯の重大な地震の再発の可能性のような、その結果(成り行き)について非常に心配しています。

天然ガス、岩、鉱物などを含む資源の激しく恐ろしい再調節が、大々的に起こっています。

そのような現象の例は日本での最近の地震です。それはまさに一大事でした。

スワミは、地球の周囲の大量破壊の可能性の制限に、彼が干渉しなければならないと言います。

スワミは、世界に広まる核放射線の濃厚な漏出の可能性についてまた別の関心を持っていました。

それぞれの原子炉の爆発は何百もの核爆弾と等しい破壊を引き起こすかもしれませんでした。

4つの炉の爆発は世界全体の破壊を引き起こしたかもしれませんでした。

より多くの地震がいくつかの場所に起こるかもしれないことが心配されます。




その後、バガヴァンは宣言しました:

「神が人間性全般に安全性と信頼を立て直すことに干渉することを決定した、その人間性の恐ろしい瞬間のもとにそれはあります。

バガヴァンは、彼自身の健康状態を危くして、状況の猛烈な衝撃を引き受けなければなりませんでした。

さらに、他のところでもっと先に起こるかもしれないさらなる地震の衝撃を最小化することも重要です。

核漏出の影響が食い止められたのが神の介在だったと理解するべきです。

ここで、神の力が科学者やエンジニアの技術および知識よりもよく人類を保護することができることを知るべきです。」




祈りの力:

スワミは続けました:

「私はポジティブやネガティブなバイブレーションの原因および結果に関して言及しました。

祈願、ヤグニャ、セヴァの姿勢および他の高貴な活動は、肯定的なエネルギーを世界中で創り出します。

それはネガティブなエネルギーを無効にすることができます。

私は、世界中の帰依者がみな深く誠実な祈願に従事していることに気づいています。

また、ネガティブなエネルギーの厳しい悪影響はゆっくりと着実に拭き取られ、もしくは中和されつつあります。

ネガティブなエネルギーがサトウィック(浄性)な、および信心深い活動によって最後に(味方に)引き入れられる時、スワミは現在経験している痛みから解放されるでしょう。

ポジティブなエネルギーのよい影響は既に働き始めました。

私は、全世界がこれまで目撃されていなかった信心深いムードにあることを非常に嬉しく思います。


全人類、特に、サイの帰依者は大きな責務に自身を従事させ、自分の役割を果たしています。

祝福をみなさんへ!」




愛と尊敬とともに
"ムンバイ" シュリニヴァーサン


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


(原文)


MERCY OF BHAGAVAN TO PROTECT THIS MOTHER EARTH:



Sai Ram.
Please allow me to share the following information with you all.

By the Grace of Bhagavan Baba I had been fortunate enough to get initiated in Kundalini Sidha Yoga,

and Bhagavan has been in constant touch in guiding me in my Dhyan marg.

Swami had blessed me with various Divine Experiences and also Divine visions during meditation

A couple of days after Hospitalization in a very serious condition, Bhagavan was kind enough to give me a vision, and revealed an import message on His physical condition.

I am giving below some of the points which, Bhagavan revealed during that Divine vision.



The Negative & Positive vibrations:

These vibrations are, in fact, being created by the human beings by their thought, words & actions. Swami uses the word, “Thrikarana” .

By developing the demonic qualities , the negative vibrations are being created.

The only way to erase these negative vibration is by creating positive vibrations, by inducing people to imbibe Divine qualities.

The Divine qualities, the Sathwik vibrations are more powerful than the demonic qualities.

The Negative vibrations were developed in our Puranic period, by the Rakshasas, and when this crosses certain limits, the God assumed the responsibility of neutralizing it, by appropriate methods. The Lord used to come down as Avatar to reestablish the Dharma.



The Burden on Bhoomatha (The Mother Earth)
The Rakshasa Guna (the Demonic quality) in this Kali Age had seen many fold increase.

The greed, selfishness, and the activities in annihilation of humanity are all having severe negative effects in the world.

The first casualty is the very “mother Earth”.

The over exploitation of the natural resources is causing immense damage to Mother Earth.

Presently the womb of Mother Earth is in great turmoil causing dislocation of natural resources within.

Swami uses the word “Bhoo Garbham”!!!




Swami is very much concerned about the consequences, such as the possibilities of recurring Major Earth quakes all around the globe.

Heavy and fearful re-adjustments of the resources including the natural gases, rocks, minerals etc. are happening in a big way.

The example of such development is the recent Earth Quake in Japan, which was a very serious matter.

Swami says , that He has to intervene in limiting the possibilities of mass destruction around globe.

Swami had another concern on the possibilities of heavy leakage of Nuclear Radiation spreading over the world.

The explosion of each of the Nuclear energy Reactors, could have caused destructions equivalent to hundreds of Nuclear Bombs.

The explosion in 4 reactors could have caused destruction all over the world.

It is feared that much more Earth quakes may happen in several places.




Bhagavan then declared:

“It is under these frightening moments of the humanity, that the Lord decided to interfere in restoring safety and confidence in the humanity at large.

Bhagavan had to take over the severe impact of the situation, risking His own Physical conditions.

It is also important to minimize the impact of possible further earth quakes elsewhere.

You should understand that it was the Lord’s intervention that the effects of Nuclear leakage had been contained.

Here, you should know that the Divine Power can protect humanity better than the skills and knowledge of the scientists and Engineers.”





The power of Prayers:

Swami continued:
“I mentioned about the cause and effect of Positive and Negative vibrations.

The prayers, Yagnas, the attitude of seva and other noble activities create the positive Energies across the globe, which can nullify the negative energies.

I am aware that all devotees across the world are engaged in deep and sincere prayers,

and the severe bad effects of negative energies are being , slowly and steadily, wiped off or neutralized.

When the negative energies are ultimately won over by the Sathwik and prayerful activities, Swami will be relieved off the pains He is presently undergoing.

The good effects of positive energies had already started working .

I am very happy that the whole world is in prayerful mood, which had never been witnessed so far.

The whole of humanity especially the sai devotees are playing their part , engaging themselves in a great task.

My Blessings to one and all !”



With Love & Regards,
"Mumbai" Srinivasan
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2012/03/10 20:51】 | 東北地方太平洋沖地震や原発に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<メディスンブッダリトリートの案内(シンガポール) | ホーム | 今朝は眠かったです>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/1916-674dbbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。