スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
おばーちゃん先生再び。
今日、夕方6時くらいに行くと言っておきながら、7時半くらいにおばーちゃん先生のとこに行きました。笑

でもアメリカの孫娘とスカイプしてたみたいだったから遅く行ってちょうどよかった。

今日もなんかいっぱい唱えました。
書くの面倒なので書かないですが。

おばーちゃん先生は、今日はスローカ?みたいなのも教えてくれました。歌みたいなマントラ。

さすが音楽教師でもあるので(一応現役)なんというか、よい歌声。
品があるというか格調も高い感じで。


そういうのって、CDではなかなか、、、ムードとか表情とか空気感とか、そういういろんな情報がいっぺんにくるのはやっぱ、直接接触だと思います。


今日は金曜だったので女神系のヴェーダ中心に唱えました。

そんで、新しいやつとして、デーヴィースークタムを教えてもらいました。
これもずっと習いたかったやつだったので嬉しかったです。
短いんだけど、CDとかで覚えてしまわずに、とっておいた。笑

途中、節回しが歌みたいなとこがあって、不思議なんですよね、このヴェーダ。


これはおばあちゃん先生が言うには、パールバティのヴェーダだそうですが、そうなの?


またよく練習しよう。
自分では練習しないから、誰かに無理やり教えよう。
そしたら自分が覚えるから。

ナバグラハスークタムは、昨日やった太陽の部分を復習しただけでした。

でも、デーヴィースークタム習えて嬉しいです。



明日あさっては、おばあちゃん先生の長女と孫娘が立ち上げた音楽学校に教えに行く日なので、
私もそろそろプッタに帰ろうかなと思うし、

じゃあ今回はこれで、、、というかんじなんですが、

そしたら引き止められていろいろ話を聞かされた。

半分くらいは全くわからなかったんですが、へえとか、あははとかいって聞きました。


プッタでヴェーダを習ってたとき、いつも傍若無人なかんじでやってきては練習を中断させてプラサードを傍若無人に配る傍若無人なおばあさんがいたんですが(もらってもあまり嬉しくなかった)、彼女のだんなさんがババの学校の最初の学長らしいということが今日の話から明らかになりましたが
(もし私の聞き取りが合ってればの話しだけど)

なんか、部屋の前に学位みたいなのとか書いて張ってあるし、だんなさん地位のある人なんだろうくらいには思っていたけど。
なるほどそれであの傍若無人ぶりだったのか、それとももともとああゆうキャラなのか。

今もプッタで出会ったら少し立ち話位しますけど、向うはテルグ語だけなので、やっぱりさっぱりわからんという。


で、昔は学校に新入生として入学してきた小さい子供たち(5歳半くらいで寮に入ってくる)がなーーーんにも身の回りのことができなかったので、
ババは1日3回くらい、朝昼晩と学校に来て、子供らに、どうやって髪の毛をとかすかとか(アフロのババが教えるのが思い浮かばんのだけど)
歯ブラシにどうやっては磨き粉をどのくらい出して、どうやって歯を磨くのかとか、どうやって顔を洗うのかとか、
すべての子供たちにいちいち直接付きっ切りで教えてたそうです。


前チェンナイに来たときもおばあちゃん先生はその話をしてて、
「実際にそういうババの姿を見てたんですか?」と聞いたら「見てた」というけどほんとかどうかは私は謎と思ってます。


でもその思いではおばあちゃん先生の中でとっても甘い、ババへの愛とか尊敬とか、そういうのが掻き立てられる思い出らしく、すごく熱心に話します。


で、傍若無人なおばあさんのだんなはものっすごく厳しい教師だったけど、自分は全然だめだったとか、そういう話もしてました。

たしかに、昔は怒りっぽいとことかあったけど、基本すごくやさしいです。おばあちゃん先生。

まず、できのいい長女には逆らえないし。
いわれるがままにいろんな薬を飲んで、スケジュールも全部長女が決めてるという。


長女が来たら抑制がかかるのか、ヴェーダ声もちっさくなるし。笑



あとなんか誰かの話をしてたけど、誰のことを話してるのかぜんぜんわからないまま聞いてました。
なんか生徒がたくさんいて工場もいくつももってる人の話。

できのいい生徒はにかどうにかして、あんまり出来のよくない生徒は何かするとかいってて、
何いってるのかさっぱりわからなかったけど、なんか面白い気がしたので爆笑しといた。笑

おばあちゃん先生もたぶん英語を使わない生活で、英語を忘れていってるんじゃなかろうかと思います。
チェンナイはタミルで、母語はテルグだから。

でもいつものようにおばあちゃん先生は「スワミがいる」と、ババの臨在に感謝して、練習を終えました。



オートでホテルに帰るとき、まだまだ習えることがたくさんあることを思うと、
空白の過去数年間が惜しまれて涙が出ました。

でも、おばあちゃん先生がチェンナイに引っ越したとき、
わたしはチェンナイまで追っかけて習いに押しかけようかとも思ったんですが、
なんかそれはしてはだめだと思って、練習を放り出していってしまったおばあちゃん先生に対して失意と虚脱の日々だったんですが、
おばあちゃん先生のほうも1年半だか泣き暮らして病気みたいになってたという話で、
でも、ここしばらくようやく、自分で独りでもヴェーダの練習をしようと決めて、
毎日数時間するようになって、

そういうふうにおばあちゃん先生が自分の中に光を据えたことで、
わたしもそんなおばあちゃん先生のところに、チェンナイに習いに行けるようになったんだろう、この空白期間は必然だったんだろう、と思いました。

でも願わくばあと10年くらいは生きて、知ってるヴェーダ全部教えてもらいたい。

(音楽は全部習うの無理だからあきらめてます。でも、ミーナクシ女神の歌は習いたかったな。)

ヴェーダを習ったあとはいつも深い感情が大きく掻き立てられます。

ヴェーダのことだけ考えて、ヴェーダだけに集中して習いたいものだなとか思います。



ヴェーダチャンティングは面白い。



おばあちゃん先生がチェンナイに引っ越していったとき、たくさんの人が残念がって、「あんな先生は他にはいない」と、惜しんでいたのですが、
本当にそう思います。

ヴェーダの細かいとことかは怪しかったり自己流になったり、忘れてたりとかもするのですが、
この、ちっちゃくて、気高くてにこにこしてるおばあちゃん先生から学べるところはあまりにも多すぎます。


練習が終わったあと、おばあちゃん先生は閉じたヴェーダの本をぽんとたたいて、「これだけに興味がある」と言っていました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

【2012/06/16 05:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ちゃらいとこ。 | ホーム | 知り合いの知り合いですか。(バンガロール)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/2024-b9ff5fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。