スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
爆笑したこと。ディジュリドゥとほら貝は人生を分かち合えるのか?
そういえば昨日リシケシ在住15年くらいの知人夫婦の家に行って、チャンティング練習のあとにほら貝があるのを見つけたので、奥さんがヨガ着に着替えてるのを待ってる間にだんなさんの方に吹いてみてもらったら、すごく上手に音を出すので感心した。



彼は良くも悪くも?マニアな人なので、興味がわいたことになんでも研究熱心で、

サンスクリットもヴェーダテキストを自分のノートに写経しまくって独学で読み書きできるようになっていて、



チャンティングはここ10年くらいはまってるので、今は毎朝某アシュラムに行って坊さんたちのチャンティングに加わってるそうなんですが、あとは毎日山の中腹の自室で何時間も一人でチャンティングとハタヨガやってるらしいです。



あと、チャパティやいたり、お菓子作ったり。ヒヨコマメ餡の茶巾絞りの和菓子(?)が出てきてもてなしてくれた。





わたしは逆に性質としてあまりマニアじゃないので、独学とかできなくて、

だれかに教えてもらったことしかやらないのですが、



なので逆に、ずっと独学できた彼はほかの人と一緒にチャンティングするのが気持ちよくて楽しいみたいです。



これが私もマニアで試行錯誤の独学だったら一緒にするの難しいかもしれないけど、

そうではなくて、わたしは習ったやり方しかできない融通の利かなさがあるので、全面的にこちらに合わせてくれるので可能です。





で、なんでもものすごく集中して研究して自分なりに会得するだんなさんなのですが、

ほら貝吹いて見せてくれたあと、(私ほら貝の音、好きなのでたくさん買ってプッタの部屋にキープしてあるんだけど自分では鳴らせない)



ほら貝でも循環呼吸でやれるかと思ったけど難しかった、とかその彼が言うので、



え?ディジュリドゥみたいにですか?



と聞くと、





すでに横にディジュリドゥとしか見えない長い棒があったので、



あっ!あった!Σ(~∀~||;)





と思うまもなく彼はそれをかまえて間髪入れずに吹きだした。





で、そのディジュリドゥをすごい上手にぶうぉーーーぶうぉーーーーーと途切れず循環式で吹きつづけるので衝撃で爆笑してしまった。





で、これはほっぺの中にためた空気を循環させて吹くんだけど、ほら貝は口が小さいからできないとかそういうテクニカルな説明をしてくれるのだけど、



ほら貝をディジュリドゥ方式で吹こうとしたんだ。。。。。!爆笑







これって、オーストラリアからもってきたんですか?



と、その太くて大きな棒状のものを指して聞くと、



「ん、これ、竹。」





だって。



裏からでも切ってきたのだろうか。









もともとカメラマンだっただんなさんは仕事で南米に行って、どういう具合か、日本からの留学生だった奥さんと結婚して?そこ。ペルーかどこかで日本人宿のようなこともしてたらしいのですが、



旅行のつもりで立ち寄ったリシケシが住みやすいと思っちゃったらしくて、住んだら長くなったらしいです。









宿屋をやってただけあって、今も人の出入りが多くて、しょっちゅう誰かが泊まっている様子です。

今泊まってる人はガンゴートリに行ってるらしくて今は誰の姿もまだ見てないけど。





リシケシには届け出てる日本人だけでも27人くらいはすんでるそうです。

最近そういう日本人勢力が強くなってきたらしい。



インド人やネパール人と結婚してる日本人女性もちょくちょくいるみたいで、宿屋をやったり、レストランをしたり、

すでに子供をヨーロッパの大学にやって、デリーの日本企業に単身出稼ぎにいってる人も。





30代、40代の人が多いのよ。と、奥さんがのどかに言うので、けっこう若い人(と言えるのかわからんけど)が増えてるんだー、と、思いました。







ご夫婦はインドから出ないといけなくなったら沖縄でアシュラムやろうかなと思ってるらしく、



たぶんペンション「アシュラム」という感じになるかもしれないと思うんですけど。笑 まず間違いなく。

 





二人とも誰でもウェルカムで気さくですが、ある種の達観の域に達してるんだろうと思います。

人生を通してなのか、もともとなのかは知らないけど。



誰でもウェルカムで柔軟だけど自分の独特なペースを崩さないし。線引くバランスがうまいので勉強になります。





リシケシの祭りの狂乱の期間を抜け出して、プッタパルティにも毎年1週間くらい来てるのですが、



だんなさんは最初のだったか?サイババダルシャンでサイババが近くに来たとき、ブラックアウトだかホワイトアウトだかしてあっちの世界にしばらく逝っちゃったらしいです。笑



また別の時にはサウスインディアンキャンティーンでご飯食べてたら突然周りが輝きだして

わーなんだこれおもしれー。 とかなったとか言ってました。





それが関係してるのかしてないのかはわからないですが、だんなさんはメールとかではよく達観したこと書いてるのですが、あんまりまともに読んでないですが、



そして実生活でもご飯作ったり雑用もして、かいがいしく自らすすんで奥さんの世話してるようなかんじもありますけど、







どこをどう間違ったのか必然なのか、わたしとはサイババとヴェーダでつながったので、人の縁ていろいろだなーと思います。





何でつながるか、というのはその縁の性質そのものになるような気もします。





そしてその重なった部分を通して、お互いの異なった部分も自分自身として取り入れて広がっていけるのだろうなと思います。





人生を分かち合えると世界は楽しいんだと思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

【2012/10/21 12:32】 | リシケシ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<リシケシの写真 | ホーム | なんかハタヨガ参加してみて思ったこと(他ブログ共通記事)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://furunosawako.blog59.fc2.com/tb.php/2197-abe7724b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
子連れインド・サイババおっかけブログ


2006年7月16日、当時2歳の息子主名(しゅな)とともに渡印。現在は子供は日本の学校へ通い、わたしのみ南インドで一人暮らし。始まりもなく終わりもない。サイババをめぐり展開しつづける世界。彼の見る夢。愛し合う森羅万象。

プロフィール

古野SAWAKO

Author:古野SAWAKO
1995年7月のグルプールニマのときに母とともに初渡印、初プッタパルティ。衝撃のサイババダルシャン&衝撃の自己覚知。肉体を去るかどうか考えた末、この世界に留まることにする。(21歳)→<カテゴリー>サイババ体験談参照

1996~1998年ごろ、働いたりキャンプしたりしながら日本やアジアを転々とする。

1998年のブッダプールニマ以降はほぼ年に一回ペースで渡印・サイババ詣で。同時にアガスティアの葉なども見に行く。このころは霊的な大混乱&調整期。

2000~2001年にかけての年越しインド旅行でのちに夫となる為替のディーラーの男性と出会う。半年の完全引きこもり浄化期間の後、2002年に突発的に結婚。

引きこもったあとに肉体を離れるチャンスが来るかと思ったのだけど来なかったので、占星術的にほぼパーフェクトの相性が示されていた彼と結婚した。

結婚後、夫の経済支援を受け、美術家としてカルマヨガをテーマとした作品を制作。個展やグループ展を多数開催し、大手新聞3社やタウン情報誌などの取材を受け、カラー写真入りの記事となる。


2003年男の子をマンションの浴槽内で自宅出産。

都会での育児に限界を感じ、子供が生後7ヶ月の時と1年7ヶ月の時にそれぞれ2ヶ月間ほど子連れでインド滞在。沖縄の離島に母子移住を試みるが断念。

ヴェーダチャンティングにはまったのでヴェーダ習得に集中するため、美術家としての活動を終了する。

実家の3部屋を占めていたすべての作品もチェーンソーで細かくして焼却場に搬送処分。

2006年7月16日、なんとなく直感的に籍をはずして当時2歳の息子主名(しゅな)とともにプッタパルティに移住。

このブログはその時点でセルフカウンセリングツールとして始めました。

サイババの学校の老教師の縁を得て2年間ヴェーダチャンティングの習得に専念。

なぜかカルナータカミュージックも強制的に習わされる。

子供は現地の学校に通いつつサイババの学校に入学のチャンスをうかがうが断念。毎日の失意と毎日のサイババダルシャンの至福の恩寵が与えられた、ふり幅の激しい特異な数年間。

2010年5月直感的にインド占星術関連のネットショップをはじめる。

なんらかの危機を予測した仕事仲間のインド占星術師の提案により、2011年3月世界の平安のための大掛かりなプージャをネットショップ主催で試みる。

直後に日本で大震災。

以降、時流の要請に合致した日本と世界の平安のための大規模プージャを人々の祈りに支えられながら次々行うことになる。

2011年4月まさかのサイババマハーサマディー。肉体ダルシャン終了。

不可能だと多くの人に思われていた日本のための大規模プージャが3回とも完全な形で実行される。

インドの地元の新聞やテレビ取材を何度か受ける。

2011年9月子供の父親がインドに移住を試みる。わずか1ヶ月ほどだったが念願のインドで親子3人暮らし。

ビザの延長が認められず、2011年11月より子供は日本の小学校へ。

2012年3月子供の父親もプッタパルティで充電後、日本に戻って新生活スタート。



わたしのインド一人暮らし始まる。

日本や世界の平安のための大規模プージャはその後も多数の方の協力を得て何度も行われました。

この後どれくらい行われることになっているのかは知りません。


神様、私たちをあなたの手の中のフルートにして息を吹き込み、あなたの平安の音色を奏でさせてください。

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ

〔すべての世界のすべてのものが幸せでありますように〕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

  

               ↑ブログランキング。ここらへんをクリックしてランキングサイトに移動したり、向こうからこちらのサイトに出てくることで順位が上がる仕組みになっています。どこクリックしても似たようなもんです。                                                      

                                    
サイババおっかけブログテーマソング
We shall follow you !

Tweet

free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。